格安SIM「mineo」のメリットデメリット

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

今回の記事は、私が使っている格安SIM「mineo」のレビュー記事になります。

格安SIMに変えようか迷っている

格安SIMに変えるつもりだけどどれがいいの?

mineoを検討しているけど実際どうなのか分からない

上記に当てはまる人は一度目を通してみてください。

mineoと格安SIMについて

まずmineoのことを知らない人のために説明すると、関西電力グループである「株式会社オプテージ」が運営する格安スマホの通信サービスです。

スマホと聞くと、多くの人は「ドコモ」「ソフトバンク」「KDDI」の3大キャリアを想像されるかと思います。

が、格安SIMとはこれらの3大キャリアとは別の通信事業者・提供者のことで、それぞれ独自のサービスで通信事業を運営しています。

mineo(株式会社オプテージ)もその一つですね。

その他の有名どころでいえば「LINE MOBILE」「BIGLOBEモバイル」「UQモバイル」などですかね。

なお、格安SIMと聞くと「格安ってことはちゃんと通信できるの??」という疑問が生まれます。

が、独自のサービスを提供しているとは言っても、実際に使う回線は3大キャリアの回線を借りて使っているので、普通に通信できます。

MEMO
実際、私はmineoのドコモ回線を使っていますが、通信できなくて困るということは今のところありません。

「じゃあなぜ格安なのか?」というところですが、基本的に3大キャリアのように店舗を持たないことが挙げられます。

実店舗を持たないことで人件費を抑えているということですね。

それでは前置きはこのあたりにしておいて、早速mineoのメリット・デメリットについてお話しします。

mineoのメリット

それではまずはメリットからお話しします。

基本料金が安い

まず、これは格安SIM全てに言えることですが、3大キャリアに比べると基本料金がとても安いです。

ソフトバンクを使っていた時は7000〜8000円ぐらいは払っていました。

電話を多く使った時はさらに高くなることももちろん。

でも、mineoに関しては、月々2000円ちょっとです。

しかも、私は特典期間中に契約したので、初年度は1000円代でした。

初月の利用料。初期費用(契約手数料)がかかっていますが、基本料金だけでいうと1600円ぐらいです。

使い始めて半年ぐらいが経過した時。1500円以下という驚きの料金。

今は2年目なので基本料金が毎月2500円ぐらい(税込、諸々料金込み)ですが、それでも3大キャリアに比べると非常に安いことがお分かりいただけると思います。

ちなみに、私が利用しているのはデュアルタイプ(データ通信と音声通話)のドコモ回線、6GBです。

使わなかったパケットを翌月に持ち越せる

これはmineoの大きなメリットだと思います。

私は6GBのプランを使っていますが、自宅には光回線を引いているので基本的にmineoの通信で動画を見たりすることはありません。

となると、毎月パケットが余るんですよね。

そうなると、翌月分に持ち越せます。(=単純に翌月分のパケットが12GB分になる!)

少しもったいない気がしますが、出張先でWi-Fiがない場所もあるので、そんな時のためにパケットを溜めておくようにしています。

mineoは500MB〜30GBまでのプランがあるので、あなたの日頃の使用量に合わせてプランを選びましょう。

「よく分からない」という人は、とりあえず6GBで良いと思います。

MEMO
後から変更することもできるので、足りなければグレードアップ、余るようであればグレードダウンすれば良いでしょう。

手続きが簡単

これは格安SIM全体に言えることですが、基本的にはネットで手続きが完結します。

以下の公式サイトに契約手続きの流れが書かれてあります。

mineo契約手続きの流れ

ざっと説明すると、

  • クレジットカード
  • 電話番号とメールアドレス
  • 本人確認書類(免許証)
  • MNP予約番号

必要なものは上記となります。

「MNP予約番号」とは、他社から格安SIMに乗り換える際に必要な番号となります。

今現在契約している会社によってMNP予約番号の取得方法が異なりますので、詳細は以下のサイトより確認ください。

MNP予約番号について

が、これも別に面倒な手続きではなく、全て自宅で完結できます。

最近店舗には行っていませんが、昔3大キャリアの店舗に行ったら、とにかくいつ行っても混雑していて待たされた記憶しかありません・・・

そのような時間の無駄は発生しません。

mineoのデメリット

それでは次にデメリットについてお話しします。

なお、mineoに限った話ではなく、格安SIM全体に言えることが多いですかね。

SIMフリースマホが必要

格安SIMとは、そもそも3大キャリアとは別のSIMカードを使います。

ここで少し問題となるのが、今あなたが使っているスマホのSIMロックがかかっているかどうか、です。

他社から格安SIMに乗り換える際、大手キャリアのスマホには「SIMロック」というものがかかっています。
これは、大手キャリアが他社に乗り換えられないようにするために、その機種がそのキャリアのSIMカードしか反応しないようにロックをかけているわけです。
なので、SIMロックを解除しない限り格安SIMは使えないということになります。

なお、2015年に総務省が「SIMロック解除原則義務化」を開始しました。

そのため、期間や使っている機種によってはSIMロックを解除することができますが、もしかしたらSIMロックが解除できない場合があります。

そうなると、機種変更しない限り格安SIMが使えないので要注意です。

SIMロックに関しては、以下サイトに詳しく記載がありますので、こちらをご参照ください。

SIMロックに関して

KDDIのSIMロック解除

ソフトバンクのSIMロック解除

docomoのSIMロック解除

MEMO
Apple Storeで購入した iPhoneはすべてSIMフリースマホとなっているので、問題なく使えます。

通話料が高い

3大キャリアに比べると通話料は割高になります。(mineoの場合で20円/30秒)

なので、これもデメリットであるとは言えます。

日頃から通話が多い方は通話料が安くなるプランを選んだほうがいいです。

私は基本通話をすることはあまりなく、少なくとも知人と連絡を取るときはLINE通話を使うようにしているので問題ありませんが。

店舗がない=サポートが不十分?

あまり不便に感じたことはありませんが、例えば何か問題があった場合に店舗に行って店員さんに相談できないということがあります。

よくあるサポート窓口(電話対応)は、電話対応と書いておきながらいつ電話しても繋がらない・・・ということがありますよね。

なので、やはり分からないことあったら実店舗に行って実際に店員さんに話をして解決してもらう・・・というのはありがたいことではあります。

格安SIMは実店舗がないのでこの辺りはデメリットと言えるでしょう。

MEMO
とは言っても、ネットで手続きが完結できるぐらいなので、ネットで調べたらいくらでも解決方法が出てくるんですけどね。笑

回線速度が遅い時がある

3大キャリアの回線を借りているということもあって、やはり通信速度が遅い時間帯があります。

mineoの場合(他の格安SIMも同じかもしれない)は、12〜13時のお昼の時間帯が一番速度が落ちます。

みんなお昼の休憩中にスマホを見るので、回線が混み合うものと思われます。

普通にネットを見ることはできますが、高画質の動画や画像を見ようとすると、少しストレスを感じてしまうかもしれません。

3大キャリアの場合は鬼のような速度が出ているので、通信速度に関してもデメリットと言えるでしょう。

なお、それ以外の時間帯は普通にサクサク使えます。

夜21時過ぎに速度を測ってみましたが、ダウンロードで111Mbps・・・早すぎでしょ。笑

通常で15Mbps前後は出ますので、普通にYouTubeを見れます。



3大キャリアは使う必要なし

以上、mineo(格安SIM)を使うメリット・デメリットについてお話ししました。

もちろんメリットだけではなくデメリットもあるわけですが、大体のこととはカバーできるレベルだと思います。

  • SIMフリースマホが必要=Apple StoreでiPhoneを買うので問題なし。
  • 通話料が高い=LINE通話を使うので問題なし。
  • 店舗がない・サポートが不十分=ネットで調べれば大体解決できる。
  • 回線速度が遅い時がある=自宅には光回線あり。会社でもLINEする程度なので問題なし。

また、これらのデメリットを考えても、とにかく毎月の通信料を格安に抑えられるということは非常に大きいです。

先ほどもお話ししましたが、私の毎月の料金は2500円前後です。(1年目に至っては1600円前後でした。)

格安と言っても、普通にデータ通信はできていますし、特に心配することもありません!

もしあなたが「格安SIMに変えようか迷っている」という状況ならば、今すぐ格安SIMに変えることをお勧めします!

オススメの格安SIM

というわけで、私がオススメする格安SIMをご紹介します。

mineo

まずは私が利用しているmineoから。

詳細は上記に書いた通りですが、とにかく問題なく使えているので。

私が契約した時は「KDDI回線」「ドコモ回線」だけでしたが、今は「ソフトバンク回線」が使えるようになっています。

MEMO
回線についてはあなたの好き好みで問題ないと思います。


LINE MOBILE

続いて誰もが利用しているであろうLINEが運営しているLINE MOBILE。

LINEやTwitter、FacebookなどのSNSを頻繁に利用する人に向いています。

というのも、こうしたSNS利用のデータ通信はカウントされないという「カウントフリー」のサービスがあるからです。

また、大手キャリアと同様年齢認証ができるようになったので、他の格安SIMではできない「LINEのID検索」ができる唯一の格安SIMです。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEが運営している格安SIMです。

コンテンツサービスが充実しているので、動画や音楽サービスを利用する機会が多い人には向いていると言えます。

今はキャッシュバックも行なっており、契約者数も非常に増えている格安SIMです。

なお、私はBIGLOBEの光回線も使っていますが、合わせて使用すると料金が安くなります。

次にmineoから乗り換えるとしたらBIGLOBEモバイルかなあ・・・と考えています。

UQモバイル

最後がUQモバイル。

こちらはCMでもYouTubeの広告でもよく見かけます。

auのサブブランドという位置付けであり、通信速度に関してはauとほぼ同じ速度が出ます。

その割には料金も auに比べると安いので、一体どうやって格安にしているんだ??という感じです・・・(そもそも auを安くすればいいんじゃないか??)

なので、通信速度を重視する方にはもってこいの格安SIMです。

キャッシュバックキャンペーンもあるので、契約するなら今かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)