ブログのSEO対策の本質と上位表示されない原因〜超初心者向け〜【毎日更新186】

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

※ブログの毎日更新は186記事目です。

ブログを毎日更新し続けているのに上位表示されない!

SEO対策っていうけれど、何をやればいいのかよく分からない!

そもそもSEOって何なの??

ブログを始めた多くの人がぶち当たる壁の一つが「SEO」です。

あなたがプログラミング・WEB系の会社で働いているのであれば話は別ですが、そうでない場合は日頃から「SEO」なんて耳にしませんよね。

私も全く同じで、

SEOって何?セオって読むの??

というレベルでした。笑

しかし、あなたがブログで収益を得るためには、あなたのブログを多くの人に読んでもらう必要があります。

そして、そのためにはあなたのブログを検索結果に上位表示させるのは必須です。

言い換えればブログで収益を上げるためにはSEO対策が重要と言えます。

しかし・・・SEO対策しろ!と言われても

具体的に何をやればいいんだ!!

というのが普通ですよね。

と言うわけで、今回の記事では

  • SEO対策とは何なのか
  • あなたのブログが上位表示されない原因
  • SEOを意識した具体的なネタの整理方法
  • SEO対策の本質:ユーザーを意識すること

上記4つについてお話しします。

この記事を読むべき人
今回の記事は以下の人向けです。

  • ブログを始めたての初心者
  • SEOのことがイマイチ理解出来ていない人
  • 上位表示されるサイトはどうなっているのかを知りたい人

SEO対策とは何なのか

まず、SEO対策とは何なのでしょうか。

SEOとはSearch Engine Optimization のことで、日本語に訳すと「検索エンジン最適化」ということになります。

要は「検索エンジンで上位表示されるための最適化」ということですね。

「SEOが大事」と言われているのは

検索エンジンで上位表示されないとあなたのサイトは誰にも見てもらえませんよ!

ということです。

その1:なぜSEOが重要なのか

ではなぜ、SEOが重要なのでしょうか??

答えは簡単で、冒頭でも少しお話ししたように「あなたのブログを多くの人に見てもらうため」です。

あなたがブログをやっている理由は「収益が欲しいから」だと思いますが、収益を得るためにはできるだけ多くの人にあなたのブログを読んでもらう必要があります。

基本的にグーグルアドセンスなどのクリック広告、何かの商品を紹介して紹介料をもらうアフィリエイト、これらは全て

単価×クリック数

という収益計算なります。

MEMO
クリック数に関して、あなたが書く記事や紹介する商品にもよりますが、基本的に「数%」ということを理解しておいてください。

例えばクリック率が1%だった場合、あなたのサイトに100人が訪れたらそのうち1人がクリックする、ということですね。

クリック率を上げるのは限界があるので、そもそもの母数を上げる必要があります。

それが「アクセス数を上げる」ということですね。

そのアクセス数を上げるためには、あなたのブログを上位表示させることが必須となります。

その2:なぜSEO対策すると上位表示されるのか

では次に、なぜSEO対策をすることで検索結果に上位表示されるようになるのでしょうか?

この答えは「SEO対策をするとグーグルから評価されるから」です。

MEMO
多くの人はグーグルかヤフーの検索エンジンを使うと思いますが、ヤフーもグーグルと同じアルゴリズムを採用しているので、検索エンジン=グーグルと考えてください。

グーグルは常にユーザーの利便性を第一に考えています。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

引用:Google が掲げる 10 の事実

ユーザーの利便性というのは、グーグルでいうと「ユーザーの検索意図を理解して、それにあった最適な検索結果を返すこと」になります。

検索エンジンの仕組みを超簡単に説明すると・・・

  1. あなたがブログで何かの記事を書いたとすると、グーグルに「こんな記事を書きました」と通知される。
  2. グーグルはその通知を見て「どんな内容のコンテンツか」を調査します。(人ではなく機械で)
  3. その記事を読み込んで「この記事はこんなコンテンツだ。だからこんな検索意図のユーザーに役に立つ」という感じで点数をつける。
  4. その点数が高いほど上位表示されるようになる。

こんな感じです。

ここで重要なのが「あなたのコンテンツとユーザーの検索意図が合っているかどうか」です。

極端な話、例えばあなたが「ダイエットにオススメのサプリメントを紹介するコンテンツ」を書いたとします。

しかしながら、グーグはあなたの記事を読み込んだところ「ダイエットにオススメの食事に関するコンテンツ」と認識してしまいました。

こうなるとどうでしょう??

あなたのブログは「ダイエットにオススメのサプリメントを知りたいユーザー」に向かって記事を書いているのに、検索結果には「ダイエットにオススメの食事が知りたいユーザー」に向けて表示されてしまいます。

すると、ユーザーからすると

サプリメントを知りたいのに、食事のことが表示されてるじゃん!

という感じで、あなたのサイトから移動してしまいます。

なので、あなたのブログの離脱率が上がってしまい、あなたのブログの評価が落ちてしまうことになります。

世界のグーグルとは言っても、あなたの記事を読み込むのはあくまで機械が行います。

そのアルゴリズム(仕組み)をきちんと理解して記事を書かなければ、上記のように「コンテンツとGoogleの認識のズレ」が生じてしまいます。

こうならないために、SEO対策が必須なのです。

その3:テクニックよりもまずは本質

じゃあ具体的なSEO対策は・・・

と言われると、SEOのテクニックは色々とあります。

しかし、私はそのテクニック以上に「SEOの本質を理解すること」が一番重要だと思っています。

というのも、グーグルは常にアルゴリズムのアップデートを行っています。

なので、今まで通じていたテクニックが明日から通用しなくなる・・・なんてこともあります。

注意
実際、2019年に大規模なアップデートが行われて、多くのブロガーは大ダメージを受けましたからね。

しかしながら、本質というのはいつまでたっても変わりません。

何故ならば、グーグルは常にユーザーの利便性を第一に考えているからです。

グーグルがグーグルであり続ける限り、このSEOの本質だけ絶対に変わることはないのです!

なので、この記事では「SEOの本質」についてお話しすることにしています。

あなたのブログが上位表示されない原因

SEO対策の重要性が理解できたところで、何故あなたのサイトが上位表示されないのか、原因を考えてみましょう。

その1:まだ更新頻度が少ない

まず、そもそもブログを始めたての初心者の場合「日が浅い」ということがあります。

ブログを始めて6ヶ月ぐらい経過していれば話は別ですが、ブログを始めて1〜2ヶ月程度であれば、そもそも更新頻度が少ないので検索エンジンからも評価されません。

こればっかりはどうしようもないので、毎日コツコツと更新し続けるしかありませんね。

【毎日更新168記事目】ブログは質よりも量:質は上げようとして上がるものではない

その2:キーワードを意識していない

次の原因が、キーワードを意識していないということです。

そもそも、グーグルを使うユーザーは検索窓にキーワードを入力することから始まります。

なので、ブログの記事を書くあなたも常にキーワードを意識しなければいけません。

何故キーワードを意識しなければいけないかというと、ユーザーが検索窓に入力するキーワードを意識していなければ、あなたが書く記事がキーワードからズレた記事になってしまうからです。

先ほども書きましたが、キーワードを意識していなければ

  • ブログは「ダイエットにオススメのサプリメントを知りたいユーザー」に向かけて書いている
  • 検索結果には「ダイエットにオススメの食事が知りたいユーザー」に向けて表示されている

というギャップが生じます。

また、特に初心者にありがちなのは「1つの記事にあれこれ詰め込んでしまう」ということです。

例えば「ダイエット サプリメント」と検索したユーザーに向けて書いているのに、

  • ダイエットにオススメの運動のこと
  • ダイエット中の食事に関すること
  • 楽して痩せられるダイエット器具のこと
  • リバウンドしないための注意点について

こんな感じでいろんなことが書かれているとどうなるでしょうか?

グーグルがあなたのサイトを読み込む際に「ダイエット サプリメント」というキーワードだと認識してもらえなくなってしまいます。

MEMO
余談ですが、上記の場合は「ダイエット全般のこと」と認識されてしまいます。

しかしながら、ダイエット全般に関する内容はすでに競合がたくさんいます。

ブログ初心者のあなたが上位表示されることは限りなくゼロに近いでしょう。

このように、記事を書いているとあれこれ詰め込み過ぎてしまったり、方向性が分からなくなってしまうのは「キーワード」を意識していないからです。

基本的には「1つの記事で伝えることは1つだけ」という原則を守りましょう。

これを守らなければ、あなたのブログはいつまでたっても上位表示されることはありません。

SEOを意識した具体的なネタの整理方法

それでは、ここからは「SEOを意識した具体的なネタの整理方法」をご紹介します。

最初に言っておくと「記事の書き方」ではなく「ネタの整理方法」です。

なぜかというと、ネタが整理できていればきちんとした記事は書けるからです。

逆に言えば、ブログ初心者の場合はネタが整理できていないまま記事を書き始めてしまう人が非常に多いです。

注意
いきなり記事を書き始めて方向性が定まったコンテンツを作れるのであれば、あなたは天才です。

しかし・・・上位表示されていないということはそんな天才ではないということです。

なので、この項目に書かれてあることを読んで、記事を書く前には必ず「ネタを整理する」という作業を実践してください。

その1:なんとなくの内容をメモする

まずは、なんとなく書こうと思っていることをメモしておいてください。

こんなことを書こうかな

こんな記事だったら書けるかな

この段階では、上記のようにぼんやりとした状態でも問題ありません。

その2:連想されるキーワードで検索する

次に、なんとなく書こうと思っている内容からキーワードを連想して、そのキーワードで実際に検索してみてください。

すると、検索結果がズラーっと表示されると思います。

ここで上位表示されている10サイトを全て読んでください。

その3:検索ユーザーの意図を把握する

10サイトを読めばユーザーの検索意図がなんとなく分かると思います。

主なポイントとしては

  • どんな内容が書かれているか
  • タイトルや見出しにどんなキーワードが使われているか
  • 上記から連想される「ユーザーの悩み」は何か
  • 検索数がどのぐらいあるか

です。

MEMO
この時、あまりにも検索数が少ないようであれば「そのキーワードの需要は少ない」ということになります。

なので、違うキーワードにしてみるか、もしくはその内容の記事を書くのをやめましょう。

その4:キーワード取得ツールを使う

実際に検索するとユーザーの検索意図がなんとなく分かるのですが、そうは言っても自分では思いつかないキーワードだってあります。

そんな時に役に立つのが「関連キーワード取得ツール」です。

関連キーワード取得ツールにキーワードを入力すると、予測変換に出てくるキーワードや検索されているキーワードがズラーっと表示されます。

なので、自分では思いつかなかった「関連性のあるキーワード」が見つかる可能性が増えます。

もしここで、よりあなたが書こうとしている記事に近いキーワードがあれば、そのキーワードで再度検索してみましょう。

使い方についてはこちらの記事で説明しております。

やはりユーザーの気持ちになれば記事が書けなくなることは無い

その5:同じように上位サイトを調べる

先ほどと同じ手順になりますが、ここでも上位10サイトをきちんと調べましょう。

大事なのは「ユーザーがどんな悩みを抱えていて、どんなコンテンツを欲しがっているのか」です。

上位表示されているということは「ユーザーの悩みを解決できるコンテンツである」とも言えます。

なので、上位表示されているサイトをきちんと調べましょう。

その6:調べた内容をまとめる

これまでの過程で調べた内容を、エクセルか何かにまとめます。

これはあくまで私が日頃からまとめている内容ですが、参考までに記載しておきます。

  1. ざっくりとしたブログの内容
    「こんな記事を書こうかな」というアイデアをメモしておく。
  2. ユーザーの悩み
    上位サイトを調べて「ユーザーはこんな感じの悩みを抱えている」というのを把握する。
  3. ペルソナ
    「こんなユーザーに向けて記事を書く」という架空の人物設定をする。
  4. 顕在的ニーズ
    ユーザーの顕在的ニーズを洗い出す。例えば「ダイエットしたい」というパッと言葉にできる欲求。
  5. 潜在的ニーズ
    顕在的ニーズの裏に隠れている「潜在的ニーズ」を洗い出す。「ダイエットしたい」という顕在的ニーズであれば「格好良くなりたい」「異性からモテたい」という、隠れた欲求のこと。
  6. 参考サイト
    検索結果に出ていた参考になるサイトをメモする。
  7. キーワード
    キーワードを設定する。
  8. カテゴリー
    ブログのカテゴリを決める。
  9. ストーリー(起承転結)
    上記内容をもとに、記事のストーリーを作る。起承転結を意識する。
  10. ユーザーの将来
    この記事を読んだユーザーにどのような良い結果が訪れるのか、どんな将来になるのかを想像する。
  11. タイトルのヒント(5W1H)
タイトル
    記事の内容をもとにタイトルを考える。5W1Hを意識する。
  12. 目次
    上記の内容をもとに目次を作る。

ここまでやれば、記事を書く作業自体はすんなりと進むものです。

その7:記事を書く

上記が整理できた段階で、ようやく記事を書く作業に入ります。

実際にやってみると分かることですが、記事を書く前段階の作業でめちゃくちゃ時間がかかります。

なんなら記事を書いている時間の方が短いぐらいです。

しかし・・・冒頭でもお話しした通り、ネタがきちんと整理できていないまま記事を書いてしまうと、

  • キーワードがきちんと入っていない
  • 方向性がよく分からない

という状態になってしまい、上位表示されることは無いと考えていいです。

「段取8割」という言葉がありますが、これはまさにブログでも同じことが言えます!

SEO対策の本質:ユーザーを意識すること

今回の記事ではSEO対策の本質についてお話ししていますが、なぜ本質が重要なのか?については先ほど述べた通りです。

そして・・・この本質こそ「ブログを書く目的」になります。

というのも、これまでの記事でも何度も言っていますが、あなたが書くブログの記事は、究極的に言えば「どこかの誰かの悩みを解決するコンテンツ」になります。

なので、あなたは記事を書くときには常にユーザーのことを意識すべきなのです。

  • ユーザーはどんな悩みを抱えているのか
  • ユーザーが求めている情報は何か
  • ユーザーは日頃から何を調べているのか
  • ユーザーに提案すべき内容は何か

例えばですが、これがブログではなくて対面でユーザーと話をしているのであればどうでしょう。

相手の話を聞きながら、もしくは顔色を伺いながら、相手に合わせて自分が話す内容を変えるということもできます。

しかし、ブログの場合はどうでしょう??

相手の顔を見ることはできませんし、なんならあなたのページが「知りたいことが書かれていない」と判断されてしまうと、ユーザーは他のページにすぐに移動します。

しかも、ブログは対面とは違って「相手の顔色を見ながら」ということができません。

あなたが書いた記事がユーザーが求めている情報と合っているかどうか、これが全てです。

言い換えると、SEO対策ができていなければユーザーは離れてしまう一方だ、ということです。

(実際にはあまりないでしょうけど)対面であれば、離れて行く相手を呼び止めることもできます。

しかし、ブログの場合はユーザーを呼び止めるなんてことはできませんからね。

なので、あなたはユーザーのことを常に考えなければいけません。

逆にいうと

ユーザーのことを考えていけば自然と「SEO対策をするべきだ」という考えに至る

という結論になります。

MEMO
ちなみに・・・上位表示されているサイトはSEO対策がきちんとされています。

だからこそ上位表示されているのです。

これらを理解できたのであれば、ただ思いつきで記事を書くのではなく「ユーザーが求めている情報を整理して記事を書く」ということが必要な作業だと分かりますよね?

先ほどの「段取8割(ブログでいうとネタを整理する作業)」に関しても、ユーザーのことを考えるのであれば自然と「必要な作業だ」という考えに至ります。

というか、これをすっ飛ばしてしまうと「ユーザーのことを考えていない」ということになるので、あなたのブログが上位表示されることはありません。

グーグルの理念にも書かれている通り「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる」ということですね。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

引用:Google が掲げる 10 の事実

ユーザーのことを考えて取り組めば、あなたのサイトの評価は自然と上がるはずですし、ひいては収益も出るようになる・・・ということです!

まとめ

というわけで、今回の記事では

  1. SEO対策とは何なのか
  2. 
あなたのブログが上位表示されない原因
  3. SEOを意識した具体的なネタの整理方法
  4. SEO対策の本質:ユーザーを意識すること

上記4つについてお話ししました。

これでブログ初心者のあなたも「SEO対策とは何なのか」がなんとなく理解できたのではないでしょうか?

また、SEOの重要性と本質についても理解できたかと思います。

小手先だけのSEO対策のテクニックもありますが、冒頭でお話ししたように、小手先だけのテクニックで何十年も通じることはあり得ないと思っています。

グーグルは常にアルゴリズムを改善していますからね。

なので、そんな小手先のテクニックに頼るのではなく、SEO対策の本質を常に意識しておくべきだと思っています。

検索エンジンを運営しているグーグルの理念に「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる」と言っているわけですからね。

最後に、SEOを意識した記事の書き方についておさらいしておくと、

  • 思いつきでブログの記事を書き始めないこと。
  • 記事を書く前に必ず(SEOを意識して)ネタを整理すること。
  1. なんとなくの内容をメモする
  2. 連想されるキーワードで検索する
  3. 検索ユーザーの意図を把握する
  4. キーワード取得ツールを使う
  5. 同じように上位サイトを調べる
  6. 調べた内容をまとめる
  7. 記事を書く

上記の通りです。

くどいようですが「段取8割」という言葉があるように、ブログにおいても上位表示されるかどうかは「記事を書く前段階の作業で決まる」と言っても過言ではありません。

記事を更新しないと!

と焦る気持ちは分かりますが、焦って書いたところで誰の役にも立たないゴミ記事ができてしまうだけです。

なので、記事を書く前には必ずユーザーのことを意識しながらネタの整理をしましょう。

MEMO
やってみるとわかるのですが、ネタが整理できていたら記事を書く手が止まることはありません。

スラスラとかけるものです。

書いている途中で方向性がおかしくなったり手が止まってしまうのは「ネタが整理できていないから」の一言に尽きます。

ブログの初心者だからこそ、SEO対策の本質をきちんと理解した上で取り組まなければいけません。

基礎ができているからこそ、応用ができるようになるわけですからね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)