ブログで長い文章を書かないほうがいい理由

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

ブログを始める時に「ブログの記事は2000文字以上書け!」みたいな記事を見かけることがあると思います。

実際にGoogleアドセンスやAmazonアソシエイトの審査を通過するためには、ある程度の文字数があるコンテンツが必要になります。

また、パッと記事を見るだけでも、文字数の多い文章の方が良いコンテンツのようにも感じます。

というか・・・ユーザーの満足感を得るためにも、ある程度の文字数は必要ですしね。

そういった意味でも「目安として2000文字以上」みたいな基準は必要であることは事実です。

しかし・・・決して2000文字以上書けば良いというわけではありません。

というか「●●文字以上書かないといけない!」というのは、逆に文字数稼ぎをする癖をつけてしまうことにも繋がるため、意識しすぎるのはよくありません。

それに、ただ長い文章では、ユーザーにとっては「長いから読むのが嫌になる」と捉えられてしまうので、記事を読まれなくなってしまうこともあるわけです。

というわけで、今回の記事では「ブログで長い文章を書かないほうがいい理由」についてお話しします。

コンテンツを良く見せるために長文を書くのは逆効果

例えばですが、中身は別として

  • 100文字の記事
  • 2000文字の記事

ぱっと見で言えば、なんとなく後者の方が中身のあるコンテンツような気がしますよね?

何故ならば文字数が多いので「ちゃんと書かれている!」と錯覚してしまうからです。

しかし・・・例えば次の場合はどうでしょう?

  • 100文字で必要な情報が簡潔に述べられている記事
  • 2000文字でダラダラと書かれていて結論が分からない記事

基本的にユーザーが検索エンジンで何かを調べるときは「サクッと情報が知りたい!」という状態です。

そんな状況の中で、結論がよく分からないダラダラと書かれた文章を見るとどうでしょう。

「何が言いたいのか分からない」と思われますし、ユーザーにとっては有益な情報であるとは言えませんよね?

逆に100文字程度で簡潔に述べられているとしたら、サクッと読めてしまうし「知りたいことが分かった!」ということで、ユーザーにとっては有益であると言えます。

ここで理解しておくべきなのは「文章の長い・短いは関係なく、ユーザーにとって有益であるかどうか」という点です。

MEMO
ただし、あなたがどんな記事を書くかにもよります。

じっくりと読む記事の場合は長い文章でできるだけ相手を納得させる理由を書いた方がいいですし、さっと調べたいような情報を書くのであれば簡潔にまとめている方がいいです。

「どんな記事を書くか」よりも「どんな人があなたのブログを読むのか」を明確にするべきですね。

何なら「一言」で伝わるのならその方がいい

誰だって好き好んで長い文章を読みたいとは思っていません。

ほとんどの人が長い文章の書籍を読むよりも、漫画のような簡単に読める本の方が好きであるのと同じで、みんな楽して内容を理解したいわけです。

また、先ほど述べた通り、調べごとをするときは大体急いでいることが多いので、どちらかといえば手短に理解できる方がいいのです。

極論ですが、もっというと「一言で伝わる」のであればその方が良いのです。

キャッチコピーなんかはまさに「一言で伝える」というものであり、(一言とは言わないにしても)たった一文で「どんな商品なのか」「どんな情報なのか」というのが理解できます。

新聞の見出しなんかもそうですが、見出しを見るだけでなんとなく「こんな内容が書かれている」と認識できますよね?

また、人間の理解力は乏しいものなので、長い文章を書いても理解されないことがほとんどです。

なので、簡潔にした方が相手の理解は得やすいですし、極端な話をすると一言で伝わるのがベストなのです。

納得させる理由と証拠を簡潔に述べて長文になるのはいい

そうはいっても、相手を納得させるためにはいろんな理由や証拠を述べる必要があります。

例えば、

誰でも簡単に失敗することなく確実に痩せられる驚きのダイエット方法

という見出しがあったとします。

見出しだけを見ると

  • ダイエットしたい人
  • 過去にダイエットで失敗した人
  • 楽してダイエットしたい人

の興味をそそることができます。

でも、普通の人であれば「そんな楽な方法なんてあるか!」と思いますよね。

普通の人は「本当にそうか?」と情報を疑うものなので、その疑いを晴らすためにも納得させる理由や信用させる証拠が必要です。

先ほどの見出しの次に次のような文章があったらどう思うでしょうか?

誰でも簡単に失敗することなく確実に痩せられる驚きのダイエット方法

もしあなたが、

  • ダイエットをしたいと思っている
  • 過去にダイエットに失敗してリバウンドしてしまった
  • 激しい運動はしたくないし、できるだけ楽して痩せたい

と思っているのであれば、この続きを読んでください。

いきなりですが・・・タイトルをみると胡散臭い感じがしますよね?
この一文を見ただけであなたは納得しないでしょうし「そんな方法があるわけない!」と思うのが普通でしょう。

ですが・・・このダイエット方法はすでに日本の人口の64%の人が実践している方法であり、そのうち94%の人が「やせることができました!」とダイエットに成功しているのです。

また、94%のうち過去にリバウンドしてしまった人が68%以上であり、その人たちはみんな最初は「そんな方法があるわけないだろう!!」と、半信半疑の状態でした。

しかし、最後には「本当にこんな画期的な方法があったんだ!」と、このダイエット方法のことを周囲のみんなに広めてくれました。

そのおかげでこのダイエット方法は日本の人口の64%もの人が実践しているのです!

ですが、まだこのダイエット方法を実践していないあなたからするとまだ信用できないでしょう。

本来ダイエットとは食事制限したり運動したりと、自分にとっては辛いのが普通であり、楽して簡単に痩せられるダイエット方法なんてない・・・そう思っているに違いありません。

なので、そんなあなたのために、このダイエット方法を実践した人たちの日頃の生活スタイルと、日々の体型の変化をまとめた写真を今から紹介します。

・・・

・・・という感じで、勝手に想像しながら書いてみました。笑

実際にこのようなダイエット方法があるのかどうかは分かりませんし、私が思いついた内容を書いているだけですが・・・

半信半疑の相手を納得させるためにはこのように証拠を提示する必要がありますし、自然と文章は長くなってしまうものです。

ですが、証拠がない場合には相手を納得させることはできません。

なので、相手を納得させるために文章が長くなってしまうのは当然のことなのです。

情熱を持って伝えれば自然と文章は長くなる

ここで大切なことを言いますが、情熱を持って伝えれば自然と文章は長くなるということです。

例えばあなたが愛用しているものを紹介するとします。

長年使っているアイテムで、とても気に入っているものであれば「こんな良い点を紹介したい!」「こんなデメリットがあることも紹介したい!」という感じで、自然と書くべきことが浮かんでくると思います。

これはその商品に対して情熱を持っているからです。

だから文章は長くなって当然なのです。

逆に、自分が使ったことも無いようなものを紹介しようとしても情熱は生まれませんし、相手を納得させる理由もかけるはずがありません。

そうなると相手を納得させる理由や証拠を書くこともできませんし、中身のないスッカスカのダラダラした長文になるか、逆に中身の薄い短い記事になってしまいます。

なので、もし仮に何かを紹介する記事を書く場合には、必ず自分で使ったことのある商品・サービスを選ぶのが良いです。

でないと情熱を持って記事を書くことができませんからね。

必要な情報を詰め込んだ上でできるだけ短く簡潔に

冒頭では長い文章なんて誰も読みたくないと言っているのに、逆に長文になるのは仕方がないと言っている・・・一体どっちなんだ!!

と思われるかもしれませんね。

結論を言いますが、

必要な情報を詰め込んだ上でできるだけ短く簡潔に

に辿り着きます。

私が冒頭でお話ししたのはあくまで「中身のないただの文字数稼ぎの記事はダメ」というだけであって、長文の記事を否定しているわけではありません。

長文であろうとも、その内容がユーザーにとって有益な情報が全て詰め込まれているのであればそれは良いことです。

さらに言えば、必要な情報が全て詰め込まれていて、なおかつ簡潔で短い文章になっていると尚良しです。

ユーザーからすると

  • 必要な情報が全て書かれている
  • 簡潔にまとめられているので分かりやすい
  • 文字数が多くないのでサクッと短時間で読める

となりますからね。

これまでの記事でも何度もお話ししていますが、ユーザーのことを第一に考えれば自然と答えは見えるわけですね!

まとめ

というわけで、今回の記事ではブログで長い文章を書かないほうがいい理由についてお話ししました。

今回の記事を簡単にまとめると・・・

コンテンツを良く見せるために長文を書くのは逆効果

一見すると文字数が少なすぎる記事は中身が薄く感じるが、知りたい情報が詰め込まれていて簡潔になっているのであれば問題なし。逆に文字数稼ぎのためにダラダラと長文が続いているだけの場合はNG。大事なことは「文章の長い・短いは関係なく、ユーザーにとって有益であるかどうか」という点。

 

何なら「一言」で伝わるのならその方がいい

人間は面倒くさがり屋なので、できれば楽して情報を得たい。長い文章を好き好んで読む人はあまりいない。何か調べごとをするときは大体急いでいることが多いので、どちらかといえば手短に理解できる方が良い。極論「一言で伝わる」のであれば、その方が良い。簡潔にした方が理解は得やすく、極端な話キャッチコピーのように一言で伝わるのがベスト。

 

納得させる理由と証拠を簡潔に述べて長文になるのはいい

そうは言っても、相手を納得させるためにはいろんな理由や証拠を述べる必要がある。理由や証拠がなければ疑うのが人間なので、その疑いを晴らす必要がある。半信半疑の相手を納得させるためには証拠を提示する必要があるし、自然と文章は長くなってしまうもの。相手を納得させるために文章が長くなってしまうのは当然のこと。

 

情熱を持って伝えれば自然と文章は長くなる

情熱を持って伝えれば自然と文章は長くなるもの。情熱を持って記事を書けば伝えたいことが次々と出てくるので文章が長くなるが、相手を納得させるための理由や証拠であれば「必要な情報」と言える。逆に情熱を持って書けなければ中身の薄いコンテンツになるので、中身のないスッカスカのダラダラした長文になるか、逆に中身の薄い短い記事になるだけ。

 

必要な情報を詰め込んだ上でできるだけ短く簡潔に

結論は「必要な情報を詰め込んだ上でできるだけ短く簡潔に」。長文自体は問題ないし、必要な情報が詰め込まれているのであれば問題ないが、中身のないただの文字数稼ぎの記事はダメ。長文であろうと無かろうと、ユーザーにとって有益な情報が全て詰め込まれているのであればそれは良いこと。条件を満たした上で文字数が少なくなると尚良し。

こんな感じですかね。

そんなこんなでこの記事の文字数は4000文字を超える結構長めの文章になりました。

あと、私が書く記事は大体ですが3000文字を超えていますし、長い場合は10000文字を超えることもあります。

しかし・・・勘違いして欲しくないのは「文字数が多い記事を書けばいい」ということは間違っているということです。

結果的に文字数が多くなることは問題ないですし、必要な情報を詰め込めば長い文章になるのは当たり前の話です。

でも、そんな中でもできるだけ短く簡潔にまとめられている文章の方がいいですし、何より大事なことは「ユーザーにとって有益であるかどうか」です。

くれぐれも「今日は何文字以上書こう!」という感じで、文字数を目標としないように・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)