ミニマリストになってから「Amazonで買ったはいいけど必要ないな」と感じたもの

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

先日、ふとAmazonの注文履歴を見ていました。

私がプライム会員に登録したのが2014年だったので、その時からの購入履歴を見ていました。(暇人か!)

今では考えられないですが、当時プライム会員に登録したての頃はなんと年間でAmazonを使ったのは3回だけ・・・今の自分では考えられないです。

MEMO
確か当時は、Amazonよりも楽天をよく利用していました。

Amazonで買うにしても、おそらく登録も何もせずに購入していたんでしょう・・・

そんな私も今ではすっかりAmazonプライム会員になって、Amazonウルトラヘビーユーザーになりました。

Amazonプライム会員

しかし、ミニマリストになる前までの私が購入していたものは、今考えると「別になくてもよかったな」と思うものばかりです。

実際、当時購入したものは、ほとんど手放していますしね。

というわけで、今回の記事では「ミニマリストになってから必要ないと感じたもの」についてお話しするとともに、実際に手放したアイテムについてお話ししたいと思います。

注意
これまでの記事で何度もお話ししていますが、人によって必要なもの・必要ないものは違います。

あくまで私の例ということでお願いします。

2014年に買って手放したもの

それではまず、Amazonプライム会員に登録した頃のものです。

クラシック音楽のCD

私はクラシック音楽が好きなので、ウィーンフィルとベルリンフィルの音源が大量に詰め込まれているCDを購入しました。

当時は「家にあったらなんかオシャレ」と思っていたのでずっと持っていたのですが、ミニマリストになってからは「別にパソコンには読み込んでいるわけだし、持っていても仕方がない」と思い、メルカリで売りました。

今思うと、CDプレイヤーを持ち歩く時代ではないですし、そもそも音源を読み込めばCDって必要ないですよね?

なので、レンタルした方が安いし場所も取らないのでいいでしょう・・・レンタルできないものは買うしかないですけどね。

一度読み込んだ後にメルカリで売るという選択もできますけど。

世界最高峰のオーケストラ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団がドイツ・グラモフォンに録音を開始して今年で100年を迎えます。11月には20回目の来日公演も予定されており、この輝かしい年にふさわしく、100年の歴史を50枚に凝縮した豪華BOXのリリースです。96ページのブックレットにはDGとベルリン・フィルの歴史を紐解く書下ろしのエッセイ、オーケストラ・メンバーや歴史的指揮者の写真が掲載されています。ベルリン・フィル・ファンならずとも、クラシック・ファンであればぜひ手元に置いておきたい魅力的なBOXセットの登場です。
13人の作曲家による95の交響曲を収録したお買得ボックス。ウィーン・フィルの個性豊かなサウンドにより、王道の名曲を一気にコレクションできる便利なセットです。モーツァルト40曲、ベートーヴェン9曲、ブラームス4曲、シューマン4曲については全集となっており、ブルックナー6曲、マーラー8曲、チャイコフスキー3曲、ドヴォルザーク4曲、シベリウス4曲などは主要作品を収めているほか、ハイドン5曲、シューベルト4曲、メンデルスゾーン2曲、ショスタコーヴィチ2曲を収録しています。

なお、今使っているiPod nanoは、当時Amazonで買っていたものでした・・・

2015年に買って手放したもの

それでは次に、2015年に買ったけど手放したものについてお話しします。

ゼブラ デスクペン

こちらはペン立てが付属しているタイプのボールペンです。

当時の私はなぜか「事務所っぽい部屋ってオシャレ」みたいな錯覚に陥っていたことと、大した値段ではないこともあって購入。

しかし、このボールペン・・・超書きづらい。笑

ボールペンなのに書きづらいなんてありえないですよね。

結局は他の書きやすいボールペンを使うようになって、こちらのボールペンは用無しに。

気がついたら捨てていました。

ゼブラ デスクペン フロス 0.7mmは、見た目の高級感とは裏腹に、手に取りやすい価格のお客様用スタンド付きボールペンです。カラーはグラスクリア、グラスブラック、グラスブルーの3色があり、すべて透明感のあるクールなカラー展開となっています。手に持ってみると適度な重量感があり、書き心地も安定感があると評判です。
MEMO
見た目だけでいうとまあオシャレです。

たまにホテルのフロントに置かれてあったりしますが、その度に「書きづらいなあ」と感じています・・・

書類整理用品

レシートなどを整理するために購入。

しかし、パソコンで家計簿をつけるようになり、その日中にレシートを整理して捨てればこの書類整理用品なんて不要だということに気がつきました。

結果、レシートを溜め込むことなく当日中に捨てるようにし、この書類整理用品も捨てました。

プライベートとビジネスなど、2つに簡単分類。「キングジム ドキュメントファイル ドッチ 2247」。ドッチも開くドキュメントファイル。長3封筒サイズ14ポケット。

ガジェット固定ツール

以前紹介したことがあるかもしれませんが、厚紙にゴムバンドが付いたガジェット固定ツールです。

充電ケーブルなどをゴムバンドに固定することで、カバンの中を整理できるという、バッグインバッグのようなものですね。

しかし、ゴムバンドの力が強くて厚紙が反ってくることと、あまり大きなもの(プラグなど)が挟めないことから、いつの間にか手放していました。

色々なデジモノアクセサリを無数のゴムバンドで自在に固定し鞄の中をすっきり整理できる新感覚のインナーケース。今まで鞄の中でバラバラになっていたデジモノアクセサリや文房具など鞄の中の細々したものをすっきり整頓。縦横に走る無数のゴムバンド。どんな大きさ・形のものでも挟むことができる。デジモノアクセサリ以外にも工具類・文房具・おもちゃ・化粧品まで。自由な発想で使い方が広がる新感覚のインナーケース。

今はこちらの固定ツールではなく、ガジェットポーチを使っています。

詳細は以下の記事をご参照ください。

ガジェット好きのミニマリストがBAGSMARTにハマった件:その2

あずきのチカラ 目もと用

当時は偏頭痛に悩まされていた時代で、目の奥が痛いこともよくありました。

ネットで調べてみると、このあずきのチカラというものが良さそうだったので試しに購入。

レンジで少し温めて目の上に置いておくとスッキリするというものですが・・・実際に使ってみるととてもスッキリします!

が・・・温めすぎると燃える危険性があったり、何度も使っていると変な匂いがするようにもなったので、途中で捨てました。

働いた目に 心じわ〜っとほぐす。100%あずき※の天然蒸気。あずきの天然蒸気の温熱で1日働いた目の奥まで温め心までほぐす、目もと用蒸気温熱ピロー。あずきと緑豆(青あずき)を使用。あずきの天然蒸気の温熱がじんわり温め心までほぐしていきます。適度な重みがあり、目にフィットするので効果的に温めることができます。電子レンジで加熱するだけですぐに使えます。使用可能回数は250回。繰り返し使えるので経済的です。

後ほど説明しますが、偏頭痛の原因は「水不足」だということに気がつき、大量に水を飲むようになったところ、だいぶ症状は改善されました。

資格取得のための書籍

当時勉強していた資格取得用の教材です。

近くの本屋さんで探すよりもAmazonでレビューを見ながら購入したほうが良いと思っていました。

実際、Amazon初期時代は「ネットの本屋さん」という立ち位置でしたしね。

これらの本は資格取得後に全てバリューブックスで売りました。

捨てるのではなくまずは売る

2016年に買って手放したもの

それでは次に2016年にAmazonで購入したものの手放したアイテムについて紹介します。

たまご型タイマー

何かの本で

時間をきちんと決めて作業に取り組むことが大事。

私は机の上にたまご型タイマーを置いて常に時間を決めて作業している。

という内容を読んで、私も試しに購入。

実際、作業を取り組むときにはこのたまご型タイマーを使っていたのですが・・・

よく考えてみると「iPhoneのタイマーで十分」と感じ、手放しました。

ただ、時間が進んでいくのが目に見えて分かるので、割と作業が捗っていた気がします。

アナログなので電池なしでご使用頂けます。ダイヤル式で電池必要がなくて環境に優しいです。料理用だけではなく、様々な用途に活躍しています。ベルの音が大きくて普通の家庭環境に聞こえます。製品全体が耐久性に優れるステンレス鋼製、長持ちできます。キッチンに置いても油付きにくいです。

A4用紙

当時はプリンターを持っていたのでそれに伴ってA4用紙も購入していました。

が、プリンターを捨てたのでこちらの用紙も必要なくなりました。

ただ、紙を買うのって結構重たくて持ち帰るのも大変だったりします。

ネットで買う場合は自宅まで配達してくれるので、重たいものを持ち歩く必要がなくなる・・・という意味では結構良かったりします。

環境に配慮したFSC認証パルプを使用した共用紙です。PPC複写機、インクジェットプリンタ、熱転写プリンタなど、さまざまな方式のプリンタに対応しています。これひとつあれば、各プリンタ用の専用紙を個別に発注・在庫する手間も省けます。厚みがしっかりとあり、両面印刷にも耐える紙質なので、会議やプレゼン用の資料にも遜色ありません。

インクカートリッジ

A4用紙の理由と同じで、プリンターを持っていた時に使っていたインクカートリッジ。

プリンターを捨てたので、こちらも手放ししました。

ブラザー純正インクは製品本体の性能を十分に発揮するために研究を重ね、開発されています。非純正インクをお使いになりますと製品本体の性能を十分に発揮できないだけでなく製品本体を損傷させる可能性がありますのでご注意ください。

キングジムのファイル

一時期は色んな書類を自分で持つようになっていて、しかもあえて印刷しなくてもいい書類を印刷して紙媒体で持っておくという、今では理解しがたい行動を取っていた私。

その書類をファイリングするためにキングジムのファイルを購入していました。

今ではキングファイルは全て捨てていて、必要最低限の書類をクリアファイルに挟んでいるか、紙ファイルに挟んでいるだけです。

書類を大量に持っているとかさばるし重たいし、引っ越しの時はマジで大変ですからね・・・

500枚収納!左右どちらからでも開閉できる「キングファイル スーパードッチ」3冊パック 一般書類を大量に収納できる厚型ファイル「キングファイル」。穴をあけてとじるタイプで、使いやすさ・丈夫さはいつものまま!リーズナブルなGXシリーズです。左右両開きで使い勝手抜群の「両開き式」のとじ具。左右どちらからでも開閉できるので、書類の抜き差しが簡単。途中差替えも簡単です。とじ具のパイプ部に、書類の収納量の目安に便利な残量目盛り付き。

ペットボトルの水

自宅で水を大量に飲むようになってから購入。

当時は野菜ジュースをよく飲むようにしていましたが、水を飲むほうがはるかに健康になります。

また、水を大量に買って持ち帰るのはとても大変ですが、ネットで購入すれば自宅まで配送してくれるのでとても楽チン。

数年間はペットボトルの水を買っていましたが、ペットボトルのゴミが勿体無い(環境破壊ですよね)ことと、自宅の蛇口に洗浄器をつけたほうが楽チンだということで、今は買っていません。

実際、浄水器の方が場所も取らないし、ボタン一つで飲み水に切り替え可能ですし、浄水器の方がいいですね。

英語でHappyは幸せ、Bellyはお腹。お腹を幸せに、食卓に笑顔を、という願いからHappy Belly(ハッピーベリー)ブランドは生まれました。Happy Belly(ハッピーベリー)岐阜・養老 天然水は、厳選した水源から採取し、厳格な品質検査を行った濁りのない天然水です。天然のミネラルをほどよく含んだ、まろやかで飲みやすい硬度15㎎/Lの軟水です。飲料水としてだけでなく、水出しやお料理などにお使いいただいても、素材の味を邪魔しません。毎日の生活に欠かせないお水、Happy Belly(ハッピーベリー)岐阜・養老 天然水を是非お試しください。

2017年に買って手放したもの

それでは2017年に買ったけど今は手放しているものについてお話しします。

メモボトル

誰かのサイトを見て「めっちゃおしゃれでコンパクト!」と思って購入。

職場でもたまに使ったりしていましたが・・・中の部分がちゃんと洗えないので不衛生だということに気がつきました。

また、ポケットに入る薄型設計とは言っても、あまり持ち歩くこともなかったので手放しました。

小さめなA6メモボトルは、あなたのポケットやハンドバッグに入るだけでなく、ジョギング中にも持ち運びやすいように設計されています。それは、活動的で社会的なライフスタイルを応援する魅力的なフォルムです。

トイレマット・便座カバー

一時期はトイレをオシャレにしようと思って、

  • トイレマット
  • 便座カバー
  • 便座フタカバー
  • トイレットペーパーホルダーカバー
  • トイレ用のタオル
  • トイレスリッパ

これらを全て揃えていました。

が、そもそも便座カバーやマットがない方が掃除するのが楽チンだということに気がついて、全て手放しました。

選択する手間も無くなりましたし、汚れていることを認識しやすくなったので掃除の頻度も増えましたし。

少し大人びた「エトフ トォワ」トイレシリーズとお揃いのO型専用の便座カバー。洗浄・暖房機能のついているトイレにはご使用いただけません。生地には抗菌防臭加工繊維(クリーンフレッシュ)を使用。ふんわりした肌触りの便座カバー。

ライティング系の書籍

この時はセールスライティングの勉強をしまくっていた時期なので、ライティングに関する書籍を大量に購入していました。

なんとAmazonだけで14冊も買っていたという・・・

書店でも購入していたので、おそらく20冊は超えているでしょう。

しかし、当時の私は「書籍を読んで勉強しその知識を実践する」というのが目的なのに「書籍を集めること」が目的に変わってしまっていて、典型的な書籍コレクターになっていました。

その中で役に立っている本ももちろんありますが、まともに全部を読み終えた本は・・・何冊でしょうかね。笑

ちなみに今は全てバリューブックスで売りました。

それらの中でも特に役に立ったと思う書籍だけ紹介します。

発売11年目の今、一番売れている本、第22刷出来!あのメンタリストDaiGo脱帽!86年以上読み継がれてきた伝説のバイブルがついに登場!「広告の父」デビッド・オグルヴィは、自らも本書で学び、「この本は間違いなく、いままで1番役に立つ本だ」と絶賛する。本書は、58年間、アメリカの広告業界で伝説的コピーライターとして活躍し続けたジョン・ケープルズが、実証的かつ即効性のある「科学的広告」ノウハウを明かしたもの。

2018年に買って手放したもの

それでは2018年に購入したけど今は手放しているものについてお話しします。

ワールドペガサス アスリートピロー

以前こちらの記事でも少し紹介しました。

寝具無しで寝るなんてあり得ない

とあるYouTubeの動画でこの枕を知って購入したのですが・・・

最初は良かったものの、なぜか睡眠の質が悪くなっていることに気がつきました。

高さがあっていなかったのか、柔らかすぎてダメだったのか、素材がサラサラしていてすぐに動いてしまうからなのか、原因はよく分かりませんが、今は違う枕を使っています。

最高のパフォーマンスを発揮したい全てのアスリートたちへ。人間工学に基づいた設計&考え抜かれた中材が最高のフィット感へ導く。心地よい睡眠の条件は「頭と首の安定」。頭だけでなく、頭、首の広い面でサポートする枕。肩周りが緊張することなくリラックス姿勢を維持できます。

2019年に買って手放したもの

それでは2019年に買ったけど手放したものについてお話しします。

・・・と言いたいところなのですが、流石に今年買って手放しているものはありません。笑

もうミニマリストになって数年が経過しているので「自分にとって必要なもの」は大体把握できているからでしょうね。

今後数年間でもしかしたら手放しているものもあるかもしれませんが、今のところは「自分にとって必要なもの」ということで、手放しているものはありません。

まとめ

というわけで、今回の記事では「ミニマリストになってから必要ないと感じたもの」についてお話ししました。

先ほどもお話しした通り、ここ最近は自分の中で必要なもの・必要ないものが確立できているので、余計なものを購入することは減りました。

Amazonプライム会員が便利すぎて、ついついポチってしまうのは良くないことですからね。

Amazonプライム会員

ただし、冒頭でも説明したように、あくまで「私にとっては必要なかった」というだけであり、もしかしたらあなたにとっては必要なものもあるかもしれません。

ミニマリストになる上で大事なことは「自分にとっての必要最低限」ですから、他人の真似をして無理やりものを減らす必要はありません。

なので、まずは自分にとっての必要最低限を確立するようにしましょう。

そのためには、色々ものを買って「必要なかった」という失敗も多少はあるかと思いますが・・・自分で体験しない限りは確立することはできませんからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)