超簡単!ワードプレスのはじめ方:ワードプレスインストール編

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

今回の記事ではワードプレスのインストール方法・設定方法についてお話しします。

サーバー・ドメインの取得・設定方法に関してはこちらの記事をご参照ください。

超簡単!ワードプレスのはじめ方:サーバー編 超簡単!ワードプレスのはじめ方:ドメイン編

ワードプレスのインストール

「ワードプレスのインストール?何かをダウンロードして・・・難しいの?」と思われるかもしれませんが、ワードプレスのインストール方法はとても簡単です。

極端にいえば、エックスサーバーにログインして、ワードプレスのインストールボタンをクリックするだけです。

それでは早速!

SSLの設定

これまでの記事でも何度も言っていますが、サーバーパネルとインフォパネルを間違えないように。

今回は「サーバーパネル」です。

ログイン後は、右側にある「SSL設定」をクリックします。

「独自SSL設定追加」をクリックし、ここでご自身のドメインを選択します。

私のものは「すでに独自SSLが設定されています。」と表示されていますが、未設定の場合は右下に「独自SSL設定を追加する(確定)」と言うボタンがあるかと思います。

ドメインを選択後に確定ボタンを押せばOKです。

MEMO
「CSR情報〜」と言うチェックボックスもあるかと思いますが、こちらはそのままでOKです。
独自SSLって何?

SSLとは「Secure Socket Layer」の略で、米Netscape社が開発したインターネット上で情報を暗号化し送受信できるプロトコルです。サーバー⇔クライアントPC間でクレジットカード情報などの機密性の高い情報を安全にやり取りできます。

・・・と書くとなんだか難しい気がしますが、簡単に言うとあなたのサイトとサーバーとのやりとりの際、悪い人に情報を盗み取られないようにセキュリティを高めている、と言うことです。

いわゆる「共用SSL」というのはサーバー会社が管理しているドメインでのセキュリティを使用、「独自SSL」と言うのはご自身のドメインでのセキュリティを構築・使用する、と言う感じです。

独自SSLは有料のこともありますが、エックスサーバーは無料です。

独自SSLに関しては各サーバー会社のホームページで説明されています。こちらがエックスサーバー のホームページです。

独自SSLについて

ワードプレスのインストール

SSLの設定が完了したら、いよいよワードプレスをインストールします。

サーバーパネルの左下にある「WordPress簡単インストール」をクリックします。

すると、ここでご自身のドメインが出てくるはずなので、取得したドメインを選択します。

右側の「WordPressインストール」をクリックします。

無いとは思いますが、ドメインが間違えていないかをチェックしましょう。

間違いなければ必要事項を入力します。

注意
ユーザー名とパスワードはワードプレスにログインする際に必要となる大切な情報となります。メールでも届きますので、大事に控えておきましょう。

必要事項を入力したら、確認画面に進んでいきます。

なお、「キャッシュ自動削除」「データベース」はそのままでOKです。

インストール確定後、数分から数時間したらログインできるようになります。

注意
すぐにインストールは完了しません。早くても30分、長ければ1時間以上はかかります。気長に待ちましょう。

インストールが完了すると、先ほどのインストール済みのWordPress一覧という画面から、自分のワードプレスのダッシュボード(編集画面)に入れるようになります。

ワードプレスにログイン

というわけで、無事にインストールが完了したところでワードプレスにログインします。

ユーザー名とパスワードは、ワードプレスをインストールする際に記入したものになります。

ログインできたらこんな画面になります。

ワードプレスのダッシュボードがこちらであり、ここから毎日あなたのブログを編集することになります。

・・・と、ブログを書く前にまずはサイトの設定を行います。

URLをhttps:に

そもそもhttps:って何だ?というところですが、先ほど設定したSSLと関係があります。

あなたが日頃から見かけるサイトでは「http」「https」の2種類があると思います。

この「http」というのはサーバーとクライアント用の通信プロトコルのことです。

この通信プロトコルを介して情報のやり取りをするのですが、よくあるネットトラブルはこのプロトコルの情報を不正に盗み出す・・・というものです。

というのも「http」は情報が暗号化されていないため、抜き取られてしまうと誰でも簡単に情報が読み取れてしまう・・・というわけですね。

MEMO
情報を盗み出して見たこともないですし、そんな技術もないので実際どうなのかわ分かりませんが・・・笑

一方で「https」というのは、独自SSLを用いた通信プロトコルのことで、情報のやりとりが全て暗号化された上で行われます。

なので、万が一情報が盗み出されたとしても、暗号化されているので何が何だか分からない・・・という状態です。

超簡単にいうと「セキュリテイレベルが高くなる」ということです。

こちらのサイトで詳しく書かれてあります。

httpsとは?

というわけで、ブログを書く前にまずはあなたのサイトをhttps化しましょう!

左側の「設定」にマウスを合わせると、このようにメニューがずらりと出てきます。

一番上の「一般」をクリックします。

一般設定の画面になりますので、ここであなたのサイトの「http」を「https」に変更します。

入力できたら間違いないかを確認し、一番下の「変更を保存」をクリックします。

エックスサーバーでリダイレクトの設定

ここからは少し難しい設定になります。

先ほど「https」に変更したサイトを見たいのに、間違えて「http」のサイトに来てしまう人がいるかもしれませんよね。

この時に「http」のサイトに来た人を自動的に「https」のサイトに転送(リダイレクト)するように設定します。

これがいわゆるリダイレクトというやつです。

というわけで、まずはサーバーパネルにログインします。

左中央にある「.htaccess編集」をクリックします。

ここで.htaccessの編集を行います。

・・・が、実はこれを少しでも間違えてしまうと、サイトがきちんと表示されなくなるという大惨事につながります。

なので、入力する際にはくれぐれも間違えないように注意してください。

編集前に必ずコピペを!
編集前に枠内の文字列を全てコピーして、メモ帳などに貼り付けておくことをおすすめします。いざというときはそのコピペから復元しましょう。

というわけで、一番上の行に以下のコードを貼り付けます。

コード
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

貼り付けできたら、一番下の「確認画面へ進む」をクリックします。

これでもう一度ご自身のブログを見て、問題なく表示されていたら設定は完了です。

万が一きちんと表示されない・エラーが発生するなどの場合は、先ほどの.htaccessを一度元に戻してください。

この設定は間違えてしまうと大変なことになるので、ブログを書き始める前に、つまり一番最初にやっておくべき設定です。

次回はテーマに関して

これでワードプレスのインストールと設定が無事に終了したかと思います。

ブログを書こうと思えばいつでも書ける状態ですが、いまの状態でサイトを開いても味気のない画面になっているかと思います。

なので、次はあなたのブログのテーマを編集し、あなたのサイト・ブログらしくして行きます。

というわけで、後日またテーマに関する記事を書きたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)