私服の制服化:ミニマリストのシンプルな服装を強くオススメする理由

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

これまでのブログでも何度もお話ししていますが「服を選ぶ時間」ってすごく勿体無いですんよね。

なので、ほとんどのミニマリストは「私服の制服化」を実践することで「服を選ぶ時間」を無くすと同時に、組み合わせなどを考えなくて済むようにシンプルなデザインのものを着ています。

私も「私服の制服化」まではいかないものの、ほぼ私服の制服化に近い状態です。

毎日同じ服着るんでしょ?飽きるだろうし変な目で見られない??

最初はこう思うかもしれません。

また、周囲から「お前いつも同じ服着てるよな」みたいなことを言われないか・・・と心配になるでしょう。

しかし・・・そんな心配は最初のうちだけです。

何より、他人がいつどんな服を着ていたかなんて、相当あなたのことが好きな人でない限り覚えていないものですからね。笑(人間の記憶力なんてその程度)

なので、心配する必要は一切なく、むしろ毎日同じような服を着るという「手軽さ」にはまってしまうと思います。

今回の記事では私服の制服化についてお話しするとともに、ミニマリストのシンプルな服装を強くオススメする理由についてお話しします。

私服の制服化とは?

私服の制服化って何??

こんな疑問をお持ちのあなたのためにお話ししておくと、私服の制服化とは、その名の通り「私生活で着る服装を制服のようにしてしまう」ということです。

例えば、仕事の服や作業服、学校の制服って、それぞれ決まったものがあって、毎日決められた同じ服を着ているのが普通ですよね?

私服の制服化とは、私服を制服と同じように毎日同じものを着るようにするということです。

例えば、ミニマリストしぶさんは毎日「ヘインズの白TシャツとGUのストレッチスキニーパンツ」という服装です。

このように毎日同じ服装をすることを「私服の制服化」と言います。

MEMO
寒い時期になればカーディガンやダウンを羽織る・・・という感じですね。

毎日同じ服を着るという手軽さ

冒頭でもお話しした通り、普通であれば「毎日同じ服を着るなんて・・・」と、少し抵抗があると思います。

  • 毎日同じ服を着ていたら飽きるんじゃないか
  • 周囲から変な目で見られんじゃないか

こうした心配があることでしょう。

しかし、これも冒頭でお話ししましたが、他人の誰かがいつどんな服装をしていたかなんて記憶に残っていないものです。

あなたの服装なんて誰も興味ない
あなたもそうだと思いますが、会った人がどんな服装をしていたかなんて、いちいち覚えていませんよね?

それと同じことで、(言い方が悪いですが)あなたの服装なんて誰も興味ないのです。笑

そんな心配をする以上に、毎日同じ服を着るというのはとても手軽なことであり、その楽チンさにはまってしまうようになります。

毎日同じ服を着るということは、洗濯が終わっている服を上から順に取ってもどれを取っても、家にあるものどれかを着れば同じ服装になるということですからね。

何より「今日何を着るか」と悩む時間が減るのはとても大きいです。

おしゃれな人の場合は「今日は何を着て行こうかな・・・」と、服と鏡とにらめっこしてしまっていると思います。

そうした時間って、何の生産性も無いとても無駄な時間なんですよね。

私服の制服化をすることで、そんな「服を選ぶ」という無駄な時間をすっきりなくすことが出来ます。

シンプルな服だからこそ飽きない

次の心配事として「毎日同じ服を着ていたら飽きるんじゃないのか?」という点。

そもそも論ですが、シンプルなものは飽きません。

例えばですが、柄物や流行りの財布は時期が過ぎたら一気に冷めてしまうものの、シンプルな真っ黒の財布なんかは全く飽きることがありません。

「流行」とか「飽きる」という概念がないからですね。

これは服装にも全く同じことが言えるのですが、シンプルな服装をすると飽きないものです。

ミニマリストしぶさんの服装でいえば「上は白いTシャツ、下は黒いズボン」という、超絶シンプルなモノトーンファッションですが、こうしたシンプルな服装は飽きる要素がありません。

ちなみに、私の服装は

というとですね・・・

  • 夏場:上は黒か紺かグレーのTシャツ、下は黒か紺のジーパン
  • 春秋:上は白シャツ、下は黒か紺のジーパン
  • 冬場:白シャツとジーパンに、黒のウルトラライトダウンか黒いマウンテンパーカーを羽織る

こんな感じですが、どの服を選んだとしてもおかしな組み合わせにならないようになっています。

なので「今日は何を着ようか」と迷うことがありません。

冬場に至っては、ほぼ黒のマウンテンパーカーを羽織っていることがほとんとです。

夏場のTシャツはそれぞれ違う色ですが、そうは言っても柄物等ではないので、とてもシンプルなものです。

このように、シンプルなものは飽きないだけでなく、どんな組み合わせであろうといい感じになるというメリットもあります。

MEMO
「あいつまたあのパーカー着てるよ。しかもジーパンもいつも同じだし。」なんて言われないか・・・と心配になるかもしれませんが、今のところそんなツッコミを入れられたことはありません。

周囲のみんなは自分の服装なんて気にしていない・・・ということですね。笑

毎日が「自分の最高の状態」に

最後に、私服の制服化をするということは、簡単に言うと「毎日の自分の服装を1種類に絞る」ということです。

なので、その1種類に多くのお金をかけることが出来ます。

MEMO
極端な話、1万円の予算だったとすると、

  • 10着服を買う(1着1000円)
  • 1着服を買う(1着10000円)

であれば、後者の方がお金をかけることが出来ますよね?

なので、あなたが大好きなブランドでで、とてもお気に入りのデザインで、かつ普通に服を買うよりも高いものを買うことが出来ます。

そして、私服の制服化をすると言うことは、毎日自分のお気に入りの服を着ている状態ですから、毎日最高の状態でいられると言うことでもあります。

普通であれば「今日はデートだから勝負服で行こうかな」みたいなことを考えながら服を選ぶと思いますが、私服の制服化をするとそうした概念がなくなるので、言わば「毎日が勝負服」と言う状態です。

いつどこで誰に出会っても、常に自分の最高の状態・・・これってとても気持ちがいいことなんですよね。

まとめ

と言うわけで、今回の記事では私服の制服化と、ミニマリストのシンプルな服装を強くオススメする理由についてお話ししました。

今回の記事を簡単にまとめると・・・

私服の制服化とは?

私服の制服化とは、その名の通り「私生活で着る服装を制服のようにしてしまう」ということ。仕事の服や作業服、学校の制服は毎日決められたデザインのものを着るが、私服もそれと同じように制服のように毎日同じものを着るようにする。

 

毎日同じ服を着るという手軽さ

最初は「毎日同じ服を着るなんて・・・」と抵抗があるかもしれないが、そもそも他人の誰かがいつどんな服装をしていたかなんて記憶に残っていない。「今日会った人がどんな服装をしていたか」なんていちいち覚えていないはず。そんな心配以上に、毎日同じ服を着るというのはとても手軽なことであり、私服の制服化をすることで「服を選ぶ」という無駄な時間を無くすことができる。

 

シンプルな服だからこそ飽きない

シンプルなものは飽きない。シンプルなものは「流行」とか「飽きる」という概念がない。また、シンプルなものは組み合わせを気にする必要もない。シンプルなものは飽きないだけでなく、どんな組み合わせであろうといい感じになるというメリットもある。

 

毎日が「自分の最高の状態」に

私服の制服化をするということは「毎日の自分の服装を1種類に絞る」ということであり、1種類に対して多くのお金をかけることが出来る。大好きなブランド、とてもお気に入りのデザイン、かつ普通に買うよりも高いものを買うことが可能。そして、毎日自分のお気に入りの服を着ていると言う状態なので、毎日最高の状態でいられる=毎日が勝負服と言う状態。

こんな感じです。

ほとんどのミニマリストが実践している「私服の制服化」ですが、何度も言っている通り、最初は抵抗があるかもしれませんが「最初だけ」です。

というか「毎日同じ服を着るなんて」というのは自分の中での心配事でしかなく、周囲の誰かが常にあなたの服装を監視しているわけでもないですからね。笑

MEMO
もしあなたがアパレル業界勤務で「毎日服装をチェックされている」というのであれば話は別です。

何より「毎日着る服を考えなくていい」ということと「毎日が勝負服であり、常に最高の状態で居られる」ということが最大のメリットだと思います。

いちいち勝負服なんか考えなくても、家にある服を着ればそれが勝負服になる。

とっても気持ちがいいことですし、余計なことを考える時間も無くなります。

これを機に、あなたも私服の制服化をしてみてください。

なお、私服の制服化をするにあたって、できればシンプルな服装を選ぶようにしましょう。(柄物でもいいのですが、そのうち飽きるか組み合わせ云々を考える必要が出てくるのでオススメしません)

P.S.

夏場に来ているTシャツですが、そろそろくたびれてきたので買い換えようと思っています。

せっかくの機会なので、次に買うときは3着か4着全て同じ色・同じ型にしようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)