ネットで物を売るのに値段よりも大事なこと

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

今回の記事のタイトルは「ネットで物を売るのに値段よりも大事なこと」ですが、主にセールスライティングやマーケティングに関するお話です。

特にブログ運営を始めたばかりの人は、ぜひこの記事をみてください。

こんな経験はありませんか??

いきなりですが、あなたはこんな経験をしたことはありませんか?

  • 欲しい商品があったのでネットで調べていた。
  • ふと見ていたサイトが気にいって、そのサイトから商品を購入した。
  • 後から調べてみると、他のサイトの方が安い値段で売っていた。
  • 「まあこのサイトの方が安心できるし」と言って自分を正当化した。

ちなみに、別に悪いことはありませんからね。笑

私も何度もこのような経験があります。

昔もそうでしたし、ミニマリストになった今でも、商品を買った後に色々と調べてしまいます・・・

感情で買って後から理由をつけて正当化する

これはビジネスを行う上で非常に重要な話になるのですが、人間は実は論理的な生き物ではありません。

特に、何か欲しいものを買うときは特にそうです。

人間は「感情で買って後から理由をつけて正当化する」という生き物です。

人間は物を買う時が一番感情的になり、実は冷静な判断(論理的な思考)が出来ていません。

上記に書いたような経験がある場合は分かると思いますが、物を買った後にレビューを見るのがまさしくその通りです。

  • 商品を買ってしまったが本当に良かったのだろうか?
  • 問題ないだろうか?
  • 他にいいサイトで買えたのでは?
  • そもそもレビューに変なことが書かれていないか?
  • 変な商品ではないか??

こんな感じでいろんなことを考えてしまうわけです。

ネット社会であるこの時代はまさにそうですね。

MEMO
Amazonや楽天、ネットショッピング全般に言えることですが、実は商品のレビューを見るのは「商品を買う前」ではなく「商品を買った後」に見られることの方が多いらしいです。つまり「買った後に自分を正当化するためにレビューを見ている」と言えますね。

人間は失敗するのがとても嫌な生き物なので「自分が買ったもの(お店)は間違っていない!一番良いものだ(いちばん良いお店で買った)!」と、自分の行動は間違っていなかったと思い込むために自然とこんな行動をとるわけです。

物を売るのは値段だけじゃない

このように、人間はものを買う時が一番興奮し、正しい判断を下せなくなる生き物です。

なので、実は「商品の値段が一番安いものが売れる」というわけではないのです。

あなたがよくネットでものを買うのならば分かるはずですが、ネットショッピングにおいて一番の問題は「相手が商品のことを信用してくれるかどうか」です。

ただオシャレな商品の写真を掲載するだけでは全く信用性がありませんよね?

そんな時に大事になってくるのが「文章(セールスライティング)」です。

レビューを見るのもまさしくその通りで、購入した人たちの意見(文章)を見て、その商品が信用できるかどうかを確かめるわけですね。

先日記載したテレビスタンドの話にはなりますが、実はこの商品もAmazonで購入した方が安かったものの、そうせずに「一人暮らしインテリアのジパング」というサイトで購入しました。

悲報:ミニマリストの家にテレビが・・・

理由はとても簡単で、商品の説明がとても丁寧で信用できたからです。

どケチな人間なら話は別ですが、普通の人ならば(特にネットで購入するときは)「1円でも安く」ではなく「信用できるかどうか」を重点的に見ているのです。

MEMO
その他は「送料無料」とか「配達の速さ」とかですかね。Amazonの配達速度は神です。

物を売るのに必要なのは「信用できるか」

ものを売ることに限らず、ブログを書くにしても相手に何かをプレゼンするにしても、いちばん大切なことは「信用できるかどうか」です。

人間は疑り深い生き物なので、相当信用している人間でない限りは「なぜそうなのか?その根拠は?」と疑ってしまうものです。

そんな時にちゃんとした証拠を提示し、信用させてあげることがとても重要になります。

私が以前紹介した「沈黙のWebマーケティング」にも同じことが書かれてあります。

本の内容をここでお話しするのは控えますが、簡単にいうと

ある家具屋さんのWebデザイナーが自分のサイトを改造するために、あえて自分のお店ではなく他店で商品を買うように勧められた。(家具を買う人の気持ちが分かるように・どんな情報を必要としているのかを理解するため)
そのデザイナーは「とにかくオシャレでないとダメ!」という考えの人間だったが、今回買う商品はいい値段のするオーダー家具。
そのデザイナーが購入したのは・・・とてもオシャレなサイトの家具ではなく、どちらかといえばダサくて文字がびっしりと書かれてあるサイトの家具。
なぜそのお店で購入したのか、その理由を尋ねられると「こっち(ダサいサイト)の方が信用出来た。安い買い物ではないので失敗したくなくて、気がついたらこっちのサイトの方が信用できると思って、そのサイトで家具を買おうと決めた。」と答えた。

「それはあくまで本の中の話だろ?」と思われるかもしれませんが、実際にネットで購入する人の気持ちはまさしくこの通りです!

値段が高くなればなるほど「少しでも安く」ではなく「信用できるか」を基準にして判断します。

なので、大事なことは「少しでも安く売る」という考えではなく「いかに相手を信用させられるか」なのです。

まとめ

というわけで、今回はネットで物を売る際にとても重要なことをお話ししましたが、いかがだったでしょうか?

ネットで物を売るのに値段よりも大事なこと=「相手に信用させること」です。

あくまで値段が安いかどうかは二の次、まずは相手を信用させてあげられるかどうかということですね。

あなたも経験があるので分かると思いますが、特にネットのような販売者の顔が見えないところで商品を購入するときは、少々高くても信用できるお店から購入するはずです。

「安すぎて心配になるレベル」と思う時もそうですね。

値段は二の次で「信用できるかどうか」を基準に判断しているわけですから。

それに「1円でも安く」という勢いで物を買った時って、何かと後悔したことしかないと思います。(少なくとも自分はそんな経験ばかり・・・安かろう悪かろうってやつですね。)

相手に信用を与えるためには、やはり文章の力(セールスライティング)が必要になってきます。

ということで、セールスライティングに関する記事はまた後日お話ししたいと思います。

P.S.

セールスライティングに関する内容は、noteでも書いています。

もしあなたに興味があれば、以下のサイトを一度ご覧になってみてください。

セールスライティング×プレゼン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)