人間は欲求の塊である

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

以前とある本を読んで人間の欲求に関して触れていたのですが、とても面白い内容なので、ぜひブログの記事にしようと思いました。

また、先日書いた記事でも欲求に関して少し触れていたため、せっかくの機会なので欲求に関する記事を書こうかと・・・

おしゃれなインテリアで自分が満たされない理由
注意
ちなみに「ミニマリスト」と聞くと物欲がないと思われがちですが、そんなことはありません。私にもちゃんと欲求というものはあります。笑

この欲求に関しては、生きていく上でとても大事なことなので、ぜひあなたもこの記事を読んでみてください。

「そういえばこんな話をどこかで聞いたような」ぐらいでも全然違うと思いますので。

マズローの欲求5段階説

人間の欲求に関して「人間の欲求は5段階ある」と唱えた人がいます。

それがアブラハム・マズローです。

この人の理論はなんぞやと言うと、人間の欲求は以下の図のように構成されていると言うことです。

  1. 生理的欲求
  2. 安全の欲求
  3. 所属と愛の欲求
  4. 承認欲求(自己顕示欲)
  5. 自己実現の欲求

有名なピラミッドの図が以下です。

それでは、一つずつ順番に見ていきましょう。

1.生理的欲求

生命を維持するための「食事」「睡眠」「排泄」と言った根源的な欲求のことです。

これは人間誰しもが持っている欲求であり、

  • お腹が減ったら何か食べたくなる
  • 眠たくなったら寝る
  • トイレに行きたくなったら排泄しにいく

といった、基本的な欲求のことです。

人間の三大欲求とは「食欲」「睡眠欲」「性欲」と言われていますが、まさしくこの生理的欲求のことですね。

稀に「食欲」「睡眠欲」「集団欲」とも言われますが、この「集団欲」というのは、3つ目に登場する「3.所属と愛の欲求」だと思います。

あと「排泄」に関しては、そもそも欲求とは関係なしに緊急を要するものなので「欲求には当たらないだろ!!」と唱える人もいます。

まあ、この辺りは別にお話しする必要もないでしょうから、今回はこのぐらいで。(興味があるならばネットで「三大欲求」と調べて見てください。以外と面白いですから。)

2.安全の欲求

安全に生きるために「健康でいたい」「良い家に住みたい」「もっとお金が欲しい」と言った欲求のことです。

良い家に住みたい、というのも、結局は自分の安全・安心感を求めているからになります。

日本はとても安全な国なのであまり身の危険を感じたことがないかもしれませんが、例えば「お金が欲しい=経済的に楽になりたい」というのも、この「安全の欲求」になります。

簡単にいうと、将来の不安(お金がなくなって困る、生活できなくなる)という不安から逃れたいがために、お金が欲しいと感じるわけですね。

とは言っても、この段階の欲求では「一生遊んで暮らせるお金が欲しい」という欲求ではなく、最低限の生活ができるレベルの経済を手に入れたい・・・という欲求です。

3.所属と愛の欲求

自分が社会やコミュニティーの一員でありたい、と言う欲求です。

安全を手に入れた後は、社会における自分の地位を気にするようになります。

よく「他人のことが気になる」という人は、まさしくこの欲求ですね。

  • 自分は周囲と比べてどうなのか
  • 自分の方が優っているのか
  • 周囲に嫌われていないか
  • 周囲とうまくやっているだろうか
  • 自分だけ浮いていないだろうか

こんな感じです。

あと「みんなが持っているから私も」という感じで流行に乗っかろうとする人も、この欲求が関わっています。

4.承認欲求(自己顕示欲)

社会のコミュニティーに属したとして、次は「もっと認められたい」という欲求が生まれます。

それがこの承認欲求です。

  • 尊敬されたい
  • 自分を認めて欲しい
  • 自分のことをもっと知って欲しい

という、いわゆる自己顕示欲です。

毎日SNSを更新している人、ツイッターでつぶやいている人、インスタグラムでいい写真をアップして良いねを集める人・・・はこの部類です。

ちなみに私も自己顕示欲がとても強いです。

そうじゃないとブログなんてやっていませんし。

「私は承認欲求が強いです」と自分自身で言ったり、だれかから「お前は承認欲求が強い」と言われるのはあまり気持ちが良いことではありません。

が、人間誰もが持っている欲求なので、そんなことは気にしなくて良いと思います。

5.自己実現の欲求

これら4つの欲求が満たされたとしても、残念ながら人間は満たされません。

人間とは欲求の塊ですからね。

4つの欲求を満たした次には「自分が本当にこうしたいもの」を手に入れるべく、自分のあるべき姿を求めて行動するようになります。

ちなみに、それぞれの業界(スポーツでもビジネスでも何でも)のトップクラスの人は、ほとんどの人がこの欲求の段階にあると言えます。

人間は欲求の塊である

タイトルの通りなのですが、このように人間とは欲求の塊であり、ある欲求を満たせばまた次の欲求が生まれ、その欲求を満たせばまた次・・・と、欲求は永遠に尽きないわけですね。

また、冒頭でもお話しした通り、ミニマリストの私にも欲求はあります。笑

あくまで「物欲がない」というだけであって、それ以外の欲はあります。

毎日ご飯を食べたいとも思いますし、「昼寝したい」とも思います。(昼寝が趣味と言っても過言ではない・・・過言か。笑)

健康でいたい、安心して暮らせるようなお金が欲しいという安全欲求もあります。

3番目の「所属と愛の欲求」ももちろんあります。

流行のものが欲しい、みんなが持っているから欲しい・・・という欲はありませんが、他人と比べて自分はどうなのか?という点はとても気にします。(モノが云々ではなく、立ち位置的な)

また、承認欲求(自己顕示欲)もあります。

というか、普通の人よりもあるかと思います。

先ほども書きましたが、そもそも承認欲求がなければブログなんて書いていませんしね。笑

欲求は誰にでもあるもの

何度も言うように、人間は欲求の塊なので「自分の欲求が強くて・・・」なんて気にする必要はありません。

承認欲求なんかも誰もが持っている欲求なので気にしなくてもいいでしょう。

最近はブログや副業に関する記事を書いていますが、ブログ毎日書くなんて言うのは承認欲求が強くないと出来ませんからね。

というわけで、今回は欲求に関する記事を書いてみましたが如何でしたか?

なお「マズローの欲求5段階説」はとても有名なお話なので、一度ネットで検索してみてください。

もっと詳しいことが書かれているかと思います。

また、本もお勧めです。

人間の欲求を知ることは、社会で生きていく上で重要なことですから。

P.S.

とは言っても、ミニマリストになってから物欲に関しては減りました。

持ち物も少ないですし、服も毎日ほぼ同じようなものしか着ていませんし、家具なんかはほとんどありませんからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)