家事もミニマルに

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

これまでの記事でも「ミニマリストになって家事が楽になった」というお話を何度かしていますが、今回はそれに焦点を当ててお話しします。

ミニマリストというよりも、どちらかと主婦向けかもしれませんね。笑

物が少ないから掃除が楽

まず、ミニマリストは物が少ないです。

私の場合はソファーや本棚、ベッドといった大きな家具がほとんどありません。

なので、大きな家具の上に埃がたまる、その家具の下やその周囲に埃がたまる、ということがありません。

例えばこちらの写真、昔の私の部屋ですが、

 

 

  • ソファーの周り
  • ソファーの上
  • ローテーブルの下

 

など、掃除機が入りにくい(というかかけられない)箇所が多いです。

こちらもそうですが、

 

 

  • テレビの上と周囲
  • テレビ台の上
  • テレビ台の四隅
  • 衣類スタンドの下
  • ローテーブルの下

 

と、掃除機が入りにくい箇所が多いですよね。
テレビの上なんかは掃除機をかけられないので拭き掃除が必要です。

このように、掃除機が入りにくい箇所が増えると、掃除するのが非常に面倒になります。

が、今の私の部屋はほとんどの床が露出している状態なので、掃除機をかけるのが非常に楽チンです。掃除機をかけたら掃除はほぼ終わりです。

本棚などがあると「拭き掃除もしないと」となるかもしれませんが、私はこの手間がありません。

MEMO
ルンバを使っている方なんかは特にそうですよね。床が見えている面積が多い方が、ルンバが掃除してくれる場所も増えますからね。

日々の汚れをこまめに掃除

主にキッチン周りですが、私は毎日自炊します。

なので、コンロ周りが汚れます。

が、お皿を洗った後に毎日コンロ周りもキッチンペーパーで拭き取ります。水で拭き取った後、水垢が残らないようにきちんと乾拭きもします。

キッチンペーパーは多く使うものの「超汚れているから思い切って掃除をしないと」という面倒な気持ちにならなくて済みます。

[itemlink post_id="563"]

お皿洗いのついでに1分程度で終わる作業ですし、綺麗なコンロを見ていると気持ちがいいですしね。

また、シンクの排水溝にネットをつけていますが、これも1週間に1回は取り替えます。そうすることで水の流れが悪い、何かが詰まった、ということも防げます。

洗濯物をたたまない

普通の家庭なら

  1. 洗濯する
  2. 洗濯物をベランダに干す
  3. 洗濯物を取り込んでたたむ

という流れが普通だと思います。

が、私は違っていて

  1. 洗濯する
  2. 洗濯物を干す(浴室乾燥機)
  3. 洗濯物をそのまま突っ張り棒にかける

という流れになっています。

つまり「洗濯物をたたむ」という作業がありません。

洗濯物をたたむのって意外と面倒ですし、また着るのに折り目がついて・・・みたいな悩みが、突っ張り棒一本で解消されます。

[itemlink post_id="529"]

また、引っ越しの時には必ず「浴室乾燥機付きの部屋にする」というこだわりもあります。

初めて一人暮らしをした時から浴室乾燥機がある部屋に住んでいたのですが、これがまた便利で。洗濯しても次の日の朝には乾いていますからね。

 

以上、ちょっとした家事のテクニックでした。

これらの家事も、ミニマリストになってから身につけたテクニックです。

ミニマリスト万歳!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)