AirPods Proが販売されていることを知ったので速攻買ってレビュー!

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

※ブログの毎日更新は165記事目です。

Apple好きの人には目が離せないニュース・・・AirPods Proです!!

販売されて数週間が経過しましたが、Apple好きの私ももれなく購入しました!!

これまではBOSEのノイズキャンセリングイヤホンを使っていましたが、最近ずっと「ワイヤレスが欲しいなあ」と思っていました。

雑音すらミニマルにできる時代:BOSEのノイズキャンセリングイヤホン

また、

でもノイズキャンセリングは欲しいしなあ・・・

とも思っていました・・・

Amazonで調べてみるといくつか販売されていましたが、どれもしっくりこず・・・

すると、ある日AirPods Proが販売されていることを知り、すかさずに購入しました。

まだ使い始めて数日ですが、そのすごさにすでに圧倒されています!!

というわけで、今回の記事ではAirPods Proに関するレビューを行いたいと思います!

この記事を読むべき人
今回の記事は以下の人向けです。

  • ワイヤレスイヤホンが欲しく人
  • ノイズキャンセリングイヤホンが欲しい人
  • AirPods Proに興味がある人
  • AirPods Proと他製品と比較したい人
  • Apple好きな人

AirPods Proを速攻で購入

つい先日の話です。

マナブさんの動画でAirPods Proを購入したと話されていて、その時に初めてAirPods Proが販売されていることを知りました。


Apple好きの私としては「なんでもっと早く知らなかったんだ!」と不甲斐ない思いでしたが・・・笑

その時に

ワイヤレスでノイズキャンセリング付き・・・しかもApple・・・

なんだこの最高の製品は!!

という感じで、とても興味が湧いていました。

冒頭でもお話しした通り、これまではBOSEのノイズキャンセリングイヤホンを使っていたのですが、そろそろワイヤレスにしたいなあ・・・でもノイズキャンセリングは欲しいなあ・・・と思っていたので。

すると、ツイッターには

マナブさんの動画を見て気がついたら購入していた・・・

というのも発見。

私も「これは買うしかないな・・・」と思って、すぐさまAppleで購入。

そんなこんなで1週間もたたないうちにAirPods Proが到着しました。

AirPods Proの特徴やメリット

というわけで、今回購入したAirPods Proがこちらです。

包み込むようなサウンドを生み出すアクティブノイズキャンセリング。周囲の音が聞こえて、今起きていることがわかる外部音取り込みモード。装着感をカスタマイズできるように、ソフトな先細のシリコーン製イヤーチップを3つのサイズで用意。耐汗耐水性能。アダプティブイコライゼーションで音楽を耳の形に合わせて自動的に調節。Wireless Charging Caseを使えば、バッテリー駆動時間は24時間以上。

実際の写真がこちら。

割とコンパクトな段ボールで到着。

箱を開けるとAirPods Proが。開封するときのワクワク感がたまりません!

こちらがAirPods Proの箱。

この箱を開ける時も楽しみの一つ!

AirPods Proの登場です。

中身がこんな感じ。

Lightning・Type-Cのケーブル、イヤーチップ大・中・小が同梱。

フタを開けると中にはイヤホンが。

一部の人には「ウツボット」と言われていますが納得・・・

横のボタンで色んな操作ができます。

こんな感じです。

Apple製品あるあるかもしれませんが・・・包装箱を開けるときのワクワク感、製品が出てきたときの感動・・・たまりませんよね!!

性能

簡単に性能を紹介すると

  • ワイヤレス通信
  • ノイズキャンセリング
  • 持続時間:最大4.5時間(ノイズキャンセリング無しだと5時間)
  • 充電時間:5分間で最大1時間再生
  • その他:充電ケースを併用すると最大24時間以上再生

こんな感じですかね。

ちなみに・・・初めてワイヤレスイヤホンを使ったのですが、とても便利です。

というのも、AirPods Proには以下の機能があります。

  • イヤホンを耳から外せば勝手に音が止まる
  • イヤホンを耳に付ければ勝手に音楽が流れる
  • ボタンを1回押すと再生停止
  • 2回押すと次の曲へ
  • 3回押すと前の曲へ
  • 長押しするとノイズキャンセリング作動

高性能すぎるでしょ・・・笑

音質

実際の音質についてですが、とにかく音が綺麗です。

とてもワイヤレスとは思えないレベルですね。

また、ノイズキャンセリングをすると周囲の雑音が消えますし、しなくても耳にフィットする形状なので、ある程度の雑音はシャットアウトできます。

MEMO
嫁に試してもらったら「ナンジャコリャ!!」という感じで感動していました。笑

値段

気になるお値段は・・・30580円です。

Appleということもあって他のイヤホンに比べると割高ではありますが、その分音質も便利さも格段に違います!

名前は印字すべき?
期間限定で好きな名前を無料で印字してもらうこともでき、私は名前を印字してもらいました。

ただし、名前を印字すると、もし仮にメルカリで売るとなった場合には値段が下がってしまうかもしれません・・・

転売も考えているのであれば名前は印字しない方が良いですね。

その他

まず、ワイヤレスのためイヤホンにケーブルがありません。

  • ケーブルが絡まる
  • バッグの中でケーブルがぐちゃぐちゃになってしまう
  • ケーブルが引っかかってイヤホンが外れる

こうした悩みは無くなります。

また、音楽を聴いている最中に突然電話がかかってきても、ダブルタップで取ることができます。(LINE通話にも対応)

バッテリーの持ち時間についても、ケースと併用すれば24時間以上再生可能です。

イヤホンだけだと持続時間は4.5時間ですが、ケースがあれば24時間以上使える・・・とんでもない持続時間ですよね!

しかも、ケースに入れたら自動で充電してくれますしね。

とても楽チンです。

最後に、言わずもがなでiPhoneとの相性が抜群です。

設定方法も超簡単だし、Bluetoothのペアリング設定もとても簡単でした。

BOSEのイヤホンと比較

AirPods Proの機能を理解したところで、ここからは私がこれまで愛用していたBOSEのノイズキャンセリングイヤホンと比較していきます。

着け心地

まず着け心地から。

AirPods ProもBOSEも耳にフィットする形状(カナル型)なので着け心地は良いです。

ただ、音漏れするしないで言えば、BOSEの方が音漏れはしないような気がします。

音質

次に音質についてです。

AirPods ProもBOSEも音質は同じ程度だと思います。(正直違いが分からない。笑)

普通に音楽を聴く分に関しては、どちらも全く問題ありませんし、むしろとても高音質です。

ノイズキャンセリング

次にノイズキャンセリング。

ノイズキャンセリングに関しても、どんぐりの背比べですね・・・

電車に乗ってみましたが、AirPods ProもBOSEも「雑音はシャットアウトできている」という感じです。

持続時間

持続時間については

  • AirPods Pro:最大4.5時間(ケースを併用すると24時間)
  • BOSE:最大16時間

ケースを抜きにして比較すると、BOSEには敵いませんね・・・

ただ、普通はケースを持ち歩くと思いますので、そう考えるとAirPods Proの方が勝っています。

充電時間

充電時間については

  • AirPods Pro:5分で1時間再生
  • BOSE:2時間で16時間再生

です。

条件が違うので比較方法が難しいですが、AirPods Proの方が充電時間が早いように感じますね。

性能

ここが一番の違いなのですが・・・

AirPods Proはワイヤレスですが、私が使っていたBOSEのイヤホンは有線です。

ワイヤレスの場合は「ケーブルがゴチャゴチャしない」「とてもスッキリする」というメリットがあります。

が・・・充電が切れてしまうと使えないというデメリットもあります。

BOSEの場合は充電が切れても「ノイズキャンセリングができない」だけでしたので、充電が切れても普通のイヤホンとしては使えるわけです。

それに、ノイズキャンセリングをしなくても音質は良かったです。

値段

最後に値段ですが、

  • AirPods Pro:30580円
  • BOSE:30240円(割引でもう少し安いです)

です。

あまり変わりませんね。

が、BOSEのワイヤレスイヤホン(首にかけるタイプでノイズキャンセリング付き)であれば50000万円ぐらいしますので、AirPods Proの方が割安な気はします。

まとめ

最後に、これまでの比較内容を表にしておきました。

項目AirPods ProBose QuietComfort 20
着け心地◎(カナル型)◎(カナル型)
音質
ノイズキャンセリング
持続時間最大4.5時間
ケース有りで24時間
最大16時間
充電時間5分で1時間再生2時間で16時間再生
性能ワイヤレス有線
値段30580円30240円

BOSEもiPhoneとの相性がいいので、iPhoneユーザーにはどちらもオススメできます。

なので「ワイヤレスか、そうでないか」がポイントですかね。

周囲の音をシャットアウトするBoseノイズキャンセリングテクノロジーが、音楽に没頭できるサウンドを再現。ボタンひとつでAwareモードに切り替えれば、周囲の音を聞くことも可能。Active EQとTriPortテクノロジーが深みのあるクリアなサウンドを再現。Apple製品対応の3ボタン。式リモコン搭載モデル。ノイズキャンセリング機能有。

AirPods Proを全力でおすすめ!!

というわけで、今回の記事ではAirPods Proについてお話ししました。

言わずもがなですが、とにかく「最高のApple製品」です!

  • ワイヤレス
  • ノイズキャンセリング
  • Apple製品

これだけでも、私の欲望を完全に満たしているわけですからね・・・笑

もしあなたが

ワイヤレスでノイズキャンセリング付きのイヤホンが欲しい!

というのであれば、AirPods Proを検討してみてはいかがでしょうか??

包み込むようなサウンドを生み出すアクティブノイズキャンセリング。周囲の音が聞こえて、今起きていることがわかる外部音取り込みモード。装着感をカスタマイズできるように、ソフトな先細のシリコーン製イヤーチップを3つのサイズで用意。耐汗耐水性能。アダプティブイコライゼーションで音楽を耳の形に合わせて自動的に調節。Wireless Charging Caseを使えば、バッテリー駆動時間は24時間以上。

全力でAirPods Proをオススメします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)