ミニマリストの断捨離メソッド:衣類編

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

今回は「ミニマリストの断捨離メソッド:衣類編」と言うことで、衣類の断捨離方法についてお話しします。

概要については、前回の記事をご参照ください。

ミニマリストの断捨離メソッド

3~4日分あれば十分!

前回の記事でも書いた通り、まず大前提として、3~4日分着られる服があれば生活する上で困ることはありません。

もしあなたが「アパレル業界で働いていて、1週間毎日違う服を着ないといけない」と言うのならば話は別ですが、そうでなければ4着あれば十分です。(私は肌着が4SET、服が3SET)

なので、まずは3~4着になるように手持ちの服を絞っていきます。

手順1:全ての衣類を並べる

まず、一度全ての衣類を並べてみます。

「今日はシャツ」「今日はパンツ」みたいにやっていくと、全体の衣類の数が把握しにくくなるので、できれば一気にやってしまいましょう。

MEMO
これは衣類だけでなく、どの項目でもそうです。

一度服を並べてみたら、

  • 1年以上着ていない服
  • 3ヶ月以上着ていない服
  • ずっと着ている服

に分類してみます。

ただし、「今は冬場だから夏服を半年ぐらい着ていない」という、季節特有の理由は例外です。

人によるとは思いますが、こうして服を並べてみると、意外と着ていない服やずっと放置していた服が多いことに気がつくはずです。

手順2:1年以上着ていない服を断捨離

それができたら、まずは1年以上着ていない服を断捨離していきます。

「高かったのになあ」とか「せっかく限定品を買ったのに」と思うかもしれませんが、1年以上着ていないと言うことは、おそらく今後一切着ることがないでしょう。

なので、思い切って断捨離してください。

なお、服はメルカリで売りやすいので、ただ捨てるのではなく、メルカリなどのオークションに出品してもいいです。それか、知り合いにあげるのでも良しですね。

それでもまだ「捨てるのが勿体無い」と思うなら、試しに明日からその服を毎日来てください。

そして「やっぱり自分にはこの服がぴったりだ!」と思うならば着続ければいいですし、「全然似合わない」もしくは「着たいと思わない」のであれば、思い切って断捨離しましょう。

なお、この時は「服」だけでなく、ハンカチやネクタイ、靴下や下着なども全て見直していきます。

MEMO
1年以上履いていないパンツなんて、今後一生履くことなんてありませんから。笑

手順3:3ヶ月以上着ていない服

次に、3ヶ月以上着ていない服です。

これは「1年以上着ていない服」とは違って、自分でも「持っていたなあ」と言う記憶があるはずです。

ただし、最近まで着ていたと言うことはなんらかの理由があってその服を着ていないはずです。

例えば「太ったから着れなくなった」とか「季節的に着れなくなった」とかですで。

季節服は仕方がないですが、「痩せた時に着る」と言う理由ならば、手放してしまいましょう。

痩せた時にまた新しいもの(より自分に似合うもの)を着ればいいのですから。

ここでの大事なポイントは「もしその服がお店で売っていたら、今すぐに購入するかしないか」です。

今すぐにでも購入するぐらいその服が好きであれば、その服は「お気に入り」に昇格しますし、そうではなくて「いつか着るかも」程度であれば、今後その服を着る機会はないでしょう。

手順4:ずっと着ている服

最後に「ずっと着ている服」です。

これはあなたのお気に入りと言える服です。

ただし、バリエーションが多すぎると、毎日着る服を悩んでしまいます。

なので、可能な限りバリエーションは減らしていったほうがいいです。

もしくは「このシャツにはこのズボンと上着」と言う感じで、その着方を決めてしまうならばOKです。

私の場合は「夏は白シャツとTシャツ」「それ以外は白シャツとジーパン」「冬はその上からダウンを着る」これだけです。

メンタリストDaigoさんのこちらの動画では「4日分の服がセットで準備されている」とお話しされています。イメージはこんな感じです。


ここで大事なのが「捨てるのが勿体無いし、気が向いたらいつか着るかもしれない」と思ってその服を取っておくことです。

「いつか」と言うタイミングが訪れることはありません。

なので、思い切って手放してしまいましょう。無ければ無いでなんとかするのが人間です。

そんな感じで、自分の持っている服を3~4SETに絞り込んでいきます。

MEMO
冬3SET、夏3SETみたいな感じでもOKです。

衣類は断捨離しやすい

昔持っていた服を数えたことはありませんが、おそらく100〜150着ぐらいはあったかと思います・・・

が、今では60着ぐらいになっています。

MEMO
靴やネクタイ、ハンカチやスーツなども全て含んだ数字です。ぶっちゃけ、スーツのセットを捨てたら10着ぐらい減るんですけどね。

衣類は断捨離しやすい(要る・要らないがはっきりしやすい)ので、やはり断捨離するならば衣類から取り掛かるのがオススメです。

なお、特におしゃれを気にしている人は「そんなに毎日同じ服を着ていて大丈夫かなあ」と思うかもしれませんが、99%大丈夫です。

自分が思っている以上に、周囲はあなたのことを見ていませんから。笑

なので、これを機に衣類を断捨離し、自分にとって必要なものだけにして、私服の制服化をやってみましょう!

次回は「ミニマリストの断捨離メソッド:本・書類編」です。

P.S.

衣類の数を減らす方法としては、季節関係なく着られるように心がけることです。

冬用のコートを夏場に着るわけにはいきませんが、例えば

  • 季節問わずに着られるシャツを持っておく
  • 肌寒い時期は少し羽織れるものを1着持っておく
  • 寒い冬のためにはコートを1着持っておく

と言う感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)