バックパック選びのポイント

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

以前の記事でマムートのバックパックを購入したとお話ししました。

マムートのバックパックを買っちゃいました…

今回は、以前使用していたSEALのリュックと比較し、それぞれの良い点と悪い点についてお話しします。

そして、私が思うバックパックを選ぶときのポイントについてもお話しします。

リュックやバックパックを購入する際は参考にしてみてくださいね。

リュックとしての機能

まずはじめにリュックとしての機能です。

マムートのバックパックは基本構造がリュックになっており、横側にも取っ手がついている、という感じですね。

一方で、SEALのリュックは、どちらかというとショルダータイプ、もしくは取っ手を使うことが基本構造であり、あくまでも「リュックとしても使うことも可能」という感じです。

なので、SEALのリュックは、リュックとして使う(縦向きに使う)にも関わらず、書類やパソコンの出し入れするポケットはカバンとして使う向き(横向き)になっており、出し入れしにくかったです。

私は手がふさがるのが好きじゃないので、断然リュック派です。

なので、当たり前の話ですが、リュック(縦向き)を基本構造としている方が使いやすいに決まっていますよね。

3way に要注意!
もしあなたが私と同じように「リュック派」であれば、カバンを買うときは注意しましょう。よくある 3way なんかは「ショルダーにもなるしリュックにもなる!」と言われますが、リュックとして使うには不便さを感じてしまうこともあります。

収納力

次に収納力ですが、結論から言うとマムートの方がいいです。

そもそも容量が大きいので。

なので、2〜3泊の出張が多い私にとってはぴったりのサイズです。

ただ、マムートはスペースが完全に仕切られており、

  1. メイン
  2. シューズ入れ
  3. ガジェット系
  4. 書類、パソコン類
  5. 小物

と言うように、それぞれのスペースが完全に分かれています。

メインがこちら。右下がシューズ入れ。

こちらがガジェット系。

書類やパソコン。

小物入れ。

大きさはあるものの、スペースを有効に使わなければ、意外と入るようで実は入らなかったりします。

その点、SEALは特に仕切りがなかったので、何も気にせずリュックの中に詰め込んでいました。

耐久性

マムートは買ったばかりなのでなんとも言えません。

SEALに関しては、そもそも「タイヤのゴムチューブを再利用して作っている」と言うブランドであり、私のリュックはそれに加えて「船舶用の防水シートを使用」と言う、超耐久性コンビネーションのリュックでした。

なので、破れたりすることは一切ありません。

コーティングが剥がれている箇所も多少はありますが、耐久性に関しては抜群に良い、と言えるでしょう。

防水性

マムートは撥水加工が施されているので多少の雨は平気です。

ただし、土砂降りの大雨になると流石に・・・と言うのが店員さんの意見でした。

まだ使って間もないのでなんとも言えませんね。

一方で、SEALに関しては、前述の通り水を通さない素材でできており、かつ止水ジッパーをしようしているので、きちんとジッパーを締めていたら、大雨に晒しても中に浸水することはありません。

注意
とは言っても、さすがに水たまりの中に浸かってしまうと浸水します。あくまでも「普通に使っていたら問題ない」と言うことです。

背負い心地

マムートはリュックとしての思想で作られており、背面はメッシュの柔らかい素材、かつ人間工学に基づいてショルダーが設計されているので、背負い心地はとても良いです。

荷物を大量に入れて背負っても、はっきり言ってあまり疲れを感じません。

SEALに関しては、背負い心地は悪いです。

そもそも商品自体がリュックとしての思想ではないですし、背面もメッシュ等ではなくタイヤのゴムチューブでできているので、硬いし痛いし汗はかくし、はっきり言って超絶悪かったです。笑

後、素材が重たいので、空の状態のリュックでも重たいです。

使いやすさ

これまでを総評することになると思いますが、やはりマムートは使いやすいです。

そもそもがリュックとしての機能を備えていますし、収納スペースをうまく使いこなせたら、日々不便を感じることはないでしょう。

SEALに関しても自分の使い方次第ではあると思いますが、やはり書類や物の出し入れがしにくい・・・と言うのはリュックとしては欠点ですね。

ただ、今改めて考えてみると、収納スペースは自分にぴったりだったのかなあと思います。

下の収納スペースはカッパを入れて、上の収納スペースはガジェットケースを入れて、メインの収納スペースは折り畳み傘や筆箱などを入れて・・・と、ちょうど良いサイズ感ではありました。

というよりも、持ち主がリュックの容量に合わせるんだと思いますけどね。笑

バックパック選びのポイント

上記とともに、やはり大事なポイントを挙げるとしたら

  • 使いやすさ
    物の出し入れは簡単か。リュックとしての向きで使うことを前提に収納が配置されているか。
  • 背負い心地
    肩に負担がかかりにくいか。背中は暑くならないか。
  • 耐久性・耐水性
    屋外でも問題なく使えるか。雨が降っても大丈夫か。

ですかね。

もしあなたがバックパックの購入を検討されているなら、バックパック選びの参考にしてみてくださいね。

MAMMUT(マムート) セオン トランスポーター 26L

森野帆布 x SEAL ビジネスバッグ 3WAY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Twitter
Feedly
SHARE