ミニマリストになるための本

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

今日はオススメの本を紹介します。

ぼくたちに、もうモノは必要ない。

ミニマリスト先駆者と言ってもいい、佐々木典士さんの本です。

自分はミニマリストの存在を知った時、画像検索で「ミニマリストってことはものがないってこと?どんな人?どんな部屋に住んでるの?」と疑問に思い、ミニマリストの部屋を調べていた。

その時に出てくるのは佐々木さんの部屋ばかりで、その部屋の写真を見て衝撃を受けました。

そして、「自分もミニマリストを目指そう」と決意し、この本を購入、佐々木さんを見習っていろんなものを手放しました。

Minimal&ism

[itemlink post_id="322"]

ぼくはモノを減らすことで何もかもが変わり、なぜか毎日「幸せ」を感じられるまでになってしまった。

誰かと比べてばかりいて、みじめだった。将来への不安で、ずっと停滞していた自分が動きはじめた。

最小限にしたからこそ、見えてくる本当の豊かさ。モノが少ない幸せがあることを知った。 モノも情報もあまりに複雑化した現代。

そのノイズに阻まれて、本当に自分に何が必要なのか、何を大事にしたいのかさえわかりにくくなっている。

できるだけ多くのモノを手に入れるのが唯一の正解だった時代はもう終わった。

それがほんとうの「幸せ」にはつながらないことをなんとなくみんなが気づき始めている。

生き方にはもっと自由な選択肢があっていいはず。
他人の目線ばかり気にした世界から、自分の声に耳を澄ませてみること。断捨

離からミニマリストへ。

終わりのないモノへの追求から一度思いっきり距離をとってみること。
これはもう一度「幸せ」について考え始めることに他ならない。

手ぶらで生きる。

ミニマリスト大先輩である、しぶさんの本です。

しぶさんのブログを読み、ミニマリスト向けのアイテムやガジェット類を真似していました。

また、ご自身の部屋を公開されており、それを見て「本当にこれは必要なものか?別になくても困らないんじゃないか?」と自分自身考えさせられました。

面白いことに、しぶさんのお部屋は「冷蔵庫がない」と言った、普通であれば考えられないような生活を実現されています。

ミニマリストしぶのブログ

[itemlink post_id="323"]

「あれを買わなきゃ、あれを食べなきゃ、もっと稼がなきゃ……」
それらの望みは、本当に実現したいものだろうか?

「人からよく思われたい」「恥ずかしい思いをしたくない」という
「見栄」によるものではないだろうか?

見栄を捨てないまま、自由になることはない。
見栄を張るためにお金を稼ぎ、ほしい物を手に入れたらすぐ「もっと上」の欲望が湧き起
こる……。

ミニマリストしぶが、お金をかけて「強調」するものは3つ。
「健康」「能力」「時間」を伸ばす物だけ。
家やファッション、持ち物で見栄を張ることは、絶対にしない。

「なににお金を使い、なにに使わないか」を決めることは、「自分にとってなにが幸せ
か」を知ること。

あなたという存在を飾り立てる、余計なお金や物はいらない。
手ぶらでいこう。

 

断捨離の知識を得られるだけじゃない

紹介した本ですが、自分の部屋を綺麗にすることや断捨離するのに役に立つことは間違いありません。

が、どちらかといえば「断捨離の方法」を書いた本ではありません。

両方とも「ミニマリストの思考」を学ぶための本といえます。

ただ単に「ものを捨てよう」ということではなくて、自分が持っているものが本当に必要なのか、なくても困らないのか、そもそも無い方が管理する手間が省けて楽になるんじゃないのか、ものを持たないことでどんなメリットがあるか、と言ったことが書かれてあります。

この本を読むにつれて、「実は必要ないものだった」というものがどんどん出てきます。そして、「なくてもいい。むしろない方がいい。」という気持ちに切り替わってきます。

また、ものを持たない身軽さや、厳選されたデザインのものしか好まなくなる、と言ったことも書かれてあります。

もしあなたがミニマリストになりたい、もしくは興味があるのであれば、ぜひ一度読んでみることをお勧めします。

P.S.

ミニマリストらしく、冊子ではなくKindle版で読んでくださいね。笑

私は両方ともAppleアプリのKindleで読んでいます。

[itemlink post_id="324"]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Twitter
Feedly
SHARE