MENU

通勤時間は人生の無駄でしかない:通勤時間を有効活用するための方法【毎日更新233】

2020 1/19
通勤時間は人生の無駄でしかない:通勤時間を有効活用するための方法【毎日更新233】

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

※ブログの毎日更新は233記事目です。

以前こちらのツイートをしたのですが・・・通勤時間ってマジで無駄ですよね??

ニュースにもありましたが、渋谷駅が半端無いみたいですね。

私は地方暮らしなので「自転車で10分で通勤」という快適な生活を送っています。

通勤なんてほぼ毎日発生することですからね。ちょっとでも短い方がいいです。

それに、もう満員電車には乗れません・・・

満員電車に乗り込んでも給料が上がるわけではないですし、何の生産性もないですからね。

ただ我慢大会に参加させられているようなものです。

ちなみに私はというと・・・地方暮らしということもあって、私の通勤時間は「自転車で10分」だけです。

慣れてくるとその楽チンさから離れることができなくなってしまうのですが、自転車10分の通勤というのは本当に良いことしかありません。

そもそも通勤時間が短いので、その分睡眠時間を増やすこともできますし、副業する時間も増やせるわけです。

それに、公共交通機関を使わないのでダイヤの乱れなどの影響を受けて待ちぼうけになることもないですし、車と違って渋滞に巻き込まれて待たされることもありません。

自転車通勤こそ最強の通勤方法だと思っています。

というわけで、今回の記事では

  1. 通勤時間は人生の無駄でしかない
  2. 通勤時間が無駄だと思う理由
  3. 田舎暮らしは通勤時間が超ミニマル
  4. 通勤時間を有効活用するための方法

上記4つについてお話しします。

この記事を読むべき人
今回の記事は以下の人向けです。

  • 毎日毎日満員電車に乗って通勤するのが嫌な人
  • 通勤時間をできるだけ短くしたいと思っている人
  • 通勤時間を少しでも有効活用したいと思っている人
目次

通勤時間は人生の無駄でしかない

以前こちらの記事でもお話ししたことがあるのですが、通勤時間は人生の無駄でしかありません。

あわせて読みたい
通勤時間をミニマルにしよう
通勤時間をミニマルにしようみなさんこんにちは。ひねくれ者のミニマリストです。いきなりですが、あなたの通勤時間はどのぐらいですか??車で30分ぐらいですか?それとも電車で1時間ぐらいで...

都会に住んでいる場合は満員電車に揺られながら通勤することがほとんどだと思いますが・・・

  • 通勤時間中に給料が発生しているわけでもない
  • 満員電車に乗っても誰も褒めてくれない
  • 誰も評価もしてくれない
  • ただ自分の精神をすり減らすだけ

何の生産性もない時間なのです。

それに、都会に住んでいる場合、通勤時間を平均すると「片道1時間」というのが普通だと思います。

往復で考えれば2時間となりますが、毎日1日のうち2時間を生産性のない無駄な時間に当てているなんて・・・勿体無いと思いませんか!?

単純計算すると、

  • 通勤時間:往復2時間
  • 平日5日間
  • 1年が52週

と考えると、1年間で520時間も無駄にしているわけですからね。

退職するまで40年と仮定すれば、40年間で20800時間となります。

20800時間は867日分(2.37年以上)の時間になります。

これだけあれば

  • 自分の趣味の時間を増やしたり
  • もっと副業をする時間を作ったり
  • 家族と過ごす時間を作ったり

絶対に人生の質を上げられると思うんですよね。

しかし、特に都会に住んでいる多くのサラリーマンは、こうした何の生産性もない無駄な通勤時間に、人生の貴重な時間を費やしてしまっているわけです。

冒頭でもお話ししたこちらのツイートですが、渋谷駅の改築に伴って駅が大混雑しているという内容ですが・・・

正直にいうと、

のアイコン画像
毎日こんな人混みの中に突っ込んでいって満員電車に乗って通勤するなんてどうかしてるんじゃ無いのか!?

と思ってしまいます。(都会に住んでいる人、すみません。)

誰も望んで満員電車に乗って通勤しているわけでは無いと思うのですが、地方暮らしの私からすれば考えられないことです。

通勤時間が無駄だと思う理由

それではここで、通勤時間が無駄だと思う理由についてお話しします。

その1:時間が勿体無い

まず、何度もお話ししている通り、通勤時間には何の生産性もありません。

会社から給料がもらえるわけでもありませんし、会社の評価が上がるわけでもありません。

家族から褒められることもありません。

逆に、ギュウギュウ詰めの電車に乗って、自分の精神をすり減らすだけですからね。

そんな無駄な通勤時間に往復2時間も費やしているなんて、時間が勿体無いだけです。

ただでさえ時間はどうやっても取り戻せないのに、そんな貴重な時間を何の生産性もない通勤時間に2時間も費やしていると考えると、貴重な時間をドブに捨てているようなものです。

その2:満員電車に乗るとストレスが溜まる

次に、満員電車に乗るとストレスが溜まります。

あなたが

のアイコン画像
俺はギュウギュウ詰めの空間が大好きなんだ!

というド変態であれば話は別なのですが・・・笑

普通の人は、誰も好き好んで満員電車になんて乗っていないはずです。

毎日毎日人がギュウギュウ詰になっている満員電車に乗って、片道1時間もかけて会社に向かっているわけです。

ただでさえ会社に行けばストレスが溜まるのに、会社に行く道のりでもストレスを溜め込んでいるなんて、どうかしていますよね!?

MEMO
余談ですが、昔とある野球場の近くに住んでいました。

会社の帰りの時間が試合が終わる時間と被った時はもう最悪で、酔っ払い・汗だく(特に夏)のおじさん達と密着しながら電車に乗っていました。

乗車時間が10分程度だったので我慢できましたが・・・

この状態で1時間も過ごしていたら、おそらく今の私は存在していないでしょう・・・

その3:負のオーラの人だらけで萎える

最後の理由ですが、満員電車に乗って通勤すると、負のオーラの人だらけで萎えてしまいます。

おそらく満員電車に乗って通勤している99%の人が

のアイコン画像
今日も人ばっかりだなあ・・・ああ、だるい。
のアイコン画像
今日も仕事嫌だなあ。早く金曜日にならないかなあ。

と思っているに違いありません。

こんな負のオーラまみれの中にいたら、自分にも負のオーラがまとわりついてしまいます。

それだけで仕事に対するやる気が削ぎ落とされてしまいますからね。

根拠のない精神論はあまり好きではないのですが、少なくともこうした気分の高揚は仕事のパフォーマンスにも影響すると思っています。

なので、満員電車に乗って通勤していると、自分のパフォーマンスを下げる結果にも繋がるわけですね。

田舎暮らしは通勤時間が超ミニマル

ここで少し私のお話をさせてください。

冒頭でもお話ししたように、私は今地方暮らしであり、通勤時間は「自転車で10分」という、超ミニマルな状態です。

たった10分で会社に到着するので、睡眠時間を増やすこともできますし、副業する時間も増えるわけです。

単純に考えて、通勤時間が片道1時間の人と比較すれば、1日「1時間40分」も使える時間が多い計算になりますからね。

MEMO
私はこの浮いた時間を使って副業をしており、このブログを書いている時間に充てています。

ただ通勤時間を短くするだけで、このように有意義な時間が増えるわけです。

それに、

  • 電車を使わないので「電車が止まった」という影響も一切受けない
  • 車を使うわけでもないので、道路が渋滞していても何の問題もない
  • 自分以外の何かしらの影響を受けて待ちぼうけを食らう・・・ということが一切無くなる

というメリットがあります。

なお、たまにコンビニに寄りたい時は、さっとコンビニに立ち寄ればOKです。

MEMO
強いていうならば「雨の日」は少し面倒くさいですが・・・

カッパを着れば問題ありませんし、私が愛用しているアウターは防水性が高いので、多少の小雨であれば何の問題もありません。

というか、10分我慢すれば良いわけですからね。

いかがでしょう。

地方暮らしで会社の近くに住めば、これだけ多くのメリットを受けられるわけです。

「今すぐに地方に引っ越せ!」というのは現実的ではありませんが・・・少なくとも、

のアイコン画像
会社の近くに住むことはアリなのかな?

と思います。

のアイコン画像
とは言っても

「丸の内オフィスから自転車10分の距離に家を借りる」

なんてほぼ実現不可能か。笑

通勤時間を有効活用するための方法

それではここで、私が思う「通勤時間を有効活用するための方法」についてご紹介します。

実現不可能のものもありますので、可能な範囲で通勤時間を有効な時間にしていただけたら幸甚です。

その1:会社の近くに引っ越す

まず、先ほどお話しした「会社の近くに引っ越す」です。

ただ、これは再現性は低いですよね。

のアイコン画像
丸の内オフィスから自転車10分の距離に家を借りる

なんて・・・できるか!!

って話ですよね。

なので、これは可能な人に限るかもしれません。

しかし、実現できれば通勤時間が短くなるので、そもそも無駄な時間を短縮することができますからね。

あとは考え方次第なのですが、私個人的には

  • 家賃は高いけど会社の近くにあって便利
  • 家賃は安いけど会社から遠くて不便

上記の場合、前者の方が時間を無駄にしないのでオススメです。

あとは家賃と距離のバランスの問題ですけどね。

以前ホリエモンが「通勤時間なんて無駄」と話している内容の記事を発見したので、こちらの記事でも解説しています。

あわせて読みたい
通勤時間をミニマルにしよう
通勤時間をミニマルにしようみなさんこんにちは。ひねくれ者のミニマリストです。いきなりですが、あなたの通勤時間はどのぐらいですか??車で30分ぐらいですか?それとも電車で1時間ぐらいで...

その2:スマホで読書する

2つ目ですが、スマホで読書をするということです。

ただでさえ無駄な通勤時間ですが、その時間を使って読書をすれば、有意義な時間に変えることができますからね。

なお、紙媒体の書籍を読むのでもいいのですが、

  • 紙媒体の書籍がかさばる
  • 満員電車でサッと取り出せない

という点からも、電子書籍を読む方がいいと思います。

読書が嫌な場合は「オーディブルで本を聴く」という方法もあります。

書籍の内容をナレーターが読み上げてくれるので、いちいちスマホを見ながらページをめくる必要すらなくなります!

オーディブルはとても便利なので、もしあなたがオーディブルに少しでも興味がある場合は今すぐに導入するべきです!

その3:スマホでブログを書く

次に、もしあなたが副業をしているのであれば、スマホでブログの記事を書きましょう。

満員電車の中でスマホで文字を打ち込めるかどうかはよく分かりませんが・・・1時間もあれば1記事書くことができますからね。

もしあなたが副業でブログを運営していて

のアイコン画像
毎日仕事が終わるのが遅くてブログを書く時間がない!

と思っているのであれば、通勤時間中にスマホを使って記事を書きましょう。

あわせて読みたい
仕事が忙しくてブログが書けないなら移動中にスマホでブログを書けばいい話
仕事が忙しくてブログが書けないなら移動中にスマホでブログを書けばいい話みなさんこんにちは。ひねくれ者のミニマリストです。ただいま私は出張に来ております。しかも約1週間ほどのまあまあ長期出張という。・・・なんてことにはならないよ...

記事が書けなくても、ブログのネタを整理することだってできますからね。

ただ満員電車の中で揺られていることを考えたら、絶対に生産性のある時間になります。

その4:自転車で通勤する

次が自転車通勤するという方法です。

都会であっても自転車通勤はできると思いますが、自転車通勤をすることで

  • 公共交通機関の遅延などの影響を受けない
  • 車の渋滞などの影響を受けない

というメリットがあります。

要は、自分以外の何かに影響されないということですね。

また、30分ぐらいの距離であれば、自転車を漕いだ方が早いと思いますし、ちょうどいい運動にもなるのでは?と感じます。

注意
流石に「自転車で1時間」とかになると、厳しいかもしれませんけどね。

自転車通勤の問題を強いて挙げるとすれば「雨の日が大変」ということでしょう。

傘をさして自転車を漕ぐのは危険ですし、カッパを着ないといけませんからね。

その5:田舎に住む

最後が「田舎に住む」ということです。

いきなり田舎に引っ越すなんてできないと思いますので、これも再現性は低いかもしれませんね。

しかし、田舎に住むことで

  • 電車に乗ってもそこまで人が多くない
  • (東京とかに比べて)会社の近くに住むことが簡単
  • 割と都心部に住んでも家賃が高くない

というメリットがあります。

なお、車で通勤することで「車内でオーディブルを聴ける」というメリットもありますが、田舎は割と車が混んでいます。

なので、私は自転車で通っています。

まとめ

というわけで、今回の記事では

  1. 通勤時間は人生の無駄でしかない
  2. 通勤時間が無駄だと思う理由
  3. 田舎暮らしは通勤時間が超ミニマル
  4. 通勤時間を有効活用するための方法

上記4つについてお話ししました、

記事を書いている途中でも

のアイコン画像
通勤時間ってマジで無駄だな・・・

何の特にもならない精神修行をしているようなもんだからな

と思いました。

都会暮らしで通勤時間に片道1時間もかけている人からすると

のアイコン画像
俺だって好きでやってるわけじゃないんだよ!!

と思われたかもしれません。(スミマセン)

しかし・・・やはり冷静になって考えても、通勤時間というのは人生の無駄でしかありません。

満員電車に乗って精神をすり減らしていると考えると尚更です。

なので、できれば会社の近くに引っ越して、出来るだけ通勤時間を短くしましょう。

それができなければ、少しでも通勤時間を有効活用するために、読書か何かを始めましょう!

今こうしている間にも、あなたの時間はどんどん減っていっているわけですからね。

自分の貴重な時間を無駄にしないためにも、今すぐに対策しましょう!!

目次
閉じる