新しいインプットのためには刺激が必要

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

先日とある動画を見ていたのですが、その動画にとても心を動かされたのでシェアします。

こちらのチャンネルです。

https://www.youtube.com/user/kamohappy

「炎の講演家」として有名な鴨頭嘉人(かもがしら よしひと)さんの動画です。

確か広告で出てきて、それをそのまま見ていた(と言うか見入ってしまった)のですが、とても心が動かされる動画でした・・・

鴨頭さんの動画はたまに見るのですが、どれもオススメですし、動画を見ているとなぜか心が動かされて「よしっ頑張るぞ!!」という気持ちになります。

MEMO
この人の広告がたまに出てくるのですが、ビックリするのは「広告なのに再生時間が1時間以上」になっていることもあるという・・・でも、それでもなぜか見入ってしまうのがこれまたすごい点です。

なお、広告で見ていたので、後から動画を探しても見つけきらなかったです・・・

私が見た広告があなたにも訪れるようにお祈りしておきます。笑

アウトプットが変わらない理由

動画の中で少し出てきたのですが、そもそも「アウトプットを変えるためには刺激(新たなインプット)を受ける必要がある」と言うことでした。

この言葉に心をぐっと奪われたような感覚でした。

例えばですが・・・

経験豊富な人の話って聞いていて楽しいですよね。

その理由は、日頃から多くの刺激(インプット)を受けているからです。

なので、アウトプットの種類も豊富にある。(=楽しい)

単縦な話ですね。

あと、

  • 家に帰ってテレビを見ながらビールとポテチを食している人
  • 家に帰ってジムに通ったり読書をしたり趣味に没頭したりする人

どちらの方が人間性が良いと思いますか?

後者の方が人間性も豊かですよね?

これも単純な話で「刺激を受けているから」です。

自分の調子・状態を一手に保つと言う意味では、ルーティーン化することも大事です。

しかし、それだけではさらに上の世界にはいけないわけです。

チャレンジしないからですね。

日頃のちょっとした変化が刺激になる

刺激を受ける(新たなインプットを受ける)というのは、例えば

  • 話したことない人と話をする
  • 知人の紹介等で新たな人と会ってみる
  • いつもと違った通勤路を通る
  • 通勤方法を変える
  • 外食してみる
  • 普段行かないお店に行ってみる
  • 喫茶店に行く
  • 軽く運動してみる
  • 読書する

このように、いくらでもあります。

「そんなことでも良いのか?」と思われるかもしれませんが、日常のちょっとした変化が刺激になります。

すると、また少し違った気分になるので、アウトプットも少し変化します。

「人に会う」なんかは特に影響が大きく、アウトプットも大きく変化します。

MEMO
ただし、変な人から刺激を受けてしまうと悪影響を及ぼすこともあるので、私は滅多にやりませんが。

ブログが書けない時も刺激を

ブログ運営に関してはこちらの記事でもお話ししておりますが、

ブログを書くための習慣

ブログが書けない時なんかも、こうした刺激は非常に重要です。

「刺激を受ける=気分転換をする」と捉えればもう少し理解しやすいのかなあ、と思いますが、逆にいえば「気分転換するといつもと違う刺激(インプット)を受けられるので、アウトプットも変化する」というわけです。

そこでヒラメキが生まれたりもします。

ブログを始めて数ヶ月が経過すると必ず「書けない!!」という日が訪れますが、そんな時は必ず刺激を受けるようにしてください。

少し散歩するだけでも良いです。

普段行かないようなお店に行くのも良いです。

いつも話さない人と会って話をするだけでも良いです。

とにかく「刺激を受ける(新たなインプットを受ける)」ようにしてください。

たったこれだけであなたのインプットが変化しますから。

仕事にもつながります

ブログを例に話をしましたが、新たな刺激を受けるということは、自分のアウトプットも必ず変化します。

そうすると、あなたの仕事の成果も必ず変化します。

「趣味が豊富な人の方が仕事もできる」ということを耳にしたことがありますが、これはあながち間違いではありません。

先ほども例に書いた通り、色んな趣味があるということは常日頃から色んな刺激を受けているわけであって、アウトプットの種類も豊富であるということは言うまでもありませんよね。

ここ最近「働き方改革」という言葉が流行していますが、みんな口にすることは

  • 残業できなくなった
  • 休みを取らされるようになった
  • 働き方改革のせいで働きづらくなった

と嘆いています。

が、私の考えとしては、こんな戯言は働き方改革でもなんでもなく、ただの口でしかありません。

そうではなくて、働き方改革の真の意味は「(私生活で)新たな刺激を受けてアウトプットを変化させ、それを仕事にも生かして成果を出す」ということだと思っています。

変化を受け入れろ!!

人間は変化を嫌う生き物です。

新たな刺激を受けるということは、少なからず変化を伴います。

日頃とは違う行動をするわけですからね。

そして、その変化はストレスを伴います。

なので、ストレスを感じたくないために、人間は変化を嫌うのです。

でも、多くの人は心のどこかで「もっと給料が良くなればいいのに」「もっと社会が良くなればいいのに」「もっと楽しい生活になればいいのに」と感じています。

変化を嫌っているのに、なぜか変化して欲しいと望んでいる・・・これって矛盾してますよね??

変化を恐れずに行動するというのは「チャレンジする」ということです。

チャレンジなくして違った結果を手に入れることはできません!

というわけで、このブログを読んだあなたは、今すぐにでも新たな刺激を求めて行動しましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)