ミニマリスト御用達の「吊るす系の収納術」

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

私の家では「服をたたんでどこかに置く」という習慣がほぼありません。

基本的には服はハンガーにかけているか、下着類や小物は「吊るせる収納」に入れています。

また、その他の小物類に関して、可能な限り「床に置かない」ということを意識しています。

今回は、吊るせる系の収納のメリット・デメリット、それから実際に私が使っているアイテムを紹介します。

吊るす系のメリット

まず、吊るす系の収納を使うとなぜ良いのか?というと、床に置くわけではないので床が見える面積が大きくなりますよね。

そうすると、部屋が広く見えます。

また、床が見えていることで、掃除機をかけるのがとても楽チンになります。

当たり前の話ですが、掃除機をかける際に床に物が置いてあると、そのものを動かさないといけませんよね。

大きな家具を置いていると簡単には動かせないので、その場所は掃除ができなくなります。

そうした掃除をする時のストレスが無くなります。

吊るす系のデメリット

デメリットですが「吊るす」ということは、どこでも設置できるというわけではありません。

吊るすための棒がないといけませんからね。

その点、床に置くだけならどこでも置くことはできるので、吊るす系のデメリットであるとも言えます。

吊るせる収納

それでは、私が使っている無印良品の吊るせる収納をご紹介します。

まだ使い始めてそこまで経っていないので、試行錯誤しながら「この使い方がベストだ!」というのを模索しているところです。

とは言っても、意外と収納スペースがあるので便利ではありますけどね。

まずはこちら。小物入れとしてカーテンレールに掛けています。

日頃から使う手袋やカードケースを入れています。

まだまだスペースが余っています・・・

 

続いてがこちら。

インナー類を収納しています。
脱衣所に設置してある突っ張り棒に掛けています。
こちらはチャック付きのものです。

吊るすための突っ張り棒

次に、吊るすために必要な平安伸銅工業の突っ張り棒をご紹介します。

こちらはこれまでのブログでも何度も紹介していますが、この「平安伸銅工業」の商品は突っ張る力が超強力で、100均で売っているものとは格が違います。

まずはこちら。
脱衣所の上の方に設置しています。洗濯→浴室乾燥機で乾燥→この突っ張り棒に掛ける
というのがルーティーンです。
次がこちら。
脱衣所のものを置くスペースの下に設置しています。
下着類の吊るせる収納等を掛けています。
注意
突っ張り棒はどれでもそうですが、どこまでも伸ばせるわけではありません。設置する場所の幅をきちんと測って、サイズが合ったものを購入しましょう。
注意
平安伸銅の突っ張り棒は非常に強力なので、突っ張りすぎると壁を押し込んでしまう・・・ということもあります。特に賃貸の方は、突っ張り過ぎには注意しましょう。

気になった方は是非試してみてくださいね。

吊るせる収納は私もお試し中というところですが、突っ張り棒に関しては愛用中のレベルに達しています。笑

吊るせる収納

突っ張り棒

最後に:他のタイプの吊るす系

無印良品以外にも、こうしたタイプのものもあります。

この写真にも写っている通り、私も実際にニトリで買ったものを試していますが、こちらは微妙に使いにくいです。

何と言いますか、衣類の出し入れがしにくいと言いますか・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)