人付き合いも人間関係もミニマルでいい

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

いきなりですが、あなたの人間関係はミニマルですか?

今回は、私が人付き合いをする上で意識していることや、過去から今に至るまで(ミニマリストになるまで)の思考の変化についてお話しします。

付き合いが多いと嘘の自分になる

昔は色んな人と仲良く、、ということを意識していました。

ほとんどの大人から「人付き合いは多い方がいい」と教わって来ましたし、何より周囲の人が自分のところに寄って来て悪い気分がしなかったので。

それに、実際に顔繋がりが広いおかげで自分が助けられたことも何度かありました。

でも・・・ある日気がつきました。

色んな人と付き合う、そのためには常に「本当の自分」ではなく、どこかで「嘘の自分」を意識してしまっていることを。

そして、嘘の自分でいると、いつも以上に疲れてしまうことを。

昔は趣味でとある団体に入って活動していたのですが、その時も「本当はこう思っているし、こう言いたい。でも、本音を言ってしまうと繋がりが・・・」と、常に自分の中で葛藤がありました。

MEMO
自分は妥協しないタイプの人間なので、本音で言ってしまうとほとんどの人が自分から離れていきます。
どこかでそれを恐れていて、気がついたら常に「嘘の自分」でいるようになったというか。

常に嘘をついているわけなので、しんどくて当たり前ですよね。そんな自分に嫌気がさしていました。

が、ちょうどその頃にミニマリストという言葉を知りました。

ミニマリスト=物が少ない、というイメージしかありませんでしたが、実は物が少ないだけでなく、思考回路もミニマル、中には人間関係もミニマル、という人もいるということを知りました。

ミニマリストになろうと決意し、物を減らして言った一方で、今は人間関係もミニマルにしています。

なので、ぶっちゃけ好き嫌いが超激しいです。

嫌いな人には本当に必要最低限しか関わらない(仕事上でやむなく、と言った感じ)のですが、自分が尊敬する人に対しては気持ち悪いほど寄っていきます。それもごく少数ですが。笑

ミニマリスト=常に本当の自分で居られる

私の例をお話ししましたが、私は「ミニマリスト=常に本当の自分で居られる」と思っています。

例えばですが、多くの人は自分を良く見せようと、おしゃれをします。

高価な腕時計をつけてみたり、かっこいいスポーツカーに乗ってみたり、おしゃれな部屋に住んでみたり。

でも、それは「本当の自分」ではなく、物に頼って着飾った「嘘の自分」だと思うんですよね。

ミニマリストの佐々木さんが「ミニマリストになって自分の意見がはっきり言えるようになった」とあるように、やはりミニマリストになることで、嘘の自分ではなくありのままの自分で居られるようになると言うか。

例えば服に関してですが、基本的にミニマリストは毎日同じ服装です。

毎日違った自分を演出しようとはあまり思っておらず、逆に「私はいつもこの格好です。こういう人間です。」と堂々と生きているようなイメージです。

なので、毎日同じ服を着ます。でも、その服は厳選して選んだ、いわゆる自分の「最高のお気に入り」であることがほとんどです。

[itemlink post_id="604"]

付き合いもミニマルでいい

少し話が逸れてしまいましたが、私は常に「本当の自分」でいるようにしています。

それで私のことが気にくわないのであれば、それは価値観が違うことなので仕方がないことですし、無理にこちらに合わせようとしてもらう必要もないと思っています。

それよりも、本当の自分で居られる、常に本音をぶつけ合えるような仲の人がいた方が絶対にいいです。

なので私は、人付き合いの上では「広く浅く大勢の人と付き合う」よりも「狭く超深くごく少数の人と付き合う」ことを鉄則にしています。

嘘っぱちで人付き合いをしていても、良いことにはならないですからね。自分が疲れるだけですし。

そんなことで精神をすり減らすのは、ただの時間の無駄です。

一度しかない人生の貴重な時間を、ただ精神をすり減らすために使うのって、とんでもない無駄だと思いませんか??

P.S.

最後に、私はいろんな記事で「お酒が弱いのであまり飲み会にはいかない」と書いています。

新入社員研修では「飲み会は断るな!誘われたら絶対に行け!先輩や上司にはお酒を注いでおけ!」と教わりました。が、ぶっちゃけその言葉が自分の役に立ったかと言われると、大して思いません。

「飲み会でざっくばらんに話ができたから、仕事も円滑に進められるようになった」と感じたことは多少はあります。が、大したことではないです。

そもそも、どうでもいい人と飲み会に行ったところで、ただお金と時間を無駄にするだけです。

人間関係を意識し始めると、余計にそう感じるようになりました。

飲み会が終わった後も「この2〜3時間で何ができたかなあ」とか「この3000円で何ができただろうか」とか、そんなことを思うようになりました。

それに、飲み会に行くとつい愚痴を吐いてしまうので、そうした機会をなくすためにも、飲み会には行かないようにしています。

行くとしたら、本当に尊敬する人と2〜3人で行く程度ですね。

永遠に理解できない
仕事終わりに毎日居酒屋に行く、という人の気持ちがいまだに理解できません。
自分がお酒が弱いからかもしれませんが、そもそもお金が勿体無いし、体にも良くない。
「スッキリするし明日から仕事も頑張れる」という人もいますが、別に家でリフレッシュしたら十分。自分はYouTube見てる方が百倍良いです。娯楽動画を見るだけでなく、色んな勉強にもなりますしね。
それが「俺の場合は酒なんだ!」というのなら、それは自分とは違う価値観なので別に仕方がないことですし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)