ミニマリストオススメのオウルテックのケーブル:巻き取り式は断線する?【毎日更新250】

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

※ブログの毎日更新は250記事目です。

以前こちらの記事でも紹介したことがあるのですが、私はオウルテックの巻き取り式ケーブルを愛用しています。

ガジェット好きのミニマリストがオウルテックの巻き取り式ケーブル類を買い換えました

以前は1世代前のものを使っていたのですが、接触が悪くなったこともあって買い換えました。

オウルテックの充電ケーブル「断線しにくい丈夫さ」がウリなのですが、その言葉の通り全然断線しません。

また、巻き取り式になっているということもあって、使っていないときは非常にコンパクトになります。

そして、先端が2in1になっているので、これひとつでLightningかmicroUSBを充電することもできます!

まさにミニマリストにもってこいの充電ケーブルと言えますね!

しかし、まだ使ったことがない人からすると

オウルテックのケーブルは本当に断線しないのか?

と疑問を持っている人もいるでしょう。

というわけで、今回の記事では

  1. ミニマリストがオススメするオウルテックのケーブル
  2. 充電ケーブルを選ぶ際に注意すべきポイント
  3. オウルテックの巻き取り式のメリットや特徴
  4. オウルテック以外のケーブルを紹介・比較してみた

上記4つについてお話しします。

この記事を読むべき人
今回の記事は以下の人向けです。

  • オウルテックの巻き取り式ケーブルを使った感想を知りたい人
  • 丈夫で断線しにくい・巻き取り式・2in1・コンパクトなケーブルが欲しい人
  • 自分にあったオススメの充電ケーブルが欲しい人

ミニマリストがオススメするオウルテックのケーブル

それでは、まずはミニマリストの私が愛用しているオウルテックのケーブルをご紹介します。

以前は古いタイプを使っていたのですが・・・

Amazonプライムデーの際に、新型のオウルテックの巻き取り式ケーブルに買い換えました。

断線しやすい付け根部分を強化する事でフラットケーブルの超タフ化を実現し、30,000回以上の屈曲試験に合格することができました。内部に強力な防弾繊維を使用することで引っぱりに強いケーブルになり断線しにくくなっています。
本製品は、スマートフォンをPCなどと接続し、写真や音楽のデータ通信が可能です。また、2.4A以上の出力が可能な高出力タイプのACアダプターやモバイルバッテリーと合わせて使用することで、急速充電が可能です。※USB2.0規格に準拠した480Mbpsの高速データ転送に対応しています。 ※接続する機器によって、供給される電流値は異なります。

私が持っているのは

  • 白:LightningとmicroUSB
  • 黒:Type-CとmicroUSB

の2種類ですが、白は私が、黒は主に嫁が使っています。

2種類とも仕様は同じで、以下のようになっています。

  • 長さ:最大1.2m
  • 重量:68 g
  • 寸法:4.6 x 6.2cm
  • 速度:最大480Mbps(2.4A以上対応)

巻き取り式なので長さを変えられることはもちろん、最大で1.2mとちょうどいいぐらいの長さになります。

使っていないときはケーブルを収納できるので非常にコンパクトになります。

充電速度も速く、断線しにくい頑丈なケーブルとなっています。

断線しやすい付け根部分を強化する事でフラットケーブルの超タフ化を実現し、30,000回以上の屈曲試験に合格することができました。

内部に強力な防弾繊維を使用することで引っぱりに強いケーブルになり断線しにくくなっています。

引用:Amazon公式サイトより

また、オウルテックの製品は2年保証がついており、万が一断線した場合でも替えが効きます。

最後に・・・以前書いたこちらの記事は株式会社オウルテックにいいねを押してもらえたので、お墨付きをもらったと自負しています!笑

オウルテックの巻き取り式のメリットや特徴

それではここで、私が愛用しているオウルテックのケーブルのメリットや特徴を整理しておきましょう。

その1:ケーブルが丈夫で断線しにくい

まず何より、オウルテック社のケーブルは丈夫で断線しにくいことが最大の特徴です。

以前使っていたものも「ケーブルが断線した」というわけではなく「先端の2in1のアタッチメントの接触が悪くなった」というだけであり、ケーブル自体は断線していませんからね。

MEMO
今使っているものも、もちろん断線していません。

少々引っ張ったところで千切れるようなものではありませんし、ちょっと捻っても千切れる感じはありません。

丈夫で断線しにくいケーブルが最大のウリとも言えるでしょう。

その2:巻き取り式なのでコンパクト

次に、私が使っているケーブルは巻き取り式なので、使わないときはとてもコンパクトになります。

手のひらよりも小さいぐらいですし、ポケットにも入るレベルです。

持ち運びに便利なコンパクト性ですね。

また、巻き取り式ということは、使う状況に合わせて長さを調節することも可能です。

最大で1.2mもありますから、使っていて困ったことは一度もありません。

その3:2in1なので便利

次に、このケーブルは2in1となっているので、一つのケーブルで2種類の充電が可能です。

先ほどもご紹介した通り、私が使っているのは

  • 白:LightningとmicroUSB
  • 黒:Type-CとmicroUSB

上記の2種類ですが、これで自宅にある機器をほぼ全て充電することができます。(カメラだけ充電できない)

また、2in1のケーブルを持ち歩くことで、今まで2本のケーブルを持ち歩いていたのが1本で済むようになります。

しかも、私が愛用しているオウルテックのケーブルの場合、ケーブルが2本あるわけではなく、先端にアタッチメントがついている構造になります。

なので、ケーブルがごちゃごちゃすることもありません!

これもオウルテックのケーブルのメリットですね。

その4:最大2.4Aの急速充電対応

このケーブルは最大2.4Aの急速充電に対応しています。

なので、急速充電対応のプラグやモバイルバッテリーと組み合わせれば、すぐにiPhoneを充電することが可能です!

ただし、寝ている間に充電するだけであれば、あまり気にする必要はないかもですね・・・

その5:割と安い

最後に、このケーブルの値段は2280円です。

ケーブルに2000円以上も払えるか!

と思うかどうかはあなた次第ですが・・・

  1. ケーブルが丈夫で断線しにくい
  2. 巻き取り式なのでコンパクト
  3. 2in1なので便利
  4. 最大2.4Aの急速充電対応

これだけのメリットがあって、しかも余裕で1年以上使えて、2000円ちょっとということであれば、まあ安いほうだと思います。

それに、ケーブルなんてほぼ毎日使うものですからね。

MEMO
スマートフォンが手放せなくなった現代となっては特にそうです。

なので、このぐらいの投資はしてもいいものだと思っています。

充電ケーブルを選ぶ際に注意すべきポイント

ミニマリストの私が愛用しているオウルテックのケーブルについては以上になりますが、オウルテック以外にも充電ケーブルはたくさんあります。

なので、ここからは充電ケーブルを選ぶ際に注意すべきポイントを解説します。

その1:ケーブルの耐久性

まずはケーブルの丈夫さについてです。

例えばですが、Apple純正のライトニングケーブル(iPhoneを買ったときに付属しているアレ)は、数ヶ月で先端が断線してしまいますよね?

ケーブルなんて消耗品

と考えればそこまでかもしれませんが、断線しにくいケーブルの方が良いに決まっています。

使い方によって異なりますが、少なくとも

●●回以上の試験に合格

というケーブルを使った方が断線しにくいです。

また、普通のケーブルよりも編み込み式のケーブルの方が耐久性ははるかに良いです。

なので、少しでも断線しにくいケーブルが欲しいのであれば、編み込み式のケーブルを選びましょう。

その2:巻き取り式か

次に、巻き取り式かどうかです。

巻き取り式の場合は

  • 非常にコンパクトになる
  • 長さを調節できる

というメリットがあります。

しかし、逆にいうと、巻き取り式の場合は編み込み式のケーブルを採用できないので、その分ケーブルの耐久性は落ちてしまうかもしれません。

オウルテックの場合は両方を満たしていると言えますけどね。

なお、私は昔

  • 卓上用の短いケーブル
  • 少し長いケーブル

を使っていましたが、いちいち二つを持ち歩く・使い分けるのが面倒臭かったです。

巻き取り式ケーブルの方が長さを調節できるので使い勝手は良いですね。

その3:2in1か

次に、2in1かどうかです。

2in1というのは、1本のケーブルで2つの充電ポートに対応しているということです。

Apple純正のケーブルや付属品はさておき、今の時代に1つのポートにしか対応していないケーブルを持っていてもあまりメリットはありません。

なので、ケーブルを買う際には2in1を買うようにしましょう!

2in1といっても、

  • 先端が2in1構造になっている
  • ケーブルの途中から分岐している

という2種類のものがあります。

「先端が2in1構造になっている」の方がケーブルがごちゃごちゃしない分、先端の構造が少し弱っちいので接触が悪くなることがあります。

「ケーブルの途中から分岐している」の場合、ケーブルが少しごちゃごちゃするものの、接触が悪くなることは少ないです。

MEMO
また、ケーブルが途中から分岐している場合、2つの機器を同時に充電することも可能です。

その4:充電するときの速度

次が充電するときの速度です。

充電プラグやモバイルバッテリーが高速充電対応なのに、ケーブルが高速充電非対応であれば、せっかくの高速充電仕様が無駄になってしまいますからね。

大体の目安ですが「2.4A以上」と記載があれば、まあ困ることはないでしょう。

とは言いながらも

家で寝るときに充電するだけ

というのであれば、あまり困らないかもしれませんね。

外出先で充電することが多い

というような人で、常にモバイルバッテリーを持ち歩いている人であれば、充電速度にも注意してケーブルを選びましょう。

その5:データ通信対応か

次に、データ通信対応かどうかです。

自宅で充電するだけであれば気にする必要はありませんが、パソコンと繋いでデータの受送信をする場合、データ通信対応のケーブルでなければいけません。

大体のケーブルは「充電・データ通信対応」というのがほとんどですが、たまに「充電専用」というケーブルもあります。

なので、データ通信対応のケーブルを選ぶようにしましょう。

MEMO
しかし、最近はWi-Fi接続などが増えています。
現に私も、iPhoneからMacBookにデータを送る場合はAirdropを使いますからね。

その6:値段

最後にケーブルの値段です。

充電ケーブルは数千円するもののあれば、100円均一で買えるものもあります。

あえて高級なケーブルを買う必要はないと思いますし、

ケーブルなんて断線するものだから消耗品と考えて安いもので十分

という意見もあるでしょう。

これは個人の考え方次第ですね。

しかしながら、使い勝手のいいケーブルを持つことで、日頃のちょっとした動作が楽になるのは事実です。

それに何より、充電ケーブルはほぼ毎日使うものですからね。

1000~2000円ぐらいであれば、別に気にせずに投資してもいいと思います。

オウルテック以外のケーブルを紹介・比較してみた

最後に、オウルテック以外の類似品を調査・比較してみました。

これから紹介するケーブルも参考にしながら、あなたに合う商品を選んでくださいね。

その1:Colourfulstar

まずはColourfulstarのケーブル。

【安全、安定、高い互換性】ラウンドケース、高品質のABS樹脂、Lightning+ Micro USB + Type-C付き、巻取り式充電ケーブル。超純銅コア、高品質な耐久性のあるケーブル環境保護ポリマーPTE素材でできています。スマホ、デジカメ、ゲーム機、タブレット、Micro USBコネクタ、Type-Cコネクタを搭載しているデバイスにも適用されています。具体的にiPhone シリーズ/ iPadシリーズ/ SONYシリーズ/ Samsungシリーズ / Huaweiシリーズ/ Googleシリーズなど、あらゆる種類の機器と互換性があります。

オウルテックのケーブルを買った際に合わせて購入したものですが・・・

1本のケーブルから3種類のプラグが出ており、3in1のケーブルとなっています。

丸い円形で質感も良い感じ。

先端は3in1になっています。

しかも、巻き取り式になっていて、オウルテックのケーブルよりもコンパクトです。

質感もいい感じでとてもおしゃれな商品なのですが・・・

唯一の欠点は「iPhoneカバーをつけていると充電できない」という点ですかね。

iPhoneカバーが邪魔してプラグに入らない・・・

カバーによっては充電可能なので、その点がクリアできたらとてもオススメの商品ですね!

その2:Baseus(ベースアス)

次がBaseusの巻き取り式ケーブル。

巻き取り式でありながらケーブルが途中から枝分かれしている構造になっていて、しかも3in1という製品。

一気に3つの機器を充電することも可能です。

見た目もオシャレであり、使っている人も多く人気の製品です。

【巻取り式3in1充電ケーブル】:巻き取り式の設計を採用して、35cmから120cmまで(35cm - 60cm - 80cm - 100cm - 120cm)、5段階の長さを調節できるし、伸縮自由、簡単に収納できるし、普段外出、旅行、オフィス、車内、出張などに携帯用は大変便利です!このケーブルはMicro USB、Lightning、Type-Cが一つになった超便利最新設計な一本三役の3in1充電ケーブルです。1つのUSBポートから3台のデバイス(1台のApple+1台のMicro+1台のType-C)が同時に急速充電できます。

その3:Allroundo

次がAllroundoの巻き取り式ケーブル

ドイツで開発されたものであり、日本で見るケーブルとは少し違った雰囲気ですね。

また、いわゆる巻き取り式というかは「収納式」になっていて、斬新なデザインなのが特徴です。

しかも超コンパクトであり、女性にも大人気のケーブルです。

最大の特徴は、これ一つあれば

  • USB-A
  • micro-USB
  • Type-C
  • Lightning

上記の全てに対応できるという点です!

互換性:6通りの接続が可能な万能充電ケーブルなら、どんなデバイスにもぴったりの接続を見つけることができます。伸縮性:最長50㎝まで伸び縮みしてくれるカールコードは充電はもちろん、データ転送でも大活躍します。コンパクト:直径6.5 cmとコンパクトサイズでポケットにすっぽり収まるこの万能充電ケーブルは、外出には手放せない必須アイテムです。デザイン:カラー&デザインが魅力の万能充電ケーブル。デバイス用付属品でありながら、素敵なデザインが魅力のライフスタイルアイテムです。

その4:Anker

次がAnkerのケーブルです。

こちらは巻き取り式ではないのですが、先端にアタッチメントがついている3in1のタイプになります。

Ankerと言えばモバイルバッテリーを連想される方も多いですが・・・

ミニマリストがAnkerのモバイルバッテリー買いました。

充電ケーブルなどにも強いメーカーです。

Ankerの強み:3000万人以上が支持するAmazon第1位の充電製品ブランドを是非お試しください。3つを1つに:Micro USB、USB-C、ライトニングUSBケーブルを1本の高品質なケーブルにまとめました。ケーブル同士の絡まりもなく、より手軽に持ち運べます。向上した耐久性:耐久性を強化し、内部のワイヤーの断線を防ぎ、長期間安全に充電をすることができます。

その5:オウルテック

最後が・・・オウルテックの3in1のケーブルです。

巻き取り式ではないものの、

  • 3in1(Lightning、microUSB、Type-C)
  • 最大2.4A充電対応
  • 転送速度:最大480Mbps
  • ケーブル長:1m
  • 50000回以上の折り曲げ試験をクリア

を兼ね備えた優秀なケーブルです。

もちろんですが、耐久力もあって、かつ柔らかさもある優れものです。

1本で3役の便利な充電・転送ケーブル:モバイルルーターとスマートフォンやiPad ProとiPhoneなどの3つの異なるコネクタの機器も1本のケーブルで充電やデータ転送をする事ができるため便利です。50000回以上の折り曲げ試験をクリアした3つの新構造:耐久性と柔軟性を兼ね備えた超タフストロングケーブルは、アラミド繊維を内部に採用することで高い耐久性を実現しました。

まとめ

というわけで、今回の記事では

  1. ミニマリストがオススメするオウルテックのケーブル
  2. 充電ケーブルを選ぶ際に注意すべきポイント
  3. オウルテックの巻き取り式のメリットや特徴
  4. オウルテック以外のケーブルを紹介・比較してみた

上記4つについてお話ししました。

最後にオウルテック以外の充電ケーブルもご紹介しましたが、やはりオウルテックのケーブルが一番オススメです。

他の安物のケーブルは

買ったはいいけど接触が悪くて充電できない!

なんてこともありますからね。

しかし、オウルテックのケーブルはそんなことは一切ありませんし、何より保証がついているので万が一接触が悪い場合は交換できます。

なので、他社製品とは違って安心できますね。

また、私が使っている巻き取り式のケーブル

  • ケーブルが丈夫で断線しにくい
  • 巻き取り式なのでコンパクト(最大1.2m)
  • 2in1なので便利(1本で2種類の充電が可能)
  • 最大2.4Aの急速充電対応(すぐに充電できる)
  • 割と安い

というメリットがありますから、とても便利ですし、日常生活が楽になるのは間違いありません!

というわけで、もしあなたがオウルテックの巻き取り式ケーブルに少しでも興味があるのであれば、一度試してみて下さい。

断線しやすい付け根部分を強化する事でフラットケーブルの超タフ化を実現し、30,000回以上の屈曲試験に合格することができました。内部に強力な防弾繊維を使用することで引っぱりに強いケーブルになり断線しにくくなっています。
本製品は、スマートフォンをPCなどと接続し、写真や音楽のデータ通信が可能です。また、2.4A以上の出力が可能な高出力タイプのACアダプターやモバイルバッテリーと合わせて使用することで、急速充電が可能です。※USB2.0規格に準拠した480Mbpsの高速データ転送に対応しています。 ※接続する機器によって、供給される電流値は異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)