ミニマリストの断捨離メソッド:食器・調理器具編

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

今回は「ミニマリストの断捨離メソッド:食器・調理器具編」です。

前回の記事もご参照ください。

ミニマリストの断捨離メソッド ミニマリストの断捨離メソッド:衣類編 ミニマリストの断捨離メソッド:本・書類編 ミニマリストの断捨離メソッド:ガジェット・小物編

食器・調理器具

まず、この断捨離に関しては「一人暮らし」の方を基準に考えていきます。

もしあなたが二人暮らしならばこれが二人分になりますし、家族がいるとその人数分に増えていきます。

例えば、私が一人暮らしを始めた頃は実家から色んな調理器具を持ってきました。

その中で「お箸」が5SETぐらいありました。

でも、一人暮らしなので別に1SETあれば足りるし、「気分によってお箸の色を変える」なんてこともありませんでした。

そんなに大量にあっても誰か来るわけでもないので、2SETにしました。

基本的に1SETあればいい(毎回食べた後に洗い物をする)ですが、最悪、お昼ご飯の後に洗い物をしていなくてももう1SETあれば晩御飯も大丈夫です。(まあ、お箸を洗うなんて10秒あればできるんですけどね。笑)

それでは、詳細の手順についてお話しします。

手順1:持っている食器や調理器具を全て並べる

他のアイテムと同じ要領で、持っている食器や調理器具を全て並べます。

全て並べてみると、自分が思っているよりも数が多かったり、「こんなものも持っていたんだ」と思うようなものもいくつか出てくるはずです。

これらを全て見渡して、次の手順で「自分に本当に必要なもの」を厳選していきましょう。

手順2:お箸やスプーンなど

冒頭でもお話しした通り、お箸やスプーン、フォークは一人1SETあれば足ります。

まあ増やしたとしても一人2SETまでですかね。

調理の際に使った後でも、ささっと洗えば食べるときにも使えます。

10秒あれば洗えますからね。

手順3:フライパンや鍋

次にフライパンや鍋です。

  • フライパン
  • 卵焼き用のフライパン
  • ラーメン用のお鍋
  • 揚げ物用の鍋(小サイズ)

一時期はこんな感じでしたが、別に一人暮らしであれば、フライパン一つにお鍋が一つあれば事足ります。(料理に超絶こだわりのある方や、料理系のYouTuberなら話は別ですが)

手順4:お皿

お皿に関しても、昔は実家から持ってきたものやもらったもの、興味本位で買ったものがごちゃごちゃしていました。

が、統一感がないので、ほぼ全てのお皿を一度手放して、ニトリで「ボーンチャイナ」の大きさ違いで統一しました。

お店で出すならまだしも、自分で食べるだけなら真っ白のお皿の大小があれば事足ります。

あと、木目調(アカシア)のお皿は見た目が良くなります。

手順5:コップ

それからコップです。

コップももらい物やいろんなものが何種類もあったのですが、別に使い分けることもなかったので、使っていないものを捨てました。

MEMO
今は結婚して、嫁がいろんな食器やコップを持ってきたりもらってきたりで、どんどん統一感がなくなってきている状況です。ああ、美しくない・・・

手順6:調理器具

お玉やヘラ、包丁などですね。

例えば、プラスチック製のお玉とステンレス製のお玉があっても、役割が被っていますよね。

料理によって使い分ける場合もありますが、まあステンレス製のものが一つあれば大丈夫です。

包丁に関しても、料理系YouTuberや料理人を目指している場合を除き、万能包丁が1つあれば十分です。

MEMO
昔は切れ味が落ちるたびに買い替えていたのですが、最近は1ヶ月に1回ぐらい包丁を研いでいます。安物の包丁でも、きちんと研いであげれば切れ味は良くなります。圧倒的不審者の極みさんのように・・・

タッパー

昔はタッパーを大量に所有していたのですが、タッパーよりもラップを使った方が洗い物が減るということがわかりました。

それから進化して、ラップ以外にジップロック(袋のやつ)を使うようにしています。

空気を抜いて保存できますし、タッパーのように嵩張らないし、使い捨てで洗い物が減るので、非常に便利です。

コーヒーサーバー

後、昔は家で飲むコーヒーにこだわっていたので、ハリオのコーヒーサーバーを使っていました。

でも、意外と場所を取るので断捨離しました。

今はドリップ型の物を買って、コップに直接ドリップさせて飲んでいます。(家でコーヒーを飲む回数も減りましたが)

自分の必要最小限を知る

以上が「ミニマリストの断捨離メソッド:食器・調理器具編」になります。

食器に限ったことではありませんが、物を減らすためにはまず「自分の必要最小限」を知る必要があります。

お皿が何個あれば足りるのか、フライパンや調理器具が何個あれば不便なく生活できるのか、それらをまずは考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)