「忙しくてブログが書けない」なんてただの言い訳。毎日書くための3つのコツ

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

ブログの毎日更新を言い続けている私ですが・・・やはり毎日更新というのはとんでもなく疲れます。

個人事業主としてブログ一本で食べているのであればまた違うと思いますが、普通のサラリーマンが片手間でブログを毎日書けるかと言われると・・・

はっきり言って難しいですし、とんでもなく大変なことです。

私自身も、さすがに激動の日々が続いてくると、どうしても

忙しくて時間がない・・・今日はブログが書けないなあ・・・

と言い訳してしまうこともあります。

私だけじゃなく、この記事を見ているサラリーマンとして働きながら副業でブログをこなしているあなたも同じ状況に陥ったことがあるはず。

しかし・・・「時間がない」とか「忙しい」というのは、ただの言い訳でしかありません。

というわけで、今回の記事では、今の私と同じように「忙しくてブログを書く時間がない」という状況のあなたのために、お互いに切磋琢磨するという意味を込めて「言い訳せずにブログを書きましょう」ということを深堀していきます。

また、私が心がけている「忙しくて時間がなくてもブログを書き続けるための3つのコツ」も合わせてお話しします。

MEMO
私自身に対する戒め・注意警告も兼ねています・・・

「忙しい」「時間がない」なんてただの言い訳

まず最初に、これは何事にも通じることですが「忙しい」とか「時間がない」というのはただの言い訳でしかありません。

例えば、何かの仕事を誰かにお願いするとします。

俺は忙しいんだ!だから他の仕事なんてやる余裕はないんだ!

という人と、

分かりました。ちなみに期限はいつまでですか?

という2パターンの人がいます。

もう予想は付くと思いますが・・・

前者の場合は「忙しい」という割には大した仕事はしておらず、仮に仕事をしてくれたとしても大した結果が出ないことがほとんど。

逆に、後者の場合はどれだけ忙しくても仕事をこなしてくれますし「限られた時間の中で最大限の結果」を出してくることがほとんどです。

何が言いたいのかと言うと「仕事ができる人は時間がなくてもちゃんと仕事をするし結果も出す」ということです。

できる人は無理矢理にでも時間を作る

上記から分かることは、仕事ができる人は無理矢理にでも時間を作って仕事をこなすということです。

例えばですが、有名な起業家は、我々サラリーマンの「忙しい」を通り越して、体が5つあっても足りないぐらいの仕事を抱えています。

しかし、やるべきことは全てこなしています。

それはなぜか・・・無理矢理にでも仕事をする環境にしているからです。

MEMO
だからこそ、大成功を収めて有名になっているわけですね。

これは私たちのような「サラリーマンをしながら副業をする人間」にも通じることで、時間がないとか忙しいと言う前に、無理矢理にでもその作業に取り組まざるを得ない環境を作るべきです。

私の場合、どうにも疲れていて自宅ではブログが書けないと判断したら、近くの喫茶店に足を運びます。

喫茶店に行くとコーヒー代もかかるし、その喫茶店に行くまでに時間もかかります。

しかし、喫茶店に行くことで

  • 喫茶店で寝るわけにはいかないのでブログを書かざるを得ない
  • 「お金を払っているし勿体無い」という気持ちになる

というメリットがあり、お金を払ってでも喫茶店でブログを書いた方が、自宅でダラダラしてしまうよりも良いと判断しているからです。

人間とは常に「楽したい」と思う生き物で、これはどうしようもないことです。

だからこそ嫌でも作業をする環境に身を置かなければいけないわけです。

ブログを書かなければ死ぬとしたら?
めちゃくちゃ極端な話をすると、例えばあなたが「ブログを書き続けなければ死ぬ病気」にかかったとします。

そうすると、嫌でも毎日ブログを書きますよね??そうしないと死んでしまうんですから。

もしくは、あなたが牢獄に閉じ込められていたとして「1年間毎日ブログを書き続けたらここから出られます」と言われたら、嫌でもブログを毎日書き続けますよね??

実際にこんな状況にはなり得ませんが(笑)、このぐらいの勢いがなければ「ブログを毎日更新し続ける」なんて出来ません。

時間がない時に書くための3つのコツ

というわけで、ここからは私が実践している「忙しくて時間がない時でも毎日ブログを書き続けるための3つのコツ」についてお話しします。

スマホで少しずつ書く

基本的にブログを書くときはパソコンを使っています。

スマホで文字を入力するのとパソコンのタイピングで文字を入力するのとでは、圧倒的にパソコンの方が効率が良いからです。

しかし、忙しくて時間がない時にはそんなことも言ってられません。

なので、常に持ち歩いているスマホを使って、思いついたことや閃いたアイデアなどを少しずつ書き留めておきます。

書き留める時にはメールを使用し、書き終えたら自分宛にメールを送信します。

そうすると、パソコンを開いた時には自分のメールアドレスにメモした内容が届いているので、あとはそれをコピペするなり編集するなりすれば、それでブログの記事がほぼ完成します。

MEMO
スマホで文章を打ち込まなくても、最悪は「音声入力」でもできます。

人がたくさんいる状況では使えないですけどね。

目次だけをメモしておく

次に、思いついた内容を目次化して、目次だけでも書いておく・・・という方法です。

私がブログを書く時の手順は以下の通りですが、

  1. 記事の内容を考える
  2. ストーリーの構成を考える
  3. 目次を書き出してみる
  4. タイトルを書き出してみる
  5. ブログを書き始める

時間がない場合にも3番目の「目次を書き出してみる」まではやるようにしています。

朝時間がない時にも目次だけを先に書いておけば、だいたいのストーリーが頭の中に残っている状態になります。

ストーリーが描けていると、ブログを書き始めてもスラスラ書けることがほとんどですからね。

これも時短につながる方法です。

今の自分と同じ状態のペルソナに向けて書く

最後に・・・このブログの記事がまさしくそうなのですが、今の自分と同じ状態の人をペルソナにして記事を書くという手法です。

このブログを書いている時の私の状態は

忙しくて時間がない。だからブログを毎日書くのが難しい。

という状態です。

しかし、この状態は決して私固有のものではなく、私と同じように「サラリーマンをしながら副業をする」というあなたにとっても同じ状況であり、同じような悩みを持っていると思います。

なので、あえて今の自分の状況を元にブログの記事を書いています。

世の中には何億人もの人がいて、その中には自分と同じ悩みを抱えている人も少なからずいるのが事実。

そんな人に向けて、あえて自分の今の状況をぶつけることで、ブログの記事がスラスラ書けるだけでなく、読み手の共感を得ることもできます。

言い訳せずに毎日書き続けること

というわけで、今回の記事では

  • 「忙しい」「時間がない」なんてただの言い訳でしかない。
  • 本当にできる人や成功している人は時間が無くてもやることをやっている。
  • 無理矢理にでも作業せざるを得ない環境に身を置くことが大事。

ということを深掘りしていきました。

また、私が心がけている「忙しくて時間がなくてもブログを書き続けるための3つのコツ」については以下の通りです。

  1. スマホで少しずつ書く
  2. 目次だけをメモしておく
  3. 今の自分と同じ状態のペルソナに向けて書く

忙しいサラリーマンの場合は特に「時間がない」と感じてしまうかもしれませんが、それはただの言い訳でしかありません。

逆に言えば「あなたが本当に手にしたいのは何か?」という点です。

本当にブログで収益を得たいのであれば、つべこべ言わずに結果が出るまで記事を書き続けるべきですし、それが嫌であれば一層のことブログを書くのをやめて本業に専念すればいいわけです。

極端なことをいえば、あなたが頑張ってブログを書く必要もないわけであって、義務でもなんでもありません。

誰のためでも無く、あなた自身のためにやっていることですからね。

なので、結論としては

本当に結果が欲しいのであれば、言い訳せずにとにかく毎日続けましょう

ということです。

P.S.

しかしながら、このブログを書きながら感じたのは、おそらくブログなどの副業をやっているサラリーマンって、だいたい忙しい人ばかりなのかなあ・・・と。

そもそも暇で暇で仕方がなくて、定時でいつも帰っているようなサラリーマンというのは「仕事ができなくて何もできない人」だと思いますし、そんな人の意識なんて知れていますからね。

逆に、仕事が出来てとても忙しい人だからこそ、現状の会社に対して不満を抱いて「自分自身でなんとかするしかない!」と奮闘しながら副業を始める・・・というのがほとんどだと思います。

それに、後者の方が圧倒的に意識が高いですからね!

今ここで「忙しくて時間がないから」と言い訳して副業をやめてしまうと、あなたも前者のような「何もできない暇なサラリーマン」に早変わりしてしまいます。

それが嫌なのであれば、残された時間や空いている時間全てを投資するつもりで、結果が出るまで死ぬ気で取り組み続けましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)