とにかく分かりやすくシンプルに

この文章とても分かりやすいなぁ〜

逆にこの文章は何が言いたいのか分からない!

分かりやすい文章と分かりにくい文章は何が違んだ?教えてくれぇぇぇ!!!
あなたが誰かのブログやネットの記事をよく見ているのなら、こんな思いを抱いた経験がありませんか??

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

私は色んなブログやネットの記事を見ますが、やはり分かりやすい文章と分かりにくい文章は全然違います。

同じようなブログの内容、見た目まで同じような作りになっているのに、文章一つでここまで理解が変わるのか?と思ってしまいます。

というわけで、今回の記事では「分かりやすい文章と分かりにくい文章」について解説します。

人間の思考回路について

人間は二つの思考で動くと言われています。

まず一つ目が直感的です。

そして二つ目が論理的です。

直感的

人間はまず、物事を直感的に判断しようとします。

これは、考える云々ではなくて、人間であるがゆえに自然とそうなるものです。

簡単に言うと、まずはパッと見でどう感じるかということですね。

例えば、ズラズラと長い文章を見るのと、写真付きで単的な文章を見るのと、どちらが理解しやすいでしょうか?

答えは簡単ですよね?

その他にも例を挙げると

  • 赤い色を見ると危険を感じる
  • 体の大きな人を見ると強そうだと感じる
  • 眼鏡をかけていると知的に見える

こんな感じです。

論理的

直感的に物事を捉えた上で、次に論理的に物事を判断しようとします。

  • 赤い色を見たので危険な感じがしたが、何が危険なのだろうか?本当に危険なのか?
  • 体が大きくて強そうに見えるけど、本当に強いのか?筋肉なのか?それともただ身長が大きいだけか?
  • 眼鏡をかけているけど、本当に知的なのか?学歴は?

簡単に書くとこんな感じですかね。

いくら直感的に物事を捉えることができたとしても、論理性がなければ相手に物事は伝わりません。

また、あなたが想像している以上に人間はバカな生き物なので、論理の飛躍が少しでもあると相手は「なぜ?」と思ってしまい、理解が追いつかなくなってしまいます。

注意
仕事でもなんでもそうですが、相手に何かを伝えるのに「相手が分かっている前提」で話を進めるのはやめましょう。あなたが思っている以上に、相手は理解していないものですから。

バランスと順番が大事

直感的と論理的、これはどちらも大事ですし、バランスもとても大事です。

直感的過ぎると、ぱっと見は分かりやすいかもしれませんが「だから?」となってしまいます。

逆に論理的過ぎても「分かりにくい」と感じてしまいます。

なので、直感的と論理的のバランスはとても大事です。

また、バランスだけでなく順番も大事です。

なぜならば、いきなり論理的な思考回路にはなりにくいからです。

それに、人間は考えるのが大嫌いな生き物であり「考えないための方法を考える生き物」とまで言われています。

なので、興味があること以外にはできるだけ脳に負担を与えたくないのです。(無意識的に)

となると、まずは直感的に物事を理解させてあげない限りは、論理的に物事を理解しようとはしません。

というか、できません。

特にライティングの場合はそうです。

基本的に文章を読むということは何かを理解しようとしているわけですが、そもそも興味のない文章なんて誰も読みたくありませんよね。

まずは直感的に伝わるようにして、相手に興味を持たせた上で論理的な説明をする、これが鉄則です。

人間の進化の過程

これは人間の進化の過程でそうなったと言われています。

古い時代の話をすると・・・私たちの先祖は狩をしながら自然の中で生きていました。

自然の中で生活するわけですから、こちらが獣を狩るだけでなく、獣が人間を狩ろうとするときもあるわけですよね。

そんな時に「今からどうやって戦おうか」なんて考える余裕はありません。

目の前から獣が襲いかかってきているので、まずはそれをなんとかすることからです。

それが直感的ということです。

身の回りのものを拾って投げつける、武器になるようなものを手にとって戦う、このように自然に直感的に戦おうとするわけです。

一方で、狩が終わった後は「次に襲ってきたらどうしよう」「どうすれば簡単に獣を追い払えるか」を考えます。

これは論理的と言えます。

  • 戦いに備えて武器を作っておこう
  • どんな武器だと戦いやすいか
  • どんな材料が必要か

こんな感じですね。

今の私たちの思考回路は、自然の中で過ごしていた先祖たちの生き方の中で生まれたものだと言われています。

分かりやすい文章と分かりにくい文章

これらのことを踏まえた上で、分かりやすい文章というのは

  • 直感的に理解でき
  • 次に論理的にも理解でき
  • かつ論理の飛躍がない文章

となります。

逆に分かりにくい文章は、

  • 直感的に理解できない
  • 論理的に理解できない
  • 論理の飛躍がある

となります。

なお、あなたも日頃からブログやネット記事を見るのであれば、あなたが分かりやすいと思った記事を分析してみることをオススメします。

文章を丸々コピーするのはご法度ですが、文章の構成や作りを真似することで、分かりやすい文章に近づくでしょう。

オススメの本

もしあなたがブログを運営している、もしくはブログを始めたのならば、この直感的と論理的な思考はとても大事です。

というよりも、直感的と論理的を理解しない限り、読まれる文章は書けないと言えるでしょう。

そこで、直感的と論理的に関するオススメの本を紹介します。

それが、ダニエルカールマンのファスト&スローという書籍です。

この書籍は人間の理解する際の仕組みに関して記載されており、あなたが文章書いたり相手に物事を伝える上で必要なことが詰まっています。

MEMO
「相手に物事を伝える」と言う意味では、おそらく仕事だけでなく私生活でもどんな時にでも役に立つことは間違いありません。

まとめ

と言うわけで、今回のは分かりやすい文章と分かりにくい文章について書きました。

ただ、私が一番大事だと思うのは「バランスと順番」です。

途中でも書いた通り、分かりやすいだけでは幼稚な記事になりかねませんし、そもそもあなたのブログの価値が低くなります。(誰でもかける内容なので)

しかし、論理的すぎても印象がよろしくありませんからね。

MEMO
記事の内容が「専門家を相手にしている文章」であれば話は別で、むしろ論理性の方が大事になります。とは言っても、分かりやすいか分かりにくいかは別問題ですけどね。

また、基本的には「直感的」が先で、その後に「論理的」です。

これは人間の脳の作り的にそうなっているので、鉄則と言えます。

これらの点を踏まえた上で、ブログを書く際に参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)