マムートのレインカバーを買ってみた結果

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

いきなりですが、あなたが使っているリュックは撥水加工が施されていますか?

または、防水性能が高いリュックですか?

私が使っているマムートのリュックですが、正直にいうと「防水性能が高い」と思っていました。

なにせ、アウトドア・登山向けのブランドですからね。

多少の雨ぐらいへっちゃらだろ!

そう思ってこのリュックを買いました。

MEMO
私は自転車通勤なので、雨の日はカッパを着て自転車に乗ります。その時にリュックがむき出しになってしまうので、防水性能が高いリュックじゃないと嫌なので。

実際のところ、多少の雨は問題ありません。

が・・・一度調子に乗って、土砂降りの雨の中「まあ大丈夫だろう」と思い、そのままリュックを背負って自転車を漕いでみると・・・

なんとカバンの中が浸水しているではありませんか!!

水浸しとまでは言いませんが、リュックの中全体がじんわりと湿っているような・・・

なんてこった!パンナコッタ!!

流石にこのリュックをむき出しにして雨の中自転車に乗るのはまずいだろうということで、マムートのレインカバーを購入しました。

今回の記事では使用感などについてお話しします。

※マムートのリュックに関する内容はこちらの記事をご参照ください。

マムートのバックパックを買っちゃいました…

マムートのレインカバー

まずはじめに、私が購入したマムートのレインカバーがこちらです。

「マムート レインカバー SE M Raincover 」

Amazon公式サイト

実際の写真がこちらです。

小さく折りたたんだ状態。「Raincover」と書いてあります。そのままですね。笑

背面がこちら。上の方にマジックテープで止まっています。

マジックテープを剥がすと紐が出てきて・・・

広げるとこんな感じ。こちらは背面側(リュック側)です。

こちらが前面側(外側)です。

使い方

それでは次に、マムートのレインカバーの使い方について簡単にお話しします。

まず、レインカバーを広げて、その上にリュックを置きます。

横から見るとこんな感じですね。

上の口の紐を少し縛ります。また、中央にある赤い留め具を固定します。

拡大するとこんな感じ。

リュックの下側(写真でいう右側)の口を思いっきり縛ります。

反対に向けるとこんな感じに。最後は余った紐をどこかに収納します。

使い方に関しては以上です。

サイズ感

上記の写真を見ると「少し大きいんじゃない?」と思われるかもしれません。

が、ちゃんと紐を縛るとフィットするような作りになっているので、大きくてぶかぶかで隙間から雨が入る・・・ということはありません。

MEMO
と言っても、背負っているとリュックと背中の隙間から水が多少は入りますけどね。

紐を縛った状態がこちら。

前面がこちらです。

横から見るとこんな感じ。

上記にも書いた通りなのですが、背中側の隙間から多少の水は入りますので「完全防水」とは言えませんね。

あと、私のリュックが26Lなので、Mサイズ(25〜35L)を買いましたが、これだと少し大きいぐらいです。

「Sサイズでも良かったなあ〜」なんて思っちゃったり。

使用感

使用感ですが、はっきり言って取り付けるのが面倒です。

ものの数分で付けられますが・・・いちいち直したり付けたりするのは面倒ですね。

その手間が嫌な人は、縛る口がゴムのようになっているものを選びましょう。

そうすると、いちいち長さを調節したり隙間を埋めるために紐を縛ったり・・・という手間がなくなりますし、もっとフィット感は上がると思います。

防水性能

肝心要の防水性能に関してですが、まず、レインカバーをちゃんと付ければリュックの中が浸水する・・・ということはありません。

ただ、上記の通り多少の雨は入りますので、その点はご了承を。

とは言っても、レインカバーを付けるのと付けないのでは雲泥の差がありますので、リュックが濡れるのが嫌・もしくは自転車通勤の人は、ちゃんとレインカバーを付けることをお勧めします。

注意
特に、リュックの中にパソコンを入れている人は要注意です。というか、絶対にレインカバーを付けるべきです。

まとめ

というわけで、私が購入したマムートのレインカバーについてお話ししました。

ちなみに、リュックを買ったときに店頭で売られていたレインカバーは別のタイプで「真っ赤」でした。

「流石にこの色は・・・」と思ったのでその時はレインカバーを買いませんでしたが、ネットで青色を見つけることができたので良かったです。

MEMO
この真っ青のレインカバーも目立ちますが、真っ赤なレインカバーはもっと目立っていましたので。きゃりーぱみゅぱみゅが道路のど真ん中で踊っている・・・そんなイメージ。
・・・違うか。笑

ちなみに「真っ赤なレインカバー」がこちら。

Amazon公式サイト

・・・ね。

目立つでしょ??

もちろん、好き好みがあると思いますので、もしあなたが真っ赤なレインカバーが好きなのであれば、こちらでも大丈夫です。

防水性能は変わりませんからね。

正直な感想

レインカバーから少し話が逸れてしまうのですが、以前使っていた「森野帆布 x SEAL ビジネスバッグ」は完全防水といっても過言ではないぐらいの防水性能を備えていました。

Amazon公式サイト

そもそもが「タイヤのゴムチューブ」と「船舶用の防水シート」で出来ているものであり、チャックなどもに止水チャックが使われているというこだわりっぷり。

きちんとチャックを閉めておけば水が入ることはありませんでしたし、土砂降りの雨の中リュックを背負っていても中が濡れたことは一度もありませんでした。

いちいちレインカバーを付けるのが面倒ではあるので、正直にいうと「もっと防水性能の高いリュックを買えば良かったなあ」というところです。笑

もちろん、マムートのリュックは容量が大きいので気に入っているんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)