ブログのネタが無いと勘違いする理由とネタを整理する具体的な方法

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

あなたはブログを書き始めてどのぐらい経過するでしょうか??

私はブログをまともに始めて約11ヶ月が経過、毎日更新を始めてから5ヶ月が経過し、6ヶ月目に突入します。

半年以上はブログを書いていることにはなりますが・・・何度もお話ししている通り、ブログを毎日更新するというのはとても大変なことです。

仕事が終わって夜遅くに家に帰ってそこからブログを書く。

もしくは朝早く起きてブログを書く。

本当ならばもっとゆっくり寝れるのに・・・

と思うこともあります。

そして、もう1つの悩みが「ブログを毎日更新する」ということです。

ブログの毎日更新の大切さはこれまでの記事でも何度も述べていますが、やはり毎日ブログを書き続けるというのはとても大変な作業です。

ネタが無くなる時もありますし、時には「どうしようか・・・」と手が止まってしまうこともあります。

しかし・・・ブログのネタが尽きるというのは実はあり得ないことなのです。

今回の記事では、ブログのネタは永遠に尽きない理由をお話しするとともに、私が実践しているネタを整理する具体的な方法をご紹介したいと思います。

この記事を読むべき人

今回の記事は以下の人向けです。

  • ブログ初心者の人
  • ブログのネタがなくて記事が書けないと悩んでいる人
  • 記事を書いていても途中で訳が分からなくなってしまう人

ブログの記事のネタが無いと勘違いする理由

まず、ブログの初心者にありがちなのが

ブログのネタがない!記事が書けない!!

という悩みです。

私もよくこの壁にぶち当たっていますが・・・

先ほども少し書いた通り、実際に「ブログのネタが尽きる」ということはあり得ません。

なぜならば、ブログはユーザーに読まれてなんぼのものだからです。

どういうことかと言いますと・・・

そもそもですが、あなたがブログの記事を書いて、Googleの検索結果に表示されるとします。

ユーザーは何かしらの疑問や悩みを持っていて、その疑問や悩みを解決するためにGoogleで検索をする訳です。

そして、数ある記事の中からあなたが書いたブログの記事を読んで、何かしらの答えを見つける訳ですよね?

そうなると、書くべき内容は「誰かの疑問な悩みを解決するためのもの」である必要があります。

そしてもう1つ。

あなたが何か知りたいことがあったら、すぐにGoogleかヤフーで検索すると思います。

割とニッチな疑問だったとしても、どこかの誰かが色んな答えを書いていて、ヤフー知恵袋には必ずと言って良いぐらい同じ悩みを持った人がいます。

ということは「ユーザーの悩みは尽きない」とも言えます。

その証拠に、あなたも常日頃からGoogleかヤフーで色んなことを検索しているはずです。(検索しているということは悩みがあるということ)

  • ブログの記事はユーザーの悩みを解決できる記事にするべき
  • ユーザーの悩みは尽きない

上記のことから、ユーザーの悩みから逆算してブログの記事を書けばブログのネタが尽きるということは起こりえない、ということが分かると思います。

記事のネタは常にユーザー視点から逆算すべき

例えば、あなたが日々思いつきで記事を書いているとしましょう。

あなたの思いつきで記事を書いたとしても、同じような悩みを抱えている人が少しはいるでしょうし、どこかの誰かにとっては役に立つかもしれません。

しかしながら、役に立つかどうかは「あなたの記事を見てもらって」分かることであり、そもそも見てもらえなければ役に立ちません。

となると、ここで少し専門的なお話になりますが「SEO」を意識する必要がある訳です。

SEOを意識せずにただ思いつくがままに記事を書いているだけでは、残念ながらGoogleの検索結果で上位表示されることはありません。

なので、ただ闇雲に記事を書いたところで「誰にも見てもらえない」という状況になってしまいます。

そう考えると、結局はユーザーの視点から逆算して記事を書くべき・・・というのが正しいという結論に至ります。

もしあなたが「ネタが思いつかない」と感じているのであれば、それは「ネタが無い」のではなく

ユーザーのことを考えず思いつくままに記事を書いてしまっているから

ということです。

SEOを意識しつつネタを整理する具体的な方法

それではここで

じゃあ、SEOを意識しながらネタを考えるにはどうしたらいいの??

という疑問を解決していきたいと思います。

私が実践している「SEOを意識しつつネタを整理する具体的な方法」をご紹介します。

1.キーワード取得ツールでキーワードを調べる

まずはこちらのキーワード取得ツールを使って、あなたが書こうとしている記事の内容から連想されるキーワードを打ち込んで検索します。

すると、そのキーワードから連想されるキーワードがずらりと表示されます。

その中でも特に「これだ!」と思うキーワードをクリックします。

そうするとGoogleの検索画面が表示されます。

2.上位10サイトを見てユーザーの悩みを推測する

上記で表示された検索結果を見ていきます。

少なくとも、上位表示された10サイトは必ず目を通します。

そうすると

ユーザーはこんなことで悩んでいるのかな?

というのがなんとなく予想できます。

3.Numbersにネタを整理してから記事を書く

上記で調べたことをナンバーズにまとめます。

具体的な項目としては・・・

  • 内容
  • ペルソナのポイント
  • ペルソナ
  • 参考サイト
  • キーワード
  • ストーリー(起承転結)
  • ユーザーの将来
  • タイトル
  • 目次

です。

順を追って説明すると

  1. ざっくりとした内容を考える
  2. 色んなサイトを調べて「ユーザーは何を考えているのか」を連想する
  3. 上記をもとにペルソナを設定する
  4. 参考サイトをメモしておく
  5. キーワードをメモする
  6. ストーリーを考える。この時は起承転結を意識する
  7. この記事を読んだユーザーの将来がどうなるかを明確にする
  8. ブログのタイトルを考える
  9. 目次を書き出していく

という感じです。

あくまで私の方法ですので、ご参考までに。

MEMO
自分で言うのもアレですが、この方法にしてから

  • 文章が読みやすくなった
  • 書いている途中で方向性を見失うことがなくなった
  • PV数が上がった

これらの効果がありました。

結論:ブログのネタは永遠に尽きない

と言うわけで、今回の記事では

  • ブログのネタは永遠に尽きない理由
  • SEOを意識したネタを整理する具体的な方法

上記2点をご紹介しました。

冒頭にも書いたように、ブログの毎日更新は大変なことですし、毎日書いていると

今日は何を書こうかな。何も書くネタが無いな。

と感じてしまうものです。

しかし・・・それは自分よがりの記事を書いてしまっているのが原因です。

ブログというのはユーザーに読まれてこそ価値のあるコンテンツになるので、そもそもユーザー目線から逆算して記事を書いていない時点で間違っているのです。

ユーザーが●●で悩んでいる。だから●●を解決する方法の記事を書く。

ごく当たり前のことなのですが、ブログ初心者の場合はこの意識が欠けてしまいがちです。

もちろん、ブログの記事に関して「正しい答え」は存在しませんし、この点については試行錯誤しながら経験を積むしかありません。

また、ただ書くだけでなくSEOを意識して記事を書かなければ、どれだけ良いコンテンツであったとしても誰の目にも止まることはありません。

誰かに見てもらえなければそのコンテンツの価値を届けることはできないので、結果として「価値がない」という状態になります。

もしあなたが

  • ブログ初心者の人
  • ブログのネタがなくて記事が書けないと悩んでいる人
  • 記事を書いていても途中で訳が分からなくなってしまう人

上記のどれかに当てはまるのであれば、この記事の内容を参考にして、日々のブログを書く作業に活かしてください。

P.S.

くどいようですが、最後にもう一度。

ブログはあくまでユーザーが読んでこそ価値があるものになります。

ユーザーのことを常に忘れてはいけません。

対面販売ならば話は別ですが、ブログのようなオンラインの場合は相手が目の前にいるわけではないので、どうしてもユーザーに対する意識が薄れてしまいがちです。

そうではなく

画面の向こう側には悩みを抱えたユーザーがいる。

そのユーザーの悩みを解決するために、

話す代わりに文章を使ってユーザーにコンテンツを提供する。

上記を忘れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)