MENU

ブログにオススメのフリーの画像サイト:商用利用OKのサイトとは?【毎日更新281】

2020 3/07
ブログにオススメのフリーの画像サイト:商用利用OKのサイトとは?【毎日更新281】

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

※ブログの毎日更新は281記事目です。

ブログを日々更新する上で欠かせないのがアイキャッチ画像

アイキャッチ画像というのはブログの記事をパッと見た時に印象付ける画像のことです。

この記事でいうと

この画像のことです。

アイキャッチ画像があるのとないのとでは雲泥の差がありますので、必ずアイキャッチ画像はつけましょう!

・・・と言いたいところなのですが、毎日更新していると

のアイコン画像
そんなに画像なんかないよ!どうしたらいいんだ!

と思ってしまうはずです。

ネットで拾った画像を使うわけにもいかない
かと言って画像があるかと言われたら無い

今回の記事では、こうしたお悩みを解決するために私が日々利用しているブログ運営で役に立つフリーの画像サイトなどを紹介したいと思います!

というわけで、今回の記事では

  1. ブログ運営にオススメのフリーの画像サイト
  2. ブログ運営にオススメの有料で使える画像サイト
  3. ブログ運営にオススメの画像加工などのサイト
  4. ブログ運営において画像を貼り付ける時の注意点

上記4つについてお話しします。

この記事を読むべき人
今回の記事は以下の人向けです。

  • ブログに役立つフリーの画像サイトを知りたい人
  • アイキャッチ画像を選ぶのに苦労している人
  • 画像を加工したり圧縮するサイトも知りたい人
目次

ブログ運営にオススメのフリーの画像サイト

それではまず、ブログ運営にオススメのフリーの画像サイトについてご紹介します。

ここで紹介するサイトは全て無料でダウンロード可能です(登録が必要なサイトもあります)。

なので、ブログの毎日更新に役に立つことは間違いありません!

その1:Unsprash

まず1つ目がUnsprash。

こちらのサイトは私の中で一番利用頻度が高いフリーの画像サイトです。

フリーとは言っても画像の質は非常に高く海外のおしゃれな画像が集まっているサイトです。

会員登録不要、かつダウンロードも非常に簡単で、誰でも簡単におしゃれな画像を見つけることができます。

注意
一つ難点を挙げるとすれば、海外のサイトなので英語で検索する必要があります。

例えばですが、ブログとかパソコン系に関する画像を検索する場合は「ブログ」と入力するのではなく「blog」と入力しなければいけません。

とは言っても、グーグル翻訳で翻訳した英単語を打ち込めばOKです。

Unsprash公式サイト

その2:ぱくたそ

2つ目がぱくたそ。

こちらも有名な画像サイトであり、使っているブロガーも非常に多いフリーの画像サイトです。

Unsprashと同じく、

  • 会員登録不要
  • 画像は全て無料ダウンロード

です。

人物像の写真もたくさんあり、ちゃんとしたモデルが起用されていますので、ぱくたその画像を使っているサイトをネットでもよく見かけます。

ただし、人物像の写真は少し癖があるので、使い慣れるまでは少々使いにくいと感じでしまうかもしれません。

ぱくたそ公式サイト

その3:フォトAC

3つ目がフォトACです。

こちらは会員登録が必要なサイトではあるものの、登録後は全ての画像を無料でダウンロードできるようになります!

フォトACも高品質・高画質の画像ばかりなので、使い勝手はとても良いです。

また、フォトACだけでなく、

  • イラストAC
  • シルエットAC

も利用できますので、写真ではなくイラストやシルエットが欲しい場合にも役に立ちます!

フォトAC公式サイト

その4:フォトマルシェ

4つ目がフォトマルシェ。

こちらはWordPress(ワードプレス)のテーマを販売している株式会社デザインプラスが運営しているサイトです。

フォトマルシェは会員登録が必要ですが、登録後は画像を無料でダウンロードすることができます。

また、フォトマルシェは人物像というかは景色などの写真が多いです。

フォトマルシェの取扱ジャンル
  • 動物
  • 昆虫
  • 小物・グッズ
  • 伝統・文化
  • 風景・自然
  • 植物・花
  • 建物・街並み
  • スポーツ・レジャー
  • 乗り物・交通
  • 料理・食べ物

こんな感じですね。

フォトマルシェ公式サイト

その5:O-DAN

5つ目がO-DAN。

O-DANは「フリー画像のまとめ検索サイト」みたいなもので、O-DANで検索すると30以上の海外のフリー画像サイトから関係する画像を表示してくれます。

のアイコン画像
これ、マジで最強です。
MEMO
O-DANで検索するとUnsprashの画像も表示されます。

そして・・・海外のフリー画像サイトを検索するにも関わらず、なんと日本語検索でOKという神サイトです!

また、オシャレな画像が無料でダウンロードできるだけでなく、会員登録も不要という最強の

フリー画像のまとめ検索サイト

です。

のアイコン画像
最初のうちはO-DANを使っておけば間違いないかもしれませんね。

O-DAN公式サイト

ブログ運営にオススメの有料で使える画像サイト

それでは次に、ブログ運営にオススメの有料で使える画像サイトをご紹介します。

最初のうちはフリーの画像サイトで十分だと思いますが、さらに上を目指す場合は導入する価値はあります。

何より、有料だけあって画像の質は非常に高いですからね。

その1:shutter stock

まずはshutter stock。

こちらは利用しているブロガーも非常に多い有名な画像サイトです。

料金は「月3500で画像10枚」となっています。

のアイコン画像
画像1枚に350円もするの?

と思うかもしれませんが、その分画像の質は非常によく、有名な企業も利用しているサイトです。

MEMO
例えば「グーグル」もshutter stockの画像を使っています。

世界のグーグルが利用しているなんて驚きですね!

shutter stock公式サイト

その2:PIXTA

次がPIXTAです。

PIXTAも非常に有名な画像サイトであり、利用しているブロガーも多いです。

ただし、料金は結構高めであり、Web用の画像を1枚ダウンロードするのに550円もかかります。

定額制の年間更新プラン

定額制の月々更新プラン

単品購入の場合の料金

日々のブログ更新においてここまでする必要は・・・ないかもしれませんね。

なので、PIXTAを使うのであれば、ブログというより

  • ポスターを作りたい
  • パンフレットを作りたい
  • 企業のWebサイトを作りたい

こうした状況で利用するべきかもしれません。

PIXTA公式サイト

ブログ運営にオススメの画像加工などのサイト

ブログにオススメのフリーの画像サイト、そして有料の画像サイトは以上になりますが・・・

画像をダウンロードするだけでなく、時には画像を圧縮したり加工する作業も必要かと思います。

というわけで、次にブログ運営にオススメの画像加工などのサイトをご紹介します。

その1:画像の圧縮なら「JPEG圧縮」

まずは「JPEG圧縮」です。

こちらは画像のサイズを圧縮するオンラインのサイトです。

利用方法は超簡単で、圧縮したい画像をドラッグして圧縮ボタンを押すだけです。

MEMO
一度に圧縮できるのは20個までなので、画像が多い場合は作業に時間がかかるでしょう。

また、オンラインということもあるので、通信環境が悪い場所では動作が遅いです。

のアイコン画像
この点はオンラインのデメリットですね。

なお、Windowsを利用している人であれば「縮小専用」を使えば画像を圧縮できます。

MEMO
私は会社では「縮小専用」を使っています。

画像の容量が大きいだけでページの表示速度が遅くなってしまいますし、特にブログにおいてサイトの表示スピードは検索順位にも影響する大事な要素です。

あわせて読みたい
ブログの表示速度をたった1日で早くしてSEOの評価を上げる方法【毎日更新234】
ブログの表示速度をたった1日で早くしてSEOの評価を上げる方法【毎日更新234】みなさんこんにちは。ひねくれ者のミニマリストです。※ブログの毎日更新は234記事目です。ブログを運営していると気になってくるのがサイトの表示速度。サイトの表示速...

なので、重たい画像は必ず圧縮してからアップロードしましょう!

JPEG圧縮公式サイト

その2:画像の背景を消すなら「remove.bg」

次が「remove.bg」です。

こちらは、画像の中の人物の部分だけを切り取りたい時に使う加工サイトです。

使い方は簡単で、画像をアップロードすれば自動で人物の箇所だけを残し、それ以外の背景を全て消してくれます。

のアイコン画像
そんなに精度が高いの?

と疑問を持つ人もいるかと思います。

しかし・・・これがまた高性能であり、きちんと人間の箇所だけを切り抜いてくれます。

なので「人物は残したまま背景を変えたい」時に使えます。

なお、remove.bgも無料で利用できるオンラインサイトです。

ネット環境によっては動作が重たくなることもありますが、逆にいえばネットさえ繋がっていればいつでもどこでも使えます。

remove.bg公式サイト

その3:ちょっと編集するなら「プレビュー」

最後が「プレビュー」です。

こちらはMacBook限定にはなるのですが・・・ちょっとした編集はデフォルトのプレビューを使いましょう。

ブログで使う画像を編集する程度であれば、プレビューでも十分対応できます。

  • 赤い枠で囲む
  • 赤い矢印を追記する
  • 文字を入力する

全てできますからね。

また、プレビュー機能を使えば画像のサイズを小さくできます。(容量も小さくできる)

もしあなたが

のアイコン画像
本格的に画像を編集したい!

というのであれば、ADOBEのPhotoshopやIllustratorを使うべきですが・・・

普通にブログの画像を編集する程度であれば、プレビュー機能で十分です。

のアイコン画像
ADOBEは有料ですしね。

ブログ運営において画像を貼り付ける時の注意点

最後に、ブログ運営において画像を貼り付ける時の注意点をお話ししておきます。

その1:ネットで拾った画像は使わない

ごく当たり前のはないではありますが、ネットで拾った画像は使ってはいけません。

良い画像が見つからないときはついGoogle検索して

のアイコン画像
おっ!こんないい画像があった!

とダウンロードしてしまいがちです。

しかし、オンライン上で使用されている画像は著作権で保護されていることがほとんどであり、最悪のケースでは訴えられる可能性もあります。

なので、ネットで調べて拾った画像は使ってはいけません。

必ずフリーの画像サイトでダウンロードした画像、もしくはあなた自身で撮影した写真を使いましょう。

その2:PNGはJPEGに変換して使う

次に、PNGの画像データはJPEGに変換してからブログにアップロードしましょう。

PNGファイルは容量が大きく、ブログの表示速度を低下させる原因にもなります。

MEMO
PNGは、基本的には背景を透かせたい場合などに利用します。

ブログで使う画像においてPNGを使う状況はほとんどないでしょう。

MacBookの場合はプレビュー機能で「ファイル→書き出す」でJPEGに変換できます。

また、スクリーンショットの画像は最初はPNGになっていますので、こちらも全てJPEGに変換してから使用しましょう。

PNGからJPEGに変換するだけで、画像の容量は半分以下になります。

その3:画像サイズは大きくしすぎない

最後に、画像のサイズは大きくしすぎないようにしましょう。

例えばですが、Unsprashでダウンロードした画像なんかは、最初は「6000×4000」ぐらいの超大型高画質のサイズです。

しかし、ブログの場合はこんなに大きな画像を表示する必要はありません。

せいぜい

  • PC:画像幅720程度
  • スマホ:画像幅368程度

で十分であり、画像サイズが大きすぎても無駄です。

それに、画像サイズが大きければそれだけ容量も大きくなりますので、表示速度が低下してしまいます。

なので、画像サイズはある程度小さくした上でブログに貼り付けましょう。

のアイコン画像
ちなみに私は「600×400」で使用しています。

まとめ

というわけで、今回の記事では

  1. ブログ運営にオススメのフリーの画像サイト
  2. ブログ運営にオススメの有料で使える画像サイト
  3. ブログ運営にオススメの画像加工などのサイト
  4. ブログ運営において画像を貼り付ける時の注意点

上記4つについてお話ししました。

ブログ運営に役に立つ画像サイトについてお話ししましたが、いかがだったでしょうか?

最後に、この記事で紹介した便利なサイトをまとめておきますね。

ブログ運営にオススメのフリーで使える画像サイト
ブログ運営にオススメの有料で使える画像サイト
ブログ運営にオススメの画像加工などのサイト
  1. JPEG圧縮
  2. remove.bg
  3. プレビュー

無料サイトに関しては、今すぐダウンロード(もしククは会員登録のみ)できます!

もしあなたが

のアイコン画像
ブログに使う画像がない!どこで探せばいいのか分からない!

という状況であれば、この記事で紹介しているフリーの画像サイトを利用してみてください。

目次
閉じる