iPhone11が販売されたけど・・・実際どうなの??スティーブ・ジョブズの断捨離は??

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

9月20日にiPhone11が販売されましたね。

毎年秋になると新型のiPhoneが販売されるので、その販売を楽しみにしているApple好きのファンも少なくないはず。

ミニマリストは特にApple好きの人が多いので、毎年購入される方もいます。

ミニマリストしぶさんも毎年iPhoneを買い換えていますからね。

ですが・・・私は買い換えようとは思っていません。

以前こちらのツイートをしましたが、目立つような性能アップがないし、別に今使っているiPhone8もまだ使えるので、あえて買い替える必要はないだろう・・・という判断です。

というわけで、今回の記事ではiPhone11についてお話しするとともに、私が買い替える必要がないと判断した理由についてお話しします。

iPhone11の特徴

まずはiPhone11の特徴から。

詳細はこちらのApple公式サイトをご覧いただけたらと思いますが・・・

ざっと見ていくと「カメラの性能が上がっている」という印象が強いですね。

以下は公式サイトより引用した iPhone11の基本性能です。

基本仕様

  • 仕上げ:ブラック、グリーン、イエロー、パープル、 (PRODUCT)RED 、ホワイト
  • 容量:64GB、128GB、256GB
  • 幅:75.7 mm
  • 高さ:150.9 mm
  • 厚さ:8.3 mm
  • 重量:194 g

ディスプレイ

  • Liquid Retina HDディスプレイ
  • IPSテクノロジー搭載6.1インチ(対角)オールスクリーンLCD Multi‑Touchディスプレイ
  • 1,792 x 828ピクセル解像度、326ppi
  • 1,400:1コントラスト比(標準)
  • True Toneディスプレイ
  • 広色域ディスプレイ(P3)
  • 触覚タッチ
  • 最大輝度625ニト(標準)
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • 複数の言語と文字の同時表示をサポート

カメラ

  • デュアル12MPカメラ(超広角と広角)
  • 超広角:ƒ/2.4絞り値と120°視野角
  • 広角:ƒ/1.8絞り値
  • 2倍の光学ズームアウト、最大5倍のデジタルズーム
  • 進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
  • 6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、
  • ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
  • 光学式手ぶれ補正(広角)
  • 5枚構成のレンズ(超広角)、6枚構成のレンズ(広角)
  • より明るいTrue Toneフラッシュとスローシンクロ
  • パノラマ(最大63MP)
  • 100% Focus Pixels(広角)
  • ナイトモード
  • 自動調整
  • 次世代のスマートHDR(写真)
  • 写真とLive Photosの広色域キャプチャ
  • 高度な赤目修正
  • 自動手ぶれ補正
  • バーストモード
  • 写真へのジオタグ添付
  • 画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG

ビデオ撮影

  • 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
  • 1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
  • 720p HDビデオ撮影(30fps)
  • ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大60fps)
  • ビデオの光学式手ぶれ補正(広角)
  • 2倍の光学ズームアウト、最大3倍のデジタルズーム
  • オーディオズーム
  • より明るいTrue Toneフラッシュ
  • 被写体追跡ができるQuickTakeビデオ
  • 1080p(120fpsまたは240fps)スローモーションビデオに対応
  • 手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
  • 映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
  • 連続オートフォーカスビデオ
  • 4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
  • 再生ズーム
  • ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
  • ステレオ録音

TrueDepthカメラ

  • 12MPカメラ
  • ƒ/2.2絞り値
  • 進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
  • 6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、
  • ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
  • アニ文字とミー文字
  • 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
  • 1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
  • 1080p(120fps)スローモーションビデオに対応
  • 次世代のスマートHDR(写真)
  • ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps)
  • 映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
  • 写真とLive Photosの広色域キャプチャ
  • Retina Flash
  • 自動手ぶれ補正
  • バーストモード

Face ID

  • TrueDepthカメラによる顔認識の有効化

Apple Pay

  • Face IDを使った、店頭、アプリ内、ウェブ上でのiPhoneによる支払い
  • Mac上でのApple Payによる購入の完了
  • iPhoneに入れたSuicaによる電車などの交通機関の利用、店頭での購入

同梱物

  • iOS 13を搭載したiPhone
  • EarPods with Lightning Connector
  • Lightning - USBケーブル
  • USB電源アダプタ
  • マニュアル

ざっと書き出しましたが、大きさなどは特に変わっておらず、やはりカメラの性能が上がっている・・・というぐらいですかね。笑

買い替える必要がないと判断した理由

iPhone11の特徴をご紹介しましたが・・・私個人的には「目立った新機能がない」という印象です。

結論としては

別に買い替えなくても困らないから

ですかね。

カメラの画質が大きく上がっていることは優れている点ですが「よしっ!すぐに買い換えよう!」まではならないのかなあと。

また、iPhoneは数年使っていると動作が重たくなったり、ということもあるので、そのタイミングが来たら「買い換えようかな」と思いますが・・・

今使っているiPhone8はなんの問題もなく使えているので、あえて買い替える必要もないのかなあと。

iPhoneを下取りに出せばもう少し安く購入できますし、性能が高いに越したことはありません。

しかし、そうは言っても「別に買い替えなくても困らない」というのが正直なところですかね・・・

目を惹く新機能もないですし。

Appleらしさが薄れている件

先ほどのツイートにも記載しましたが・・・スティーブ・ジョブズ時代のAppleと言えば、

  • シンプルなデザイン
  • 厳選されたラインナップ

こうした特徴を持っており、Appleの経営が落ち込んでいた時にも、あえて製品のラインナップを削ぎ落とすことで、Appleの経営を建てなすことに成功しているわけです。

スティーブ・ジョブズがAppleに復帰した直後に実施したのが「製品を絞り込む」というのは有名な話。

デスクトップとノートパソコン、一般消費者向けとプロ向け、たったこの4つに絞り込みました。

数ある商品を取り揃えて経営が傾いていたApple社のラインナップをあえて4つだけに絞り込み、そこから経営を立て直したというのは超有名なお話です。

スティーブ・ジョブズが復帰してまず最初に取り掛かったことは「断捨離」でした。

  • 当時Apple社で行っていた20以上の事業を、4つだけ残してあとは全て解体
  • 加えて3000人以上の従業員を解雇

施策の結果、改革は成功し、ジョブズは、それまで丸2年赤字が続いていたApple社をわずか4半期で4,500万ドルの黒字へと変えました。

その後もジョブズは、多くの人が知るように、iMac、iPod、iTunesなど、革新的な製品を世に出し続けました。

MEMO
多くのミニマリストは、こうしたスティーブ・ジョブズのミニマリスト精神に魅了されていて、Apple好きの人が多いんだと思います。

私もその中の一人です。

最近のiPhoneはカラーバリエーションも増えていますし、それは世の中のニーズを満たすためのもの・・・ということは分かっているのですが・・・

私個人的には「Appleといえば黒・白・シルバー・ゴールド」というイメージが非常に強く、ニーズに応える為とはいえAppleらしさを失っている気がします・・・

なんだか少し悲しいですね。笑

まとめ

というわけで、今回は新型iPhone11のお話とともに、私のちょっとした感想についてお話ししました・・・

Apple製品が好きなことは変わりありませんし、いまだにApple製品を使い続けているのも事実です。

しかしながら、当初のApple社の洗礼されたデザインと商品はどこぞや・・・というのも正直な気持ちです。笑

ツイッターでもお話しした通り、前日知人とお話ししている際に

スティーブ・ジョブズが生きていたら、今このタイミングでこの機能のiPhoneは販売していないだろうね。

という会話がとても印象的でした・・・

これからもApple製品は愛用していくでしょうし、ミニマリストとしてApple好きの一人であることも変わりませんが、ちょっとした愚痴でした。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)