出張の時に新幹線が台風で運行停止になった時にやるべきこと

今日から出張なのに台風のせいで新幹線が止まっている!

新幹線を途中下車させられてどうにもならない!

明日から仕事なのにどうしてくれるんだ!ムキーーー!!!
今までテレビで駅がごった返している状況を何度か見ましたが、今回私も同じ目にあいました・・・

出張で急いでいるのに新幹線が止まる、どうにもならないので仕方がないですが、まずは落ち着いてやるべきことをやりましょう。

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

今回の台風15号の影響で、新幹線や飛行機などの交通機関が止まってしまいました。

運行停止の電車はなんと3000本以上!やばいですよね・・・

しかも、今回の台風は「関東方面では過去最大」と呼ばれているぐらいの大型の台風であり、強風の中危険な運転をされても困るので仕方がないのですが・・・そうは言っても出張している当事者の立場からすると「早く動いてくれ!」と思ってしまうものです。

今回私は出張だったのですが、乗っていた新幹線が途中で止まってしまい、明日まで動かなくなってしまったので、途中下車した駅で大変な目に遭いました・・・

仕方がないのは分かっているのですが「なんとかしないと!」と焦ってしまいますよね。

でも、焦るのは後で、まずは落ち着いてやるべきことをやりましょう。

というわけで今回の記事では、実際に私が台風15号の影響を受けて新幹線が止まった時のお話と、運行停止になった時にやるべきことについてお話しします。

台風15号の影響で新幹線が運行停止・・・

今回、私は夕方に出発して茨城まで行く計画でした。

当日の午前中はどうしても外せない用事があったので、夕方ごろに出発して、夜22時半ごろに茨城に到着する予定でした。

午前中の用事が長引いてしまい、焦って新幹線に乗って、しばらくしていると「この列車は新大阪で停車します」とアナウンスが。

は?なんで??俺が乗っている新幹線は東京行きだろ??

雲行きが怪しくなったのでネットで調べてみると、どうやら台風の影響で新幹線が途中で止まるらしい。

なんでも、関東方面に台風がくるので、夜遅い時間の運行は停止してしまうんだとか。

マジか・・・と思いながら、もしかしたら動くんじゃね?という期待を持って、とりあえず新大阪で降りました。

みんなが走って行く方向について行ってみると、どうやら名古屋行きのこだまが動いているらしい。

とりあえず私もそのこだまに乗りましたが、新大阪から名古屋までの約1時間、通路で立ちっぱなしでした。

しかも人がギュウギュウ詰めの状態で、めっちゃしんどかったです・・・泣

なんとか名古屋駅で降りたは良いものの、途中下車したので「払い戻しが必要では?」と思い、これまた行列に約1時間ほど並んでいました。

ようやく私の番になったので係員に事情を話すと・・・スマートEXの場合は、改札にタッチすると自動で途中下車したとみなされて精算されるのだとか。

並ばなくても良かったじゃないか!!という感じでした。

MEMO
後日追記

後日、本当に自動精算されるのかどうか分からなかったので最寄りの駅のみどりの窓口に行くと「そういった機能はない」とのこと・・・

なんだよ名古屋駅の駅員さん!と思いながら事情を話したところ、ちゃんとその場で自動精算されました。

しかし、払い戻すまで1時間半もかかってしまいました・・・何やってんだかJRさんは。笑

また、行列に並んでいる間にすでに予約しているホテルに電話をして事情を話しました。

後日そのホテルに行った際に「今回は台風の影響なのでキャンセル料は発生しません」と言われた時は「さすが東横イン!!」と言いかけました。

東横インってアフィリエイトやっていないけどそれだけ自信あるの??

また、同時に楽天トラベルを使って名古屋駅で宿泊するホテルを予約しました。

こちらはヴィアイン名古屋駅を予約しましたが、とても良いホテルでした・・・こちらは後日別の記事にしたいと思います。


そんなこんなで名古屋で一泊し、翌日の朝から新幹線と特急列車を乗り継いで、なんとか茨城に到着できましたが・・・

当日朝もしばらくは新幹線も特急列車も運行停止となっていたので、朝一番に出発することができませんでした。

結局、目的地についたのは21時ごろ・・・笑

というわけで、こちらが今回の台風の影響を受けて実際に経験した内容になります。

交通期間が止まった時にやるべきこと

少しずつ書いてはいますが、このように交通機関が止まった時にはいろんなことをやる必要があります。

「やばい!明日から仕事なのに!!」と焦る気持ちは分かりますが、一旦は落ち着いて冷静になって、まずはやるべきことをやりましょう。

天災が原因なので、普通の会社であれば責められることはないはずです・・・ブラック企業の場合はよく分かりませんが。笑

というわけで、ここからは交通機関が止まってしまった時にやるべきことを書いていきます。

その1:新幹線の運行状況や停車駅を調べる

今回の私は本来東京まで行く予定でしたが、結局は名古屋まで行って宿泊することになりました。

どうしようか少し焦ってしまいましたが、スマホがあれば運行状況や停車駅を調べることは可能ですし、ネットで調べてよくわからなければ乗務員に聞けば教えてくれます。

まずは

  • 今自分が乗っている新幹線はどこで停車するのか
  • 停車駅で降りてどこまでいけるのか、もうそれ以上先に進めないのか
  • いつから運行開始する予定なのか

上記をきちんと確認・把握しましょう。

その2:とりあえず停車駅でのホテルを予約する

最終の停車駅がわかったら、そこでまずは宿泊することを考えましょう。

お金がない場合は漫画喫茶で一夜過ごすのもアリですし、最悪は駅の中で一夜過ごすのもアリですが・・・体調を壊す原因です。

なので、できればその停車駅付近のホテルをすぐに予約しましょう。

みんなが同じ考えでホテルを抑えようとするので、一気に満室になってしまいますからね。

今回私は楽天トラベルを使いましたが、名古屋駅から徒歩10分程度の場所にあるヴィライン名古屋駅前のホテルを予約できたので、無事に過ごすことができました。

MEMO
こちらのホテルが結構良かったので、後日別の記事にしたいと思います。

その3:すでに予約があるホテルにキャンセルの電話をする

とりあえずホテルを予約したところで、もし当日宿泊する予定だったホテルがある場合は、すぐに電話をしてキャンセルしましょう。

夕方以降だとキャンセル料が発生する場合や、100%料金を取られてしまうことがほとんどかもしれませんが、場合によっては「台風の影響だから」ということで、免除してくれるホテルもあります。

今回は東横インにキャンセルの電話をしましたが、事情を話したところ、その日1日分の料金を払い戻ししてくれました・・・さすがは東横イン!

お金を取られてしまった場合は仕方がないですが・・・出張の場合はきちんと会社に報告して、キャンセル料も精算してもらいましょう。

その4:次の日の運行状況を見ながら新幹線を予約する

ホテルにチェックインして、明日の運行状況を確認し、新幹線を予約しておきましょう。

ただ、正直にいうとネットで運行状況を見ても分かりにくいので・・・できれば駅員さんに実際に聞いてみるのが一番いいでしょう。

もしくはニュースを付けっぱなしにして、常に運行状況を把握するようにしましょう。

私の場合は、新幹線は早い時間で予約できそうでしたが、その次の特急列車が予約できなかったので、割と遅い時間に出発することになりました。

その分ホテルでゆっくりする時間が生まれるわけですが・・・会社のパソコンがあるのである程度の仕事はできましたので、その時間を有効活用しながら仕事をしていました。

その5:会社の方や関係者に連絡する

当たり前の話ですが、社会人として上司や同僚、取引先などの関係者に連絡することは必須です。

事情を話せば普通の人なら理解してくれると思いますので、きちんと事情を伝えましょう。

出張先で人と会うことを約束していることがほとんどだと思いますので、何時頃到着の予定なのかもきちんと連絡しましょう。

一番良いのは事前に運行状況を調べておくこと!

やるべきことを色々と書きましたが・・・一番いいのは、当日の朝とか前日から新幹線の運行状況をきちんと把握しておくことです。

今回の私の場合、午前中に外せない用事があったのでどうしようももありませんでしたが・・・

もし仮に予定がなければ、早く出発して事前に茨城まで行くことは可能でした。

この点は少し反省点ですね。

もしあなたが同じような状態で出張などに行く際に台風の影響を受ける恐れがある場合や、JRが事前に計画運休の発表をしている時には、できるだけ早めに目的地に行くようにしましょう。

もしくは、早めに駅に行って待機しておき、最新情報を常に把握できるようにしておきましょう。

まとめ

というわけで、今回の記事では台風15号の影響を受けて新幹線が止まった時のお話と、やるべきことについてお話ししました。

やるべきことを簡単にまとめると、

その1:新幹線の運行状況や停車駅を調べる

ネットで調べるか乗務員、駅員さんに状況を聞いて「自分が乗っているor自分が乗る新幹線がどこで停車するのか、どこまで進めるのか、いつから復旧するのか」と確認する。

 

その2:とりあえず停車駅でのホテルを予約する

最終の停車駅を確認し、まずは宿泊するためにホテルを予約する。漫画喫茶で一夜過ごすか、最悪は駅の中で一夜過ごすのもアリだが、あまりオススメはしない。みんな同じことを考えるのでできるだけ早めに予約する。

 

その3:すでに予約があるホテルにキャンセルの電話をする

もし当日宿泊する予定だったホテルがある場合は、すぐに電話をしてキャンセルする。場合によっては100%料金を取られることもあるが、ちゃんと事情を話せば理解してくれるホテルもある。出張の場合でキャンセル料が発生した場合、きちんと領収書をもらっておく。

 

その4:次の日の運行状況を見ながら新幹線を予約する

明日の運行状況を確認し、新幹線を予約しておく。ただ、ネットで運行状況を見ても分かりにくいため・・・できれば駅員さんに実際に聞いてみるのが一番いい。もしくはニュースを付けっぱなしにして、常に運行状況を把握するようにする。

 

その5:会社の方や関係者に連絡する

社会人として上司や同僚、取引先などの関係者に連絡することは必須。きちんと事情を伝える。出張先で人と会うことを約束していることがほとんどだと思われるため、何時頃到着の予定なのかもきちんと連絡しておく。

こんな感じですかね。

焦る気持ちは分かりますが、一度落ち着いて冷静になって、まずはやるべきことをやりましょう!

P.S.

翌日の朝には新幹線に乗ることができましたが、遅れが出ていたことと急いでいたこともあって、予約とは別の新幹線に乗りました。

が・・・自由席が満席なので通路で立つハメに。

しかも名古屋から東京まで2時間半かかり、ずっと立ちっぱなし。

東京に着くも特急列車が動いていなかったので時間を潰し、駅でずっと待ちぼうけした挙句、夜やっと特急列車に乗ることができました。

なんとか目的地に到着できたものの、控えめに言って「今までの出張で一番疲れた」と言っても過言ではありません・・・泣

P.P.S

ネットで運行状況をずっと確認していたのですが、正直にいうと「何時から復旧」みたいなことは書かれていません。

「復旧しました」という連絡しかないので、それ以降に移動するとかになります。

早めに駅に行って待機しておき、どこかで時間を潰しながら復旧を待つのがいちばん早く目的にたどり着けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)