ミニマリストは災害に強いのか??

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

台風19号の影響から約1週間が経過・・・関東方面の方、大丈夫でしょうか。

今年は大型の台風が何度も直撃してしまい、とても大変な当たり年でしたね。

そんな中、このようなツイッターがありました。

論点は「ミニマリストは災害に強いのか??」という点ですね。

私自身、これまでに大災害に見舞われたことがなかったので、あまり意識はしていませんでしたが・・・

ここ数年は地震だけでなく台風や大雨の災害も続いていることから、そろそろ意識を変えないといけないなあ・・・と感じるようにもなりました。

なので、今日はこの点について私なりの考えをお話ししたいと思います。

持ち物が少ない=災害時には強い?

まず「ミニマリストは災害に強い」という方の意見としては、

ミニマリストは持ち物が少ないのですぐに必要なものだけ持って逃げることができる

ですかね。

これは私も実感するところがあって、例えば「避難してください」と言われたとしても、必要なものをすぐに取り出して逃げることができます。

ものが少ないということもありますが、家の中でどこに何があるのかを把握できているためです。

なので、いざという時もさっと準備して避難する・・・ということはできるでしょう。

MEMO
しかしながら、緊急避難時に準備する余裕なんて無いんでしょうけどね。

また、ミニマリストはいろんなものに固執しているわけでは無いので、避難するときも「ああ、これも持って行きたいのに・・・」みたいに後ろ髪引かれるような思いはしなくて済むと思います。

ストックが少ない=災害時には弱い?

続いて「ミニマリストは災害に弱い」という意見ですが、

ミニマリストはストックを持たないのでいざという時に困る

でしょうか。

これもまた私自身が実感することですが・・・

例えば、今回の台風19号の際は、コンビニに行っても食料が買い占められており、スーパーなどでも同じようなことが起こって、必要な食料を調達・買いだめするのが難しい状況であったと聞きます。

水などもそうですが、インフラが停止してしまうと水が使えなくなってしまうので、水を貯めておくという人もたくさんいました。

それ以外にも、ガソリンスタンドなんかも大行列・・・台風が過ぎ去ってからでは遅いので、台風が来る前にガソリンを満タンにしておこう、とみんな同じことを考えたからですね。

ストックを持つのを嫌うミニマリストからすると、災害時などの「いざという時」には弱いんじゃ無いのかなあ・・・と感じました。

ペットボトルの水をやめて浄水器を使っている私ですが、もし仮に水道が止まっていたとすると、浄水器はただの置物にしかなりません。

この時ばかりは「ペットボトルの水にもメリットがある」と感じました。

ミニマリストの必需品:浄水器

防災グッズは備えておくべき

結論から言うと、ミニマリストは災害に強いか?強くないか?で言うと・・・

どっちでも無いと思います。笑

考え方次第・・・と言うところですかね。

ただ一つだけ言えることは、もはや日本に住んでいる時点で自然災害に直面する可能性は低く無いと言うことです。

なので、私自身も含めて、これを機に災害グッズなどを揃えておくべきなのかなあ、と思います。

自然災害の多い日本において、万が一を想定した準備はもはや必須。いつ起きるか分からない災害に対し、事前の対策・準備はもはや日本では必須と言えるでしょう。しかし、事前準備をしようにも、何をどうすべきなのか、いまいち分からないのも正直なところ。山善では、災害時に安全な場所へ身を寄せる為の「一次避難」に着目しました。危険な場所から逃れる為の準備ですので、重たくて大きい物は避け、なるべく最小限の必要物資をこのバッグに詰め込んでいます。

以前こちらの記事で「いつか使うかも」と言う「いつか」は絶対にこない・・・と言うこともお話ししております。

「いつか使うかも」は本当に使うタイミングが来ない件

しかしながら、この記事内でもお話ししている通り、災害グッズなどは別物だと考えています。

そもそもの目的が「いざという時のために」ですからね。

これを機に、あなたも防災グッズを持っておきましょう。

P.S.

防災グッズを調べていた際、寝袋なども検索結果に表示されていました。

ミニマリストの中には布団ではなく寝袋を使っている人もいますし、中には「寝具なし」と言う人もいます。

そう考えると、もし災害があってもミニマリストは「どこでも寝れる」的な感じであり、災害には強いのかなあ・・・とも感じました。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Twitter
Feedly
SHARE