ミニマリストになる過程

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

今回は、私がミニマリストになるまでの過程を簡単にお話しします。

欲望にあふれた自分

高校を卒業して社会人になってから、ずっと一人暮らしをしてきました。

当時はワンルームの部屋か1Kの部屋に住んでいました。

昔はYouTuberや有名な人の部屋を見て「自分もあんな広い部屋に住みたい!おしゃれな家具が欲しい!カッコいい服がいっぱい欲しい!」なんて思ってた時期もありました。

その度に、ネットで広い部屋を探してみたり(家賃が高くて絶対に住めないが)、ネットやお店で家具巡りをしたり、ウインドショッピングが普通のショッピングになっていたり、と言う行動を繰り返していました。

今考えるとゾッとしますが、何であんなにもお金を使っていたんだろうと不思議で仕方がないです。

もちろん、必要なものだったらいいのですが、家具も服も買って数ヶ月したら飽きて、また別のものを買い換える、という典型的なお金の使い方が荒い人間でした。

満たされない自分

でも、ある日感じました。

こうして物を手に入れても、満たされるのはその一瞬だけで、すぐに飽きて使わないようになる。満たされる一瞬を求めてまた違うものに手を出す、これをただ繰り返しているだけだと。

それと同じタイミングでミニマリストの存在を知ったのですが、まさに当時の自分は、ミニマリストになることがぴったりだ、と思った瞬間でした。

欲望にあふれた自分とは真逆で、無駄なものは持たない最小限主義者、毎日着る服は同じ、部屋には家具がない、食べるものは毎日ほぼ同じ、そんなミニマリストを知って、衝撃を受けました。

自分はなんて無駄なことばかり繰り返していたんだろう、自分もミニマリストを目指してみたら何か変わるんじゃないか、と思い、ミニマリストを目指したのでした。

「モノは自分を満たしてくれない。」という言葉を心において。

ミニマリスト生活のスタート

いきなりありとあらゆるものを断捨離したわけではありません。

とりあえずなくてもいいと瞬時に判断できるものを手放して行きました。

大きなもので言えば

  • ソファー
  • カーペット
  • 本、本棚
  • 机(何個もあったので一つだけに)
  • 収納家具全般
  • トースター
  • 炊飯器

パッと思い当たるもので、こんな感じですね。

大きな家具を捨てるだけで、床が見える範囲が大きくなります。そうすると、部屋が広いと感じるようになります。あと、掃除もめちゃくちゃ楽ちんになります。

それを機に、以下の手順でものを徐々に手放していきました。

  1. 同じようなものが2個以上あって、一方を使っていないならば捨てる
  2. 全ての持ち物を見直して、数ヶ月以上使っていないものがあれば捨てる
  3. 「いつか使うかも」と思って取っているものを捨てる

※これ、意外と物が減ります。例えば、100均で買った壁に刺すフックとか、スーツケースの奥に入ったままの使っていないハンカチとか、一年以上来ていない服とか、、、探せば数十個〜数百個は出てきますから。

そして、いつのまにか私はミニマリストになっていました。

ミニマリストになってから

昔は広い部屋に住みたいと思っていましたが、今ではあまり思わなくなりました。

部屋の広さがあっても、ものが少なくてそのスペースを使わないので無駄になるということと、ものが少な過ぎて広い部屋に住んでも寂しいからです。笑

結婚を控えているので、引越しして今までより少しだけ広い部屋に住み始めましたが、ぶっちゃけ部屋の中はスカスカです。

でも、自分の欲は満たされています。

何不自由なく普通に生活できているし、その上を求めても何も満たされないということがわかったので、そもそも欲が無くなりました。

ミニマリストになってから余計に感じるようになりましたが、基本的に多くのものを所有しても自分の心は満たされません。

それよりも、本当に必要なものだけを持ちましょう。

モノに囲まれているうちはいつまでたっても満たされません。そうではなくて、自分の周りに最小限のもので囲むようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)