軽減税率制度がマジで無駄だと思う3つの理由・・・

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

10月から税金が上がりましたが、あなたはその影響を受けていますか??

ただ、この軽減税率の制度・・・半端なくややこしいですよね。

以前こちらのツイートをしました。

例えばですが・・・

  • 持ち帰りと店内で食べるのとで税率が違う。
  • 紙の新聞と電子新聞で税率が違う。
  • オロナミンCとリポビタンDで税率が違う。

※全て前者が8%です。

少しでも税金を上げよう・・・でも上げすぎると負担がかかり過ぎるから、ある一定のものだけ税率をあげよう・・・

こうした政府の思いがあるのだと推測しますが。

正直言って無駄でしかない気がします。

税率の違いや種類はさておき、今回の記事では私が軽減税率制度が無駄だと思う3つの理由についてお話しします。

販売者側の税金の計算が面倒

まずはじめに、販売者側の税金の計算が超面倒臭いことになります。

8%でも10%でも、とにかく一律であれば問題ないのですが(ただ0.08を掛けるのか0.1を掛けるのかの違い)、販売したものや内容・サービスによって税率が違うというのはど偉く面倒です。

私が一度会計事務所に所属したことがあるからこそ余計に感じるのかもしれませんが、お店側の税金の計算もさることながら、顧問の税理士も大変苦労すると思います・・・

場合によっては

このサービスの税率間違っていますよ。

とか

これはこっちの税率の方が正しいでしょ?どんな内容か詳しく教えてください・・・

みたいなやりとりが増えると予測します・・・

ただでさえ忙しいのに、税率があっているかどうかまで気にしないといけないなんて・・・面倒臭いだけです。

販売者側の設備を整えるのにお金がかかる

もう一つ、販売者側からすると設備を整えなくてはいけません。

具体的にいうと「レジ」ですね。

飲食店であれば、

  • 店内で飲食:10%
  • 持ち帰り:8%

の2種類の税率に対応しているレジを使わなければいけません。

当たり前の話ですが、従来のレジではこのような税率に対応していませんので、この10月から全店舗でレジを整備する必要があるわけですね。

また、例えばスーパーで売られている商品の値札なんかもそうですが、

  • 飲食料品:8%
  • 飲食料品に該当しない:10%

となっていますが、商品に合わせて税込みの金額をいちいち変える必要があります。

これもまた何千もの種類の値札を変えなければいけませんので、めちゃくちゃ大変な作業です。

その他にも

  • ノンアルコールビール:8%
  • ビールやワイン、お酒:10%

というのもあります。

同じ商品コーナーの中で税率が違う商品が並んでいる・・・いちいち計算するのも面倒くさいです。(消費者側としても)

店舗運営者にとっては痛いお話ですし、正直いうと面倒臭いだけですよね・・・

税率が正しいのかいちいち気にしないといけない

最後に、これもまた飲食店を例にお話しします。

例えばあなたがコンビニでお弁当を買ったとしましょう。

  1. コンビニ弁当を買って家で食べようと「持ち帰り」で購入
  2. イートインが空いていたので気が変わって店内で食べた。

上記の場合、どちらの税率が正しいでしょう?

答えは・・・

「持ち帰り」で購入したので8%が正解です。

では逆に、

  1. コンビニ弁当を買ってイートインで食べようと「店内飲食」で購入
  2. イートインが混んでいたので気が変わって家に持ち帰って食べた。

上記の場合、どちらの税率が正しいでしょう?

答えは・・・

「店内飲食」で購入したので10%が正解です。

正直にいうと「ただの屁理屈でも通用するんじゃないの??」というレベルの話ですが・・・

いちいち「あの人は持ち帰りで買ったのにイートインで食べているぞ!ズルしている!!」みたいな、余計なことを考えるのが面倒で仕方がないと感じます。

そんなことを考える時間と神経が無駄ですからね。笑

どうせ上げるなら一律10%の方がいいのでは??

と、私は店舗運営者でもなんでもないただのサラリーマンですが

店舗運営者の人はマジで大変なんだろうなあ・・・

と思いながら、この記事を書かせていただきました。笑

こちらの記事で税率の違いについてとても分かりやすく記載されているので、興味がある場合は以下のサイトをご覧になってください・・・

【図解】軽減税率って何?いつから?対象品目は?わかりやすく解説

色々と書きましたが、販売者はもちろんのこと、消費者にとっても面倒でしかない軽減税率制度。

税金をあげるのなら、一層のこと一律10%にしてほしいです。

その代わり、会社の給料の賃上げも行う・最低賃金の底上げにも取り組む・・・など、もっと他のことをやってほしいですね。

税率が入り混じっている会計報告書を見て、合っているのかどうか税務署がいちいち計算するのも時間の無駄でしかない気がします・・・笑

会社側も、税理士や会計士も、挙げ句の果てには税務署も、お金に携わる人全てが複雑な計算をすることになるだけで、なんのメリットもなく、逆に手間ばかり増えてしまう気がします。

まとめ

というわけで、今回の記事では軽減税率制度の簡単な説明と、軽減税率に対して私が無駄だと思う3つのことについてお話ししました。

今回の記事を簡単にまとめると・・・

1.販売者側の税金の計算が面倒

販売者側の税金の計算が超面倒くさい。8%でも10%でも一律であれば問題ないが、販売したものや内容・サービスによって税率が違うのは面倒臭い。お店側の税金の計算も大変だし、税理士・会計士とのやりとりも煩雑になる。

 

2.販売者側の設備を整えるのにお金がかかる

販売者側からすると設備を整える必要がある。具体的にいうと「レジ」など。従来のレジではこのような税率に対応していないの、全店舗でレジを整備する必要がある。スーパーで売られている商品の値札なんかもそう。何千もの種類の値札を変えなければいけない。

 

3.税率が正しいのかいちいち気にしないといけない

例えばコンビニでお弁当を買った時に、持ち帰りなのかイートインなのかで税率が変わる。いちいち「あの人は持ち帰りで買ったのにイートインで食べているぞ!ズルしている!!」みたいな、余計なことを考えるのが面倒。そんなことを考える時間と神経が無駄。

 

どうせ上げるなら一律10%の方が良いと思う

販売者はもちろん、消費者にとっても面倒でしかない軽減税率制度。税金をあげるのなら、一層のこと一律10%にしたほうがいいと思う(その代わり、給料の賃上げ・最低賃金の底上げなどは必要)。会社側も会計士も税務署も面倒でしかない。

私個人的には大して面倒なことはありませんが、買い物をする時に計算するのが少し面倒ですよね。

また、私は普通のサラリーマンなので、税率が上がったところで仕事が面倒になるということもありませんが・・・職種によってはとても面倒臭いことになると思います。

  • 税金の計算が超面倒臭いし
  • 軽減税率制度に合わせて整備しないといけないし
  • 税率が合ってるかどうか計算しないといけないし

ミニマリスト的なことを言うと「無駄なことしかない制度だ!」と思う、軽減税率制度でした・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)