嫁がスマホ決済を始めて「超便利」と言うのでミニマリストもスマホ決済始めてみた

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

軽減税率が適用されてから話題となっているスマホ決済。

これまでは普及率がスマホユーザーの2割にも満たないという状態でしたが、軽減税率制度が始まってからというもの、ぐんぐんスマホ決済を使う人が増えています。

そして・・・あまり機械には強くない嫁が

スマホ決済始めてみた!

と言い始めました。

私はミニマリストでありながら、今だにスマホ決済を使ったことがない・・・

このままではまずい!!

と思い、私もスマホ決済を導入してみることにしました。

今回の記事では、スマホ決済のメリットやデメリット等の感じたことについてお話しするとともに、私がオススメするスマホ決済アプリをご紹介したいと思います。

スマホ決済のメリット

まずはスマホ決済のメリットからお話しします。

現金を持ち歩かなくて良い

まず第一に、現金を持ち歩く必要がなくなります。

これまでの生活を考えると「外出時はスマホと財布と家の鍵を持ち歩く」というのが最低限の持ち物だったと思います。

しかし、ここから財布を持ち歩く必要がなくなりますので「スマホと家の鍵だけ」という状態になります。

スマホさえあれば時計もいらないし財布もいらない・・・荷物を減らせるという意味ではミニマリストにとってもってこいですよね。

なお、現金だけでなくクレジットカードや交通系ICカードを持ち歩く必要も無くなります。

Suicaなどはスマホに登録できるし、クレジットカードをiPhoneに登録することもできますしね。

いちいち小銭の計算をする必要がない

次に、現金を使う上で「小銭の計算」が発生します。

コンビニで何かを買うときも、スーパーで何かを買うときも、いちいち小銭を計算するって面倒臭いですよね?(慣れたら別にそうでもないかもしれませんが)

私が使用しているabrAsusの小さい財布は小銭がそこまで入らないので、小銭を減らせるように計算しないとすぐに財布がパンパンになって閉まらない状態になります。

ミニマリストがabrAsusの小さい財布を使ってみた結果【2019年8月更新】

しかし、スマホ決済にすることで、そうした小銭の計算をする必要がなくなります。

これも割とストレスフリーだったりします。

ポイント還元が意外と高い

最後に、スマホ決済のメリットとしてはポイント還元率が高いということですかね。

軽減税率導入したてということもあって、特に今の時期が高いだけなのかもしれませんが・・・

現金で購入するとただお金が減っていくだけなのに対して、スマホ決済にするだけで数ポイント貯まっていくわけです。

仮に還元率が1%だったとすると、

  • 現金で10万円:還元無し
  • スマホ決済で10万円:1000円還元

ということになります。

現金支払いからスマホ決済に変えるだけでお金が還元される・・・とても便利な時代です。

スマホ決済のデメリット

それでは次に、スマホ決済のデメリットについてお話しします。

セキュリティに多少の不安

以前ニュースにもなっていましたが・・・

やはり電子機器を使うとなると付きまとうのがセキュリティ面での不安。

スマホ決済に限ったお話ではありませんが、クレジットカードを登録するということは、カードの番号を盗み取られる可能性も増えるということ。

これは紛れも無い事実なので、

  • 限度額の低いクレジットカードを登録する
  • カード登録ではなくチャージ式(プリペイド)にする

と言った対策をするべきでしょう。

しかし、見方を変えれば

  • 現金は落としたら終わり(誰のものかも分からない)
  • スマホの場合は落としてもロックがかかっていれば使われることはない

ということにもなります。

一概に「スマホ決済のセキュリティが弱い」とは言えませんね。

使えるお店が限られている

次に、まだまだ使えるお店が限られているという点です。

コンビニや大手飲食店では使えるようになっていますが、ローカルなお店では使えないことがほとんどです。

そもそも、小規模のお店からするとこうした決済で手数料を取られるというのは非常に痛いですからね。

MEMO
クレジットカードすら使えないお店であれば、おそらくスマホ決済も使えないでしょう・・・

また、東京や大阪などの都心部であれば話は別かもしれませんが、少なくとも私が住んでいるまあまあ田舎の地方ではまだまだ浸透率は低いですね。

お店には導入されているにしても、店員さんにスマホ決済の知識がなくてあたふたする・・・という場面も多少ありました。

これは導入したてのお店であれば仕方がないことではありますが「まだまだ浸透率が薄いのかなあ」と実感した次第です。

とは言っても、コンビニや大手飲食店、スーパーで使えるのであれば、日常生活する上で問題なく使えるとは思いますけどね。

MEMO
ちなみに・・・私の家の近所にあるゴルフ打ちっ放しのお店でもPayPayが使えるらしいです・・・笑

田舎なのにwww

スマホの充電が切れたら終わり

これが最大のデメリットだと思うのですが・・・

例えば外出時にスマホの電池が切れてしまった場合、スマホ決済をすることができません。

現金を持っていれば問題ないのですが、現金は持たずにスマホ一台しか持ち歩いていなかった場合、コンビニで缶コーヒーすら買うことができない状態になります。笑

スマホの充電が切れて電車に乗れず・・・
以前東京に出張していた際、電車に乗ろうとスマホを取り出したら電池が切れていて、なかなか改札を通過できずに電車が行ってしまった・・・という光景を目の当たりにしましたが、これもまさにスマホ決済のデメリットであると言えます。

スマホ決済だけでなく、いろんなものをスマホに集約しているこの時代、特にスマホの電池が切れるということは致命傷です・・・

なので、スマホの充電はこまめにチェックするか、モバイルバッテリーを持ち歩くなどの対策をしておきましょう。

ミニマリストがAnkerのモバイルバッテリー買いました。

オススメのスマホ決済アプリ

スマホ決済のメリット・デメリットを理解したところで、次にオススメのスマホ決済アプリについてお話しします。

PayPay

ソフトバンク系列会社が運営するスマホ決済アプリで、2018年12月に「100億円あげちゃうキャンペーン」で一躍話題になったPayPay。

なんと言っても、使えるお店が圧倒的に多いというのが最大のメリットでしょう。

  • 運営会社:PayPay株式会社
  • 決済方法:PayPay残高(銀行口座またはヤフーカードからチャージが可能)、Yahoo!マネー、クレジットカード
PayPayが使えるお店
  • コンビニ:セイコーマート、セブン-イレブン、ファミリーマート、ミニストップ、ポプラ、ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100
  • 百貨店・デパート:キャナルシティ博多、マリノアシティ福岡、リバーウォーク北九州、木の葉モール橋本、天王寺ミオ、羽田空港、阪急百貨店、阪神百貨店、阪急メンズ、ラ・チッタデッラ、マルヤガーデンズ
  • ドラッグストア:アインズ&トルペ、アインズ、LIPS and HIPS、アカカベ、ウエルシア、ウエルシアダックス、ハックドラッグ、ハッピードラッグ、ビビオン、マルエドラッグ、ドラッグ・イン・キムラヤ、キリン堂、クスリのアオキ、ゲンキー、コクミン、ココカラファイン、コスメティクスアンドメディカル、ゴダイドラッグ、サツドラ(サッポロドラッグストアー)、サンドラッグ、ドラッグ新生堂・くすりのハッピー、スギ薬局、ジャパン、ツルハドラッグ、ウォンツ、くすりの福太郎、レデイ薬局、ジョヴィ、ウェルネス、サーバ、B&Dドラッグストア、SEIMS、ドラッグストア・セキ、トモズ、ドラッグイレブン、メガドラッグ、ビックドラッグ、コジマドラッグ、Vドラッグ、マツモトキヨシ、Pupuleひまわり、薬王堂
  • 家電量販店:エディオン、100満ボルト、ケーズデンキ、ジョーシン、デンキチ、パソコン工房、グッドウィル、PCデポ、ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、ベイシア電器、ヤマダ電機、ツクモ、ベスト電器、マツヤデンキ
  • 飲食店:上島珈琲店、牛角、フレッシュネスバーガー、しゃぶしゃぶ温野菜、かっぱ寿司、ピザーラ、松屋、魚民、白木屋、笑笑、月の宴、和民など
  • ファッション・雑貨:earth music&ecology、AMERICAN HOLIC、E hyphen world gallery、Green Parks、Koe、ジーンズメイト、OUTDOOR PRODUCTS、タカキュー、DIESEL、Mac-House、はるやま、パーフェクトスーツファクトリー、Parade、PINKHUNT(ピンクハント)、BABY DOLL(ベビードール)、Right-on
  • ホテル・旅行:H.I.S(エイチ・アイ・エス)、京王プラザホテル札幌、ホテル聚楽グループ、JRイン札幌、JRタワーホテル日航札幌、ホテルヴィスキオ大阪、ホテルヴィスキオ尼崎、ホテルグランヴィア大阪、ホテルグランヴィア京都、東横イン、ホテルマイステイズグループ、ホテル日航新潟、ホテルモントレグループ、ワシントンホテルプラザ
  • レジャー・娯楽:Kid’s US.LAND(キッズユーエスランド)、カラオケコロッケクラブ、ジャンカラ、タックルベリー、CINECITTA、ビッグエコー、ヤフオク!ドーム、よみうりランド

PayPay公式サイト

楽天ペイ

続いて「楽天」と名前がついているだけで安心できてしまうブランド力を持つ、楽天グループが運営する楽天ペイ。

PayPayに比べると店舗の対応数は劣りますが、何と言ってもポイントの貯まりやすさが最大の見どころです。

ちなみに私も楽天ペイを使っています。

楽天ヘビーユーザーであれば、楽天ペイを使うことをオススメします。

  • 運営会社:楽天株式会社(Rakuten,Inc.)
  • 決済方法 クレジットカードによる後払い
楽天ペイが使えるお店
  • コンビニ:ローソン、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ
  • ドラッグストア:スギ薬局、Vドラッグ、ドラッグイレブンなど
  • 家電量販店:エディオン、ケーズデンキ、ジョーシンなど
  • 飲食店:上島珈琲店、ピザーラ、白木屋、魚民、笑笑、はなの舞、千年の宴、和民など
  • ファッション・雑貨:AOKI、Right-on、Stepなど
  • レジャー・娯楽:ジャンカラ、ビッグエコーなど

楽天ペイ公式サイト

LINE Pay

スマホユーザーの多くが利用しているLINEの決済アプリ。

加盟店での買い物の支払いはもちろん、LINEの友達と割り勘、送金などが簡単にできるため飲み会やイベントなど多くのシーンで役に立つ・・・というのが最大の見どころです。

学生や飲み会が多い社会人向けと言えますね。

  • 運営会社:LINE株式会社
  • 決済方法:銀行口座によるチャージ、LINE Payカード、コンビニ、オートチャージ
LINE Payが使えるお店
  • コンビニ:ローソン、ファミリーマート、セイコーマート
  • 百貨店・デパート:阪急百貨店、阪神百貨店
  • ドラッグストア:サンドラッグ、アカカベ、トモズ、アメリカンファーマシー、ウエルシアグループ、ドラッグ新生堂、くすりのハッピー、サンドラッグ、大賀薬局、アインズ&トルペ、アインズ、ココカラファイン、ツルハ、くすりの福太郎、ドラッグストアウェルネス、ウォンツ、くすりのレデイ、B&Dドラッグストア
  • 家電量販店:エディオン、コジマ、ジョーシン、ビックカメラ、ヤマダ電機
  • 飲食店:上島珈琲店、スターバックス、マクドナルド、松屋、白木屋、魚民、笑笑、千年の宴、山内農場、和民など
  • ファッション・雑貨:メガネドラッグ、マックハウス、BIG M ONE、紳士服のザザホラヤ、紳士服の山下、Right-on、ラコステ、リップス&ヒップス、株式会社メガネスーパー、ZOZOTOWN、SHOPLIST.comなど
  • レジャー・娯楽:ビッグエコー、ジャンカ、アクアシティお台場、横浜赤レンガ倉庫など

LINE Pay公式サイト

キャッシュレスな時代に

というわけで、今回の記事ではスマホ決済に関してお話ししました。

私もスマホ決済を始めて間もないですし、私が住んでいる地方ではまだまだ浸透率は高くありませんが・・・

そうは言っても「とうとうキャッシュレスの時代か」と実感してきました。

デメリットは色々とありますが、おそらく10年後には現金がなくなっている・・・なんてこともあり得る話ですからね。

また、いずれは

あのお店はスマホ決済できないからやめておこうよ!

ということで、お店側としては集客効果が落ちてしまう・・・なんてことも起こるでしょう。

MEMO
スマホ決済できるかどうかは集客ステータスの一つ・・・みたいな。

スマホ決済はポイント還元率が高いのも事実ですから、今の内にスマホ決済に慣れておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)