通勤時間をミニマルにしよう

会社の近くに引っ越ししようかな・・・

毎日の通勤時間が長くて嫌だし満員電車なんて最悪!

そもそも通勤時間って超無駄じゃね??

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

いきなりですが、あなたの通勤時間はどのぐらいですか??

車で30分ぐらいですか?

それとも電車で1時間ぐらいですか??

ちなみに・・・私は自転車でたったの10分です。笑

よく

都会では通勤時間の平均が約1時間

と言われていますが・・・これってゾッとしませんか?

もしあなたが「通勤時間が1時間ぐらい」というのであれば、少し考え直した方が良さげです。(それ以上かかっている人は尚更です)

なので、今回の記事では「なぜ通勤時間を短くするべきなのか?」についてお話しします。

通勤時間は基本的にムダ

よく考えて欲しいのですが・・・通勤時間って、ハッキリ言ってムダじゃ無いですか??

電車や車で音楽を聴いたりすることもできますし、勉強熱心な方は移動中に勉強することも可能です。

車を運転する場合でも、オーディオブックを使えば本を読んでいるようなものですからね。

でも、それでも通勤時間はただの時間の無駄なのです。

だって、通勤時間は何の生産性もないわけですから。

仮に「通勤時間が無駄な時間」と仮定して、あなたは人生の中でどれぐらい時間を無駄にしているか把握していますか?

例えば、通勤時間が1時間という場合。(往復で2時間)

  • 1週間で10時間(平日5日間と考えて)
  • 1年間で500時間(1年50週と考えて)
  • 10年間で5000時間
  • 40年間で20000時間(大学卒業から退職まで40年間と考えて)
    →833日間、約2.3年間分を無駄にしている。

単純に考えて・・・もしあなたが「通勤時間が約1時間」というのであれば、40年間で20000時間(833日間分、約2.3年間分)の時間を無駄にしているという計算になるのです!!

どうでしょうか。

あくまで単純計算ではありますが・・・恐ろしい結果ではありませんか??

1年間で考えたとしても、あなたは1年間の間で20日ぐらいは電車で生活している計算になるんですよ??

通勤電車は負のオーラだらけ

もしこれが

  • 通勤時間はいつも英語の勉強をしている
  • 経営者のオーディオブックを聴いている
  • 読書をして知識を磨いている

という感じで、充実した時間を過ごせているのならば話は別です。

でも、そんな人はあまりいないでしょう。

ほとんどの人が

今日も仕事かあ。嫌だなあ。早く週末にならないかなあ。

という気持ちだと思います。笑

そして、都会に行けば行くほど「通勤時間といえば満員電車」を連想すると思いますが・・・そのほとんどの人たちがこのように負のオーラをまとって通勤しているわけです。

先ほどの時間計算の話と繋げると・・・ほとんどの人が40年間のうち2年間分ぐらいは負の時間を過ごしている(=通勤時間)ということになります。

これってとても恐ろしい話だと思うんですよね・・・

なお、車の場合は少し違うかもしれませんが・・・そは言っても通勤時間は基本的に何の生産性も無い時間です。

だってそうですよね?

ただ電車に乗っているか車に乗っているか、もしくはただ歩いているか・・・たったそれだけの時間なのですから。笑

通勤時間は短ければ短い方がいい

これらのことを考えても、通勤時間は短ければ短い方がいいということはご理解いただけると思います。

ただでさえ自分の人生の時間は一度きりしかなくて貴重であるにも関わらず、ただ「会社に行くため」という何の生産性もない時間に使うなんて馬鹿げていますよね?

MEMO
通勤時間も給料が発生するならばいいのでしょうが・・・そんな会社はおそらくないでしょう。

それに、40年間のうちなんの生産性もない時間(通勤時間)で2年間分ぐらいの時間をドブに捨てているなんて・・・これほど馬鹿げた行動は他にないと言っても過言ではないでしょう。

なので、極力通勤時間は短いのが理想です。

例えばですが、通勤時間1時間だった場合、30分で通勤出来る場所に引っ越すだけでも無駄な時間が半分になります。

15分で通勤出来る場所に引っ越せば、無駄な時間が4分の1になります。(=4分の3は有効な時間に変わります)

私の今の通勤時間は自転車で10分であり、会社にはすぐに到着するし、ちょうどいい運動にもなるというメリット付きですが・・・これほどにも便利な生活はないと思っています。

だって、通勤時間なんてほぼ毎日発生するわけですからね。

出来るだけ近い方がいいに決まっています。

満員電車が当たり前と考えている人は思考停止状態

以前、こちらの記事を読みました。

満員電車が当たり前と考えている人は、思考停止になってる

ホリエモンと2ch創設者のひろゆきさんが対談されているものですが・・・その中から一部を抜粋させていただきますと、

ホリ:俺、昔から毎朝多くの人が満員電車で通勤してるのが、不思議でしょうがないんだよ。みんなマゾなのかね。

ホリ:満員電車が当たり前と考えている人は、思考停止になってると思うよ。

ホリ:例えば〝職住近接〟っていう考え方があるじゃん。職場の近くに住むのは、いろんな意味で効率がいいと思うんだけど。

ヒロ:まあ、都心に近づくと家賃は高くなりますけど、そのぶん部屋を狭くして家賃を抑えればカバーできますから。ひとり暮らしで寝るだけだったら、大した広さはいらないですよね。

ヒロ:「自分にとって何が大事なのか」をきちんと考えないで、時間を浪費している人が多いからじゃないですか。僕の場合は自由な時間が一番大事なので、ムダに時間を取られるものはなるべく排除してたりします。

ヒロ:家賃が安いからという理由で郊外に住んでいる人がいますけど、例えば終電を逃して家に帰るタクシー代を月に1万円以上使うんだったら、多少高くても都心に住んだほうが得じゃんって思うんですよ。

ヒロ:それに通勤に往復2時間かかるということは、時給換算すると給料が20%低くなるのと一緒ですからね。

ホリ:大企業も突然潰れるような時代だし、「終身雇用」もあってないようなもんでしょ。会社にもよるけど、同じ会社で働き続けていて短期間に年収が10万円増えることはまずない。でも、スキルがあれば転職して給料を増やすことなんて簡単だよ。

ひろ スキルがあれば転職で10万円給料が増えるとかざらですからね。あと、会社でスキルが手に入らなくても、プライベートの自由な時間を使ってスキルを身につけることも選択肢のひとつなんです。でも、自由な時間を売り渡して、何のスキルも手に入らないまま一生同じ仕事をしようとしている人が多い気がします。

こんな感じです。

詳細は上記のリンクより見ていただけたらと思うのですが・・・

日本を代表する起業家二人が「通勤時間なんて無駄」と言っているぐらいですから、とても説得力があると思います。

お金よりも時間を大切に!

住む家やアパートを選ぶときに、ほとんどの人が「少しでも安くしたい」と考えていると思います。

そりゃあ高いよりも安い方がいいに決まっていますし、当然のことだとでしょう。

でも・・・家賃を気にするあまり、会社からとても遠い場所に住んでしまう、不便な場所に住んでしまうというのは、本末転倒だと思っています。

それに、この世界で取り戻せないものは「お金」ではなく「命と時間」です。

誰かがドラえもんを開発するかタイムマシーンを開発しない限り、時間は取り返せないのです。

そう考えれば、少々高い家賃を払っても会社に近い場所に住む(通勤時間を短くする)方が良いということになります。

安い家賃の代わりに何の生産性もない通勤時間を与えられるぐらいならば、多少高いお金を払ってでも通勤時間を短くするべきですし、その方が有効な時間が増えるので、結果的には収入アップに繋がります。

私は割と田舎の方に住んでいるので「自転車で10分」というのが実現できていますが、都会にお住いの方はそう上手くいかないかもしれません。

が・・・やはり通勤時間は極力短い方が良いです。

極論を言えば「会社の隣が家です」ぐらいの方が、一番時間を無駄にせずに有効活用できていると言えますからね。

もしあなたが「通勤時間が勿体無い」と少しでも思っているのであれば、通勤時間を短くできる場所に引っ越しすることを考えてみましょう。

もう一度言いますが・・・もし通勤で1時間ぐらいかかっているのであれば、

  • 1週間で10時間(平日5日間と考えて)
  • 1年間で500時間(1年50週と考えて)
  • 10年間で5000時間
  • 40年間で20000時間(大学卒業から退職まで40年間と考えて)
    →833日間、約2.3年間分を無駄にしている。

これだけの時間を無駄にしているということですからね!

P.S.

上記の対談でひろゆきさんが

ひとり暮らしで寝るだけだったら、大した広さはいらないですよね。

と発言されていますが・・・私も同感です。

一人暮らしであれば「ご飯を食べることができて、お風呂に入ることができて、寝ることができる」程度の部屋で十分だと思います。

多くの人は「便利な場所に住みたい」と思いつつも「そうは言っても広い部屋が良いなあ」という欲を出してしまうから、結果的に高い家賃を払うことになります。

都心部とは言っても、とても狭い部屋に住めば家賃はそこまで高くなりませんからね。

ミニマリスト的な発言をすると「寝るスペースがあればOK」ですし、6畳ぐらいのお部屋で十分生活できますからね。

家族がいるのであればそう簡単にはいきませんが・・・一人暮らしであれば、やろうと思えばいくらでも狭い部屋で生活できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)