ミニマリストがアルミパンを買ってみた

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

前回の記事で少しお話ししましたが、料理好きである私は鉄のフライパンとアルミのフライパンを購入しました。

こちらの記事で鉄のフライパンに関してはお話しましたので、今回の記事ではアルミパンについてお話します。

ミニマリストが鉄のフライパンを買ってみた

なお、初めに言っておくと料理好き(特にパスタ系が好きな人)ではない限り、別にアルミパンはなくてもいいかと思います。

アルミパンのメリット

まずはじめに、アルミパンを使うメリットについてお話します。

熱伝導性が高い

鉄やテフロン加工のフライパンと違って、アルミパンは熱伝導性が非常に高いです。

なので、食材をすぐに温めたい時は火力を上げればすぐに温まりますし、逆に冷ましたい時は火を弱めるか火から離せば割とすぐに熱が逃げていきます。

例えばですが、すぐに料理を煮詰めたい時なんかも、テフロン加工のフライパンよりもアルミパンの方が優れています。

温度変化に敏感な料理をするのに向いていますね。

メンテナンスが楽

鉄のフライパンと違って、普通に洗剤でゴシゴシ洗えます。

この辺りはテフロン加工のフライパンでも同じことですけどね。

ただし、水分を嫌うので、洗った後は水分をきちんと拭き取っておかないと黒ずんできます。(体に与える害はないです。見た目の問題。)

アルミパンのデメリット

次に、アルミパンのデメリットについてお話します。

蓄熱性は高くない

熱伝導性が高いとお話しましたが、これは裏を返すと蓄熱性が低いと言えます。

なので、高火力で常に調理する料理(主に中華)や、じっくりと火を通す料理(ステーキを焼くなど)なんかにはあまり向いていません。

とにかく食材がくっ付く

油を引いても食材がくっ付きます。

なので、肉を焼くときや魚を焼くのも向いていません。

MEMO
私は色々調べた上で買って使いましたが、何も調べずにいきなり「よしっ!肉を焼こう!」と意気込んで油を引いて肉を焼くと・・・とんでもないことになります。泣

炒める系の料理に関しては、鉄のフライパンやテフロンのフライパンを使いましょう。

使える料理が限られる

「じゃあ何の料理を作るときにアルミパンを使うの??」という疑問が生まれますよね。

その答えですが、主にパスタなどのソース・オイル系の料理に向いています。

というか、ほぼパスタ専門のフライパンといっても過言ではありません。(これはマジで過言ではない。笑)

MEMO
イタリア料理店ではアルミパンを使っていることがほとんどですが、和食料理や中華料理でアルミパンを使っているお店はまずないでしょう。

なので、冒頭でもお話した通り、あなたが相当な料理好き・かつ相当なパスタが大好き人間でない限り、アルミパンを買う必要はないでしょう。

私のように「毎日パスタでも全然食べれる」という人間でない限りは・・・笑

AKAO DONシリーズ アルミフライパン

メリット・デメリットを理解したところで、今回私が購入したアルミパンをご紹介します。

「AKAO」というブランドの、DONシリーズのアルミフライパンです。

Amazon公式サイト

シンプルなアルミパンという感じで、無骨なデザインがとてもお洒落です。

というわけで、実際の写真を見ていきましょう。

実際の写真

しばらく購入したアルミパンの写真が続きます。

こちらがアルミパン。と、パスタ料理だけでなく何かと使えるトング。

このシルバーの光沢がとてもお洒落です。無骨なデザインも良いですね!

取っ手はこちら。詳細は後ほど・・・

私が購入したのは24cmですが、もう少し大きいぐらいでも良かったです。

鉄のフライパン同様に、ちゃんと取扱説明書が付属されています。

裏面にもびっしりと書かれてあります。

鉄のフライパンと並べて撮影。「これで毎日料理したくなる」・・・といったら過言。笑

 

実際に使ってみた感想

実際に使って見た感想ですが、

  • もう少し大きいサイズで良かった
    以前使っていたのが26cmだったので、少し小さく感じました。
  • 取っ手が熱くなる
    どうしようもありませんが、しばらく経つと素手で持てないぐらい取っ手が熱くなります。布巾やタオル・ミトンが必要。
  • パスタ(パスタソース)を作るのには向いている。が、肉を炒めるとすぐにくっ付くので、油を多めに引いたほうがいい。

こんな感じですかね。

ちょっとした料理人になった気分で料理ができるので、毎日の料理が楽しくなることは間違いありません。

が、そこまで料理する頻度がないのであれば、アルミパンではなく鉄のフライパンを買ったほうがいいでしょう。

万能性で言えば、確実に鉄のフライパンですからね。

Amazon公式サイト

P.S.

最後に、一緒に購入したトングも少しだけ。

普通のトングです。どこでも売っていると思います。

パスタ料理を作るときだけでなく、肉を焼くときなどにも大活躍するトングですが、これは本当に便利です。

私は今のところパスタを作るときにしようしていますが、菜箸で調理するのと比べると、比較にならないぐらい楽チンです。(食材を掴む時、パスタを掴む時、盛り付ける時。)

Amazon公式サイト

アルミパン同様、ちょっとした料理人になった気分で料理できるので、優越感に浸ることはできます・・・笑

が、実際に使える場面が非常に多いので、一つあっても困ることはないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)