自分にとって必要無い・無かったもの

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

前回と前々回の記事で「自分にとって必要なもの」についてお話ししました。

自分にとって必要なものって何?? 日常生活編 自分にとって必要なものって何?? 出張編

今回は、私がミニマリストになって「必要無い・無かった」と思うものについてお話しします。

要るもの要らないものは人によって違う

当たり前の話ですが、これも前回同様、人によって「必要なもの・必要ないもの」は違います。

なので、私が書くものはあくまで参考にしてくださいね。

私にとっては要らないものであっても、もしかしたらあなたにとっては「絶対に必要なものなんだ!」と思うかもしれません。

それなら別にとっておいても良いですからね。

ペットボトルの水

以前の記事に書きましたが、昔はずっとAmazonでペットボトルの水を買っていました。

が、ペットボトルのゴミの量がすごいことになりますし、環境にも宜しくないです。

今は自宅では浄水器を使っています。

いろんな種類の服

柄物のシャツとか、いろんな種類の服とか、はやりのおしゃれの服とか、そうしたものに昔は興味がありました。

が、今はそうではなく「常に自分の一番お気に入りのスタイルでいる」とうことで、白シャツとジーパンしか持っていません。(夏用にTシャツはある)

なので、白シャツとジーパン、Tシャツ以外は全て手放しました。

アウターもノースフェイスのダウンつきジャケット、ポールスミスのコート、ぐらいしか持っていません。

iPad

Apple製品が好きになり始めた頃、調子に乗ってiPadも買いました。

が、別にiPhoneもあるし、MacBookもあるし、ぶっちゃけiPadを使うことがありません。

強いて「あって良かった」と言うのは、MacBookが故障していたときぐらいですかね・・・そろそろ売りにださないといけません。

iPod

主に出張の移動の際に使っているのですが、ぶっちゃけそれ以外はあまり使っていません。

メリットとしては

  • iPhoneの充電切れを心配しなくて済む
  • iPhoneの容量を気にしなくて済む

ですが、まあぶっちゃけ言うとiPhoneで事足りているのが事実。

なので、iPodもそろそろ手放そうかと思っています。

テレビ

「ミニマリストになってから一番要らないと思ったものは何?」と聞かれると、おそらくテレビと答えます。

テレビというのは「受動的な時間」を余計に増やしてしまうだけのものであり、かつテレビの情報はあまり信用できません。

それならばYouTubeやネットで自分が見たいものだけを見た方がよっぽど効率がいいです。

事実、家にいるときや休日にテレビをミイがなら過ごしている人は多いかと思いますが、実際にテレビを見ている時間は半分もないぐらいで、それ以外は「ただテレビの前で流れている映像をなんとなく見ている」というだけです。

こう考えると、忙しい現代人にとってテレビは「余計に時間を奪われた挙句、自分に必要のない余計な情報を頭の中に詰め込む」という、宜しくない機械だと思います。

テレビの代わりにプロジェクター
そうは言っても嫁がずっとテレビが欲しいと言うので、テレビではなくプロジェクターの購入を検討しています。天井設置型は場所も取らないですし。

収納

結婚してから食器棚は買いましたが、それ以外の収納はありません。全てアパートに備え付けの収納のみで済んでいます。

収納があると綺麗に整理整頓されるのは確かですが、逆に収納スペースが余っていると、どうしてもそこに何かを詰め込んでしまうのが人間です。

そうすると、実は要らないものでも取って置いてしまったり、なんなら逆にものが増えたりもします。

なので、収納は必要最低限にとどめています。

注意
ぶっちゃけ食器棚は要らないと思っているのですが、結婚してからどうしても食器が増えてしまったもので・・・(とは言いつつ、個人的には備え付けの食器収納で大丈夫たと思っている、なんて嫁には言えませんが・・・)

商品の箱や段ボール、紙袋

何かの商品を買った時に「この箱はもしかしたら使うかもしれない」と思って、今まではその箱を取っていました。

iPhoneやMacBookなんかがまさにそうです。

売りに出す時に箱があると評価も上がるらしいですが、別に私個人的には不要だと思って要るので、保証書だけを残してそれ以外は捨てました。(実際のところ保証書も使ったことはありませんが)

ネットで何かを買った時に届く段ボールもそうで、「ちょっとした小物を収納できる」と思って取っていたこともありましたが、そう思っていても使う機会が滅多にないので全て捨てました。

今は届いたらすぐに捨てます。

紙袋も同様「何かで使うかもしれない」と思って取っていました。(これは同じ気持ちの人も多いはず)

MEMO
「じゃあそのいつかはいつ来るのか」というところです。結論から言うと「いつか」と言うタイミングは来ません。なので、全て捨てました。

紙の書籍

昔は大きな本棚を持っていて、そこに100冊ぐらいの本が並んでいました。

が、きちんと読んだのは数冊程度で、それ以外は「少し読んだ」ぐらいです。

これも先ほどの収納の原理と同じで、スペースがあると「まだ入る」と思って、つい本を買ってしまっていました。

今は紙の本はほとんど売って(3冊しか残っていない)、基本的に書籍を買うときはKindleで買います。

iPhoneでいつでもどこでも読めるので便利です。

発光体で読んだ方が効果が上がるト
人間が本を読む、つまり学習するときは、紙媒体を見るよりもスマホなどの発光体を見た方が効果が上がります。
なので、本を読むときにスマホで読むというのは、実は理にかなっているのです。

ソファー

ソファーがある家は確かにおしゃれなのですが、別にソファーの上で何かをするわけでもないので、手放しました。

ホコリもたまりやすくて掃除も面倒くさいですしね。

今は無印良品の「体にフィットするソファー」を使用していますが、その名の通り自分の体にフィットしてくれますし、掃除機をかけるときは簡単に移動できるので便利です。

ただ、柔らかすぎるのが難点ですが・・・

カーペット

昔はおしゃれなカーペットを数回買い換えたことがありました。

が、カーペットの目にゴミが詰まって掃除が面倒だし、カーペットの上でついゴロゴロしてしまうしで、引越しの際に「カーペットは要らない」と心を決めて手放しました。

現に、今は部屋のほぼ全ての床が見えている状態ですが、掃除が非常に楽チンです。

それに、カーペットよりも床が見えている方がシンプルで美しいと感じるようになりました。

銀行口座の通帳

基本的にはネットで完結させており、ここ最近で銀行に行った記憶がありません。

現金の引き出しはコンビニでできますし、振込はネットでできるし、入出金もネットからデータをダウンロードして保存しておけば大丈夫。

なので、通帳は基本的に持っていませんし、元から使っていた口座の分も「通帳がないタイプ」に切り替えました。(まあまあ田舎に住んでいて、近くに都銀の支店がなく記帳できないから、というのもありますが)

今だに銀行でしか払い込みできないのが不思議
少し話が逸れますが、今だに国の機関への払い込みで銀行でしか払えない、というのが不思議です。そもそも平日しか空いていない窓口に、働いているサラリーマンが窓口に行く時間なんてなかなか作れないですし。なぜもっと手軽な方法に変えないのか不思議で仕方がありません。

断捨離のやり過ぎに注意!

とりあえず思いついたものを書きました。

もっと考えればもっと出てくるとは思いますが、とりあえず。

ただし、くれぐれも「この人たちもみんな手放しているから私も手放そう」と言うのではなく、自分にとって本当に必要だと思うものを手元に残し、それ以外のものを手放していきましょう。

人によって必要なもの・必要無いものは違いますからね。

※私の記事は参考程度にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Twitter
Feedly
SHARE