文章を分かりやすくするための7つの簡単なコツ

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

以前の記事で「分かりやすい文章と分かりにくい文章」についてお話ししました。

とにかく分かりやすくシンプルに

今回は、ブログを始めたてのあなたの為に、文章を分かりやすくするための7つの簡単なコツについてお話しします。

決して高度なテクニックではなく、日頃から注意していれば自然と身に付けることができますので、ご安心ください。

ただし、一つ注意点として、毎日ブログを書く上で「ちゃんと分かりやすくなっているか?」という点には注意するようにしましょう。

ただ記事をズラズラと書くだけならば、読み手にとって優しいコンテンツとは言えませんからね。

なので、ブログを書き終えた後は必ず文章をチェックする癖をつけましょう。

なぜ分かりやすい文章が必要?

そもそも、なぜ分かりやすい文章が必要だと思いますか?

答えは簡単で「相手に理解してもらうため」です。

以前の記事でも少し書きましたが、あなたが想像している以上に、相手はあなたのことを理解していません。

なので、丁寧で分かりやすい文章を書かなければ、あなたの思いは相手に伝わらないのです。

「ただ自己満足で書いているだけだから別に良いんだ!」というならば話は別ですが、それならばそもそもブログを書く必要はなく、日記を書けば良い話です。

ブログを書くということは読み手がいてこそ成り立つものであり、読み手のためにもあなたは「分かりやすい文章」を書く必要があるのです!!

文章を分かりやすくするための7つの簡単なコツ

ということで、分かりやすい文章が必要だということを理解してもらったところで、早速コツについてお話しします。

コツは全部で7つあります。

適度な余白を設ける

快適な空間には適度な余白があることと同じで、人間は適度な余白がある方が気持ちがいいと感じます。逆にぎゅうぎゅうに詰まっていると窮屈で心地よくありません。文章を書く上でも適度な余白を設けるように注意することで、文章が一気に読みやすくなります。例えばですが、文章がぎゅうぎゅうに詰まっているページを読むのと、適度に空白があるページを見るのと、あなたはどちらが楽に読めますか?もちろん後者だと思います。極論を言うと、人間は文字がびっしりと書かれている「書籍」よりも適度に空白がありイメージ効果も併せ持つ「漫画」の方が読みやすいと感じるのです。ブログでアニメのようにする必要はありませんが、適度な余白を設けるようにしましょう。

 

・・・どうでしょう?

読みやすいと思いますか??

全く読みやすくありませんよね??笑

というわけで、適度な余白を設けるとこんな感じになります。

==================================

快適な空間には適度な余白があることと同じで、人間は適度な余白がある方が気持ちがいいと感じます。

逆にぎゅうぎゅうに詰まっていると窮屈で心地よくありません。

文章を書く上でも適度な余白を設けるように注意することで、文章が一気に読みやすくなります。

例えばですが、文章がぎゅうぎゅうに詰まっているページを読むのと、適度に空白があるページを見るのと、あなたはどちらが楽に読めますか?

もちろん後者だと思います。

極論を言うと、人間は文字がびっしりと書かれている「書籍」よりも適度に空白がありイメージ効果も併せ持つ「漫画」の方が読みやすいと感じるのです。

ブログを漫画のようにする必要はありませんが、適度な余白を設けるようにしましょう。

==================================

改行するだけでこんなにも読みやすくなります。

MEMO
あと、文章の頭はできるだけ揃えるようにしましょう。
今の時代はスマホで見られることがほとんどなので、基本的には縦長のページになります。
そうすると、大体の人はスクロールして飛ばし読みする傾向があります。
そんな時に、文章の頭が揃っていないと大事な部分まで読み飛ばされやすいので。

句読点や一文の長さ

次は句読点や一文の長さに注意しましょうというお話なのですが、長文になると理解されにくくなってしまうものの、ただ句読点を使って文章を細かく分ければいいというわけではなく、適度な長さの文章を意識することを心がける必要があり、かと言って短くしすぎるとブツブツと単調な文章が続いてしまうので幼稚な印象になってしまい、この辺りも文章の長さや区切りのバランスが非常に大事と言えますが、ブログを書き続けていたら自然と慣れてくるものですし、あなたがビジネス文章が鬼のように苦手だという人間でない限り、少し注意を払っていれば問題ないと思いますが。

 

・・・どうでしょうか。

変な日本語でしょ!?笑

実は上記の文章は「、」で区切ってあるだけで、超長い1文になっています。

これでは何のことか途中で分からなくなるし、相手の理解も得られませんよね??

==================================

次は句読点や一文の長さに注意しましょうというお話です。

長文になると理解されにくくなってしまうので注意が必要なのですが、ただ句読点を使って文章を細かく分ければいいというわけではありません。

短くしすぎるとブツブツと単調な文章が続いてしまうので幼稚な印象になってしまいます。

なので、この辺りも文章の長さや区切りのバランスが非常に大事と言えます。

常に「適度な長さの文章」を意識することを心がける必要があります。

ブログを書き続けていたら自然と慣れてくるものですし、あなたがビジネス文章が鬼のように苦手だという人間でない限り、少し注意を払っていれば問題ないと思いますが。

==================================

文章に「。」を入れて区切るだけで、こんなにもスッキリとした文章になります。

注意
ただ、上記にも書いたように、あまりにも短い文章が続くと「単調な文章」になって幼稚な印象を与えてしまいます。適度なバランスが大事です。

漢字とひらがなのバランス

次に漢字と平仮名に関してお話ししますが、漢字が続くと人間の脳は非常に疲れてきます。

==================================

つぎにかんじとひらがなにかんしておはなししますが、かんじがつづくとにんげんののうはひじょうにつかれてきます。

==================================

次に漢字とひらがなに関してお話ししますが、漢字が続くと人間の脳はとても疲れてきます。

==================================

 

今は3つの例文を書きました。

2つ目の文章はあり得ないとして(笑)、1つ目と3つ目の文章は少しだけ違っているのが分かりますか?(3つ目が理想)

この程度の違いならマシなのですが、漢字ばかりが続いているととても疲れてしまいますし、お固い文章になってしまうので注意が必要です。

例えば「所謂」という漢字。

読みかたは「いわゆる」ですが、ぱっと見で読めない人の方が多いと思うので、こうした感じはひらがなで書くべきです。

その他には「是非」とかも「ぜひ」と書いた方がスッキリしますし「午後三時頃迄」なんかは「午後3時ごろまで」ぐらいの方がスッキリします。

あと、ひらがなだけでなくカタカナを使うことも重要です。

「片仮名」「かたかな」と書くよりも「カタカナ」と書いた方が自然ですし「すっきり」よりも「スッキリ」の方がしっくりときます。

ひらがなが多すぎると幼稚な文章になってしまいますが、逆に漢字が多いと固い文章になってとっつきにくくなる・・・この項目でもバランスがとても重要です。

色使い

次が色使いです。

真っ黒な文字がずらずらと続いていると、ほとんどの人からは重要なポイントとして認識されないので、飛ばし読みされてしまいます。

そんな時に色を使います。

重要な文章にマーカー色をつける。

もしくは文字の色を変える。

こうするだけで「他の部分とは違うんだな」と認識されるので、色が違う部分に目が行きやすくなります。

ただし、あくまで「ワンポイントとして使う」ということがポイントなので、いろんな箇所に色をつけすぎると逆効果になります。

MEMO
プレゼン初心者が初めて資料を作るときは「カラフルだとオシャレに見える」と勘違いして、何十色もの色を使ったカラフルな資料を作ることが非常に多いです。
が、それでは逆に「どこを見たらいいのか分からない」となってしまいます。なので、使う色を抑えるとともに、色を変えるポイントも少しだけにした方が強調できます。

上記の「MEMO」欄もそうなのですが、この部分も他と比べて色が変わっています。

なので、飛ばし読みする方の目にも止まりやすくなります。

箇条書き

次が箇条書きです。

人間は箇条書きが大好きなので、箇条書きをどんどん取り入れましょう。

例えば次のような文があったとします。

==================================

もしあなたが「喉がすぐに乾く」「よく頭痛が起こる」「体がだるい」という症状があるなら、とにかく水を飲みましょう。

必要なのは薬ではありません。

水です。

==================================

こんな感じで、例が複数個並ぶような時こそ箇条書きを使います。

 

もしあなたが

  • 喉がすぐに乾く
  • よく頭痛が起こる
  • 体がだるい

という症状があるなら、とにかく水を飲みましょう。

==================================

こんな感じです。

なお、私は箇条書きを使う際は背景の色を変えるようにしています。(この方が目に止まりやすいので)

後、プレゼンの時なんかもそうなのですが「今から大事なポイントを3つ言います」という場合なども

  1. 適度な余白を設ける
  2. 句読点を使って文章に区切りをつける
  3. 漢字とひらがなのバランスに注意する

こんな感じで数字の箇条書きにすることで、より分かりやすくなり、聞き手も「この3つが重要なんだ」と勝手に理解してくれるようになります。

「」を使う

次のテクニックが「」をうまく使うことです。

長い文章が続いているとどうしても分かりにくい文章になってしまいがちですが、そんな時に「」を使うことで読みやすい文章になります。

少し上の文章で

こんな感じで数字の箇条書きにすることで、より分かりやすくなり、聞き手も「この3つが重要なんだ」と勝手に理解してくれるようになります。

と書きました。

「」を使うことで文章にメリハリをつけるとともに、感情を表すような文章になります。

もう少し上の方には

こうするだけで「他の部分とは違うんだな」と認識されるので、色が違う部分に目が行きやすくなります。

と書いていますが、この部分の「」も同じです。

特に感情表現を表したい時に「」を使うのは超効果的です。

こんな吹き出しを使うのもアリです。

目に止まりやすいですし、漫画っぽい作りになるので頭に入りやすくなります。

同じ言葉を繰り返さない

これはテクニックというよりも日本語の問題になります。

うちの職場のバカ上司や何もできないおじさんたちがこんなメールを打っています。

「これは〜〜なので、こうすることで〜〜になるので、その方が値段も安くなるので、〜〜〜」

この文章には3回「〜ので」が続いています。

このように、同じような言い回しが何回も続くと、そもそも日本語が変と思われて「こいつは文章力がない(というかそれ以前の問題)」と思われてしまいます。

ただ、この項目に関しては、あなたが普通の大人で、一般的なビジネススキルを身につけているのであれば心配する必要はないでしょう。

まとめ

以上が、文章を分かりやすくするための7つの簡単なコツです。

各項目を以下にまとめると、

1.適度な余白を設ける
人間は「適度な余白」がある方が気持ちがいいと感じ、逆にぎゅうぎゅうに詰まっていると窮屈で心地よくない。
適度な余白を設けるように注意することで、文章が一気に読みやすくなる。

2.句読点や一文の長さ
一文が長くなると理解されにくくなるので、句読点を用いて区切りをつける。
ただし、句読点を使って文章を細かく分けすぎると、単調な文章が続いてしまうので幼稚に感じられてしまう。
文章の長さや区切りのバランス感覚を持つことが非常に大事。

3.漢字とひらがなのバランス
漢字が続くと脳が疲れてしまうことと、読み手から「お固い文章」と思われてしまうので、漢字を使いすぎないように注意する。(例:所謂=いわゆる 是非=ぜひ 午後三時頃迄=午後3時ごろまで)
また、ひらがなだけでなくカタカナを使うことも重要。
しかし、ひらがなが多すぎても幼稚な文章になるので注意が必要。

4.色使い
真っ黒な文字が続くと、どこを見たらいいのか分からなくなって読みとばされてしまう。
なので、重要なポイントに色をつけて強調することで、色が違う部分に目が行きやすくなる。
ただし、いろんな箇所に色をつけすぎると逆効果なので要注意。

5.箇条書き

人間は箇条書きが大好きなので、箇条書きをどんどん取り入れる。
例題がいくつも並ぶような時は「・」を付けるだけで、他の文章とは違った雰囲気になるので目に止まりやすい。
また、文章の頭に数字を入れて箇条書きにすることも効果的。数字が入ることで「幾つのことを覚えたらいいんだ?」という考えが生まれ、理解力も増える。

6.「」を使う

文章の中に「」をうまく取り入れることで読みやすい文章になります。

また、感情を表したい時に「」を使うと効果的で、相手に同感してもらいやすくなる。

「」だけでなく吹き出しを使うのもアリ。目に止まりやすいく、漫画っぽい作りになるので頭に入りやすい。(理解されやすい)

7.同じ言葉を繰り返さない

「これは〜なので、こうすることで〜になるので、その方が〜なので」という感じで、同じような言い回しが何回も続くと「こいつは文章力がない」と思われる。

一般的なビジネススキルを身につけているのであれば心配する必要はないが、たまにこんな文章になることもあるのでご注意を。

冒頭に書きましたが、どれも高度なテクニックではなく、少し注意すれば簡単に真似することができますので、あなたもブログを書く際に真似してみてください。

簡単に真似できるものの、取り入れることで読みやすさが格段に上がることは間違いありませんから。

分かりやすい文章はSEO対策にも

ブログやサイトを運営する上で避けては通れない「SEO対策」ですが、とても重要なポイントは「Googleは常にユーザー目線で物事を考えている」という点です。

コンテンツの中身ももちろん重要ですが、それが相手にとって分かりやすいかどうかは別物です。

逆に、相手にとって分かりやすい内容であれば「読み手に対して親切」ということでGoogleも評価してくれやすくなります。(=検索順位が上がりやすくなる)

分かりやすい文章を書くということは、ただブログの内容を相手に伝えるためだけでなく、あなたのブログやサイトをより多くの人に見てもらうためにも大切なことなのです。

P.S.

noteのコンテンツでもライティングに関していくつかのコンテンツを出しています。

今回の記事をもっと深掘りした内容のコンテンツは以下です。

noteのコンテンツ

有料にはなりますが、ブログを書く上でとても重要なことも書いておりますので、興味がある方は今すぐ下記サイトをチェックしてみてください。

note セールスライティング×プレゼン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)