ミニマリストのインテリア:おしゃれのコツ

オシャレなインテリアにしたいけどなかなか思い通りにならなくて・・・

どんなインテリアにしたらオシャレな部屋になるの?

なんかミニマリストのインテリアってオシャレじゃね?キヒヒ・・・

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

(私の部屋はさておき)ミニマリストの部屋ってなんかオシャレですよね?

私も昔はインテリアの写真を見ては模様替えをしておりましたが、その時もなぜかミニマリストの部屋をよく見ていました。

というのも「シンプル インテリア」とか「シンプル 部屋」と検索すると、高確率でミニマリストの部屋が出てくるからです。

独房と言えるレベルのミニマリストの部屋。でもなぜかオシャレ。

ということで、今回の記事ではミニマリストのインテリアのようにオシャレに見せるコツについてお話しします。

オシャレに見せるコツその1:ものが少ない

いきなりミニマリストっぽいことを書いてしまいますが、ミニマリストの部屋がオシャレに見える理由は何と言っても「ものが少ない」ということです。

例えばですが、アパレル店で店いっぱいに服が並べられているよりも、広いスペースに少しだけの服がディスプレイされている方がオシャレですよね?

(ブランド店なんかはまさにそうです。)

あと、フランス料理もそうですが、大きなお皿の上にちょこっとだけ料理が乗っている・・・あれもまさしくそうです。

一見すると「なぜそんな大きなスペースにちょっとだけ?」と思ってしまいますが、これは適度な余白を見せることで部屋を美しく見せているのです!

なので、もしあなたが部屋をオシャレにしたいと思っているのなら、まずは物を減らしましょう。

オシャレに見せるコツその2:色合いが少ない

次の理由ですが、ミニマリストは持ち物の色合いが非常に少ないと言えます。

部屋全体のものが少ないこともありますが、カラフルにしていないといいますか、少ない色合いで家具を配置したり物を揃えていると言えます。

私の場合は服が該当しますが、持っている服の色合いといえば「白・黒・紺・グレー」ぐらいです。笑

カラフルなものや柄入り(スーツは除く)のものは持っておらず、単色で一見すると地味なものばかりです。

その代わり、いつも履く靴なんかは良い値段がするものですし、赤茶色という少し目立つ色です。

これが「シャツは黄色、ズボンは緑、靴は赤茶色」みたいなド派手な色ばかりだととんでもないセンスの持ち主だと思われてしまいますが(笑)、ある1点を除いて目立たない色合いにすることで、とてもオシャレに見せることができます。(自分でいうな!)

インテリアもそうで、白を基調とした部屋にワンポイントで色付きのもの(例えば赤茶色の家具など)を入れることで、とてもオシャレな雰囲気になります。

オシャレに見せるコツその3:シンプル

次の理由が「シンプル」ですが、ミニマリストは基本的に(デザイン的に)シンプルなものばかり持っています。

典型的な例で言えばApple製品なんかまさにそうです。

MacBookの場合は、あのつや消しのアルミの質感のシルバー色、ガジェット好きの私としては男のロマンを感じる商品ですが、例えばインテリアの写真で何もない机にMacBookが写っていたらとてもオシャレじゃありませんか??

シンプルで良いものは、変な装飾は必要とせず、ただその場にあるだけでひときわ存在感を放つものです。

この写真がまさしく!見ているだけで「オシャレだ!」と興奮してきます・・・笑

MacBookを例にお話ししましたが、基本的には部屋に置く家具、キッチンに並べられるお皿やフライパン、シンプルなもので統一されている方がオシャレに見えます。

ただ、シンプルの中にほんの少しだけ「派手さ」があるものもオシャレです。

私が愛用していたブランドのポールスミスがそうなのですが、一見見た目は黒い地味なものの中をひらけばあのド派手なストライプ柄・・・これもオシャレに見えます。

インテリアで言えば、先ほど書いた「ワンポイント色付きのものを」に似ていますね。

オシャレに見せるコツその4:木を取り入れる

その次が「木を取り入れる」です。

私たち人間は、木を見るとなぜかとても落ち着くようになります。

また、その中で「自然なオシャレ」というものを感じる生き物です。

住宅展示場に行っても、なぜか「木造建築の家ってオシャレ」と感じてしまいます。

なので「木造の家に住め!」とは言いませんが、部屋の中に木もしくは木目調の物を取り入れましょう。

無印良品のパイン材のテーブルなどもそうですが、木目調のものはよく販売されていますし、それを置くだけでオシャレに見えますからね。

公式サイト

ただ、注意点としては「買うならメーカーを統一した方がいい」ということです。

同じような商品でも、メーカーによって微妙に色合いが違ったり、木目が少し違っていることがほとんどです。

いろんなメーカーでいろんな種類の家具を買い揃えると、同じ色のものを買っているつもりなのになぜかチグハグなデザインに見えて、逆にダサくなってしまいますからね。

まとめ

というわけで、ミニマリストの視点で部屋をオシャレに見せるコツをお話ししましたが、いかがだったでしょうか?

今回の記事を簡単にまとめると、

オシャレに見せるコツその1:ものが少ない

例えば、アパレル店で店いっぱいに服が並べられているよりも、広いスペースに少しだけの服がディスプレイされている方がオシャレに見える。(ブランド店はまさにそう)

フランス料理も大きなお皿の上にちょこっとだけ料理が乗っていて、一見すると「なぜそんな大きなスペースにちょっとだけ?」と思うが、これは適度な余白を見せることで部屋を美しく見せている。

オシャレに見せるコツその2:色合いが少ない

ミニマリストは持ち物の色合いが非常に少ない。カラフルにしておらず、少ない色合いで家具を配置したり物を揃えている。

インテリアも同じで、白を基調とした部屋にワンポイントで色付きのもの(例えば赤茶色の家具など)を入れることで、とてもオシャレな雰囲気になる。

オシャレに見せるコツその3:シンプル

ミニマリストは基本的に(デザイン的に)シンプルなものばかり持っている。典型的な例で言えばApple製品。

シンプルで良いものは、変な装飾は必要とせず、ただその場にあるだけでひときわ存在感を放つ。

インテリアで言えば、先ほど書いた「ワンポイント色付きのものを」に似ている。

オシャレに見せるコツその4:木を取り入れる

人間は木を見るととても落ち着き、その中で「自然なオシャレ」を感じる。なので、部屋の中に木もしくは木目調の物を取り入れるべき。

ただ、買うならメーカーを統一した方がいい。同じような商品でも、メーカーによって微妙に色合いが違ったり、木目が少し違っていることがほとんどだから。

という感じです。

あなたもミニマリストのインテリアに興味があるのなら、今回書いたことを取り入れて実践してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)