TOEICの点数を上げるだけなら独学で十分。時間なんてただの目安。

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

いきなりですが、私はTOEIC700点です。

英語ができない人からすると「すごいなあ」と言ってもらえる点数であり、逆に英語が堪能な人からしたら「だから何?」と言われてしまう点数でもあります。

が、世間一般的に考えて、600点以上のスコアであれば転職にも役立つことは間違い無いですし、少なくとも「まあとりあえずの英語はできるんだろうな」と思ってもらえます。

それに、600点以上あって困ることはありませんからね。

そんな私ですが・・・社会人になってから5年間の間、一度も300点を超えたことがないというカス人間でした。

しかし、勉強に勉強を重ね、やっとの思いで700点を記録しました。

先に言っておくと、

  • 英会話に通っていない
  • オンライン英会話もやっていない
  • 知り合いにも教わっていない
  • 完全に独学

です。

なお、この勉強方法に関しては、以下のサイトで詳しく記述しておりますのでご参照いただけたらと思います。

5年間TOEIC200点台だった高卒の人間が、たった1年半で700点までスコアを伸ばした独学の勉強方法

結論:TOEICの点数を上げるだけなら独学で十分

この記事のタイトルにもある通りですが、まず結論をいうと「TOEICの点数を上げるだけなら独学で十分」だと考えています。

実際に、私は完全な独学で300点未満→700点に到達していますしね。

ただ、誤解して欲しくないのが「TOEICの点数を上げるだけなら」ということです。

どういうことかというと、決して英会話に通うわけではないので、流暢な英語が話せるようになるわけではないということです。

なので、もしあなたが

  • とにかくTOEICの点数を上げたい
  • 転職に600点以上は必要だから
  • ある点数以上を取らないと減給されてしまう

上記のどれかに当てはまるのであれば、この先も読み続けてください。

逆に、

  • 点数ではなく実用的な英語を身につけたい
  • 海外駐在が決まったので会話できるようになりたい
  • 仕事で英語を使うので話せるようにならないとヤバイ

このどれかに当てはまるのであれば、このサイトはあまり役には立たないでしょう。

他のサイトに行って自分に合ったコンテンツを探す方が確実です。

もしくは、このページの最後の方で「オススメの英会話」を紹介しますので、そこまでスクロールしてください。

とは言っても、勉強する上で自然と英語力は身についてきますので、ある程度の会話はできるようになります。

自慢のようになってしまいますが、オーストリア新婚旅行の時も英語で困ることはありませんでしたし。

あくまで「ビジネスで使うレベルのような完璧で流暢な英語を取得したいならこのサイトでは役に立ちません」ということです。

勉強時間なんてただの目安

よくあるのが「TOEICのこの点数を目指すならだいたい勉強時間が〜」みたいな記事を見かけます。

が、はっきり言って勉強時間なんて気にしなくてもいいと思っています。

そもそも、人によって理解力も違いますし、勉強する環境も違いますし、スタート地点だって違うわけです。

逆に勉強時間だけを気にしてしまうと「よしっ!今日は2時間やったぞ!これで大体合計100時間!もう少しで目標時間の・・・」みたいに、ただただ勉強時間の合計だけが目標になってしまいます。

そうすると「ちゃんと理解する」ではなく「勉強時間を稼ぐ」という自己満足になってしまい、ダラダラと勉強することを覚えてしまいます。

なので、もう一度言いますが「勉強時間」なんて一切気にする必要はありません。

目標の点数が600点だったならば、実際に模擬試験か何かをやってみて600点に到達しているかどうか、ただそれだけです。

勉強の時間の目安が1000時間だったとしても、500時間の勉強で600点になる人もいれば、1200時間かかる人だっているわけですからね。

MEMO
結果的に「そういえばこれぐらい勉強していたかなあ」と振り返るのは別に問題ありません。

あくまで「勉強時間を目標にしてはいけない」ということです。

私が実際に使用した教材

それでは、実際に私が使用していたTOEICの教材をご紹介します。

なお、もう一度言っておきますが、勉強方法に関しては以下の記事でまとめていますので、こちらをご参照ください。

5年間TOEIC200点台だった高卒の人間が、たった1年半で700点までスコアを伸ばした独学の勉強方法

このブログでご紹介するのは「勉強に使用したTOEICの教材」です。

これだけ!TOEICテスト総合対策(初めて~650点) 新形式問題対応

一番初めに買った教材です。

600点に到達するまではずっとこの教材を使っていました。

一番最初のTOEICの試験までは、模擬試験も付属のものを使っただけでこれ以外の教材は一切使っていません。

MEMO
この時点では市販のどの教材を使っても良いです。私はたまたまこの本を手に取ったので買っただけで、いろんな本を見て「分かりやすそう」と直感的に感じるものを買えば良いと思います。

なお、注意点としては「いろんな教材に手を出さない」ということです。

上記の通り、私は600点に到達するまではこの教材しか使っていません。(問題集は他のものを使用しましたが)

なので、テキストは最初に買った一冊を完璧に覚えられるまで変える必要はありませんし、むしろ変えないようにしてください。

菊間ひろみ(キクマヒロミ) 茨城大学人文学部人文学科卒業。ロータリー財団奨学生として米国ペンシルバニア州立大学大学院でTESL(第二言語としての英語教授法)を学ぶ。英検1級。TOEIC990点(満点)。

ちなみに、このテキストだけで300点未満→450点までアップしました。

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リスニング

先ほどのテキストと合わせて、模擬試験がてらアウトプットを鍛えるためにやり込みました。

5回分と非常に量が多いのでアウトプットの訓練になります。

が、公式問題集を買うのもアリです。その方がより本番に近い形で勉強できますし。

ちなみに私は、5回分の模擬試験をやりこんだ後は「問題集」として使っていました。

累計10万部突破「TOEICテスト精選模試」待望の第二弾。990点講師陣が厳選した最新500問で、本番で予想されるあらゆるタイプの問題を網羅。【本書の特徴】◆本番で予想されるあらゆるタイプの問題を5回の模試に完全網羅。◆精鋭講師陣が新形式と最新の出題傾向を徹底解説。◆すべての設問について、正解を導くための手順と考え方をていねいに説明。◆スコアアップに直結する解答戦略と学習ポイントをアドバイスしたコラムも充実。◆すべての設問に「正答率」を掲載。本番でのスコアも予測できる。◆学習をサポートする無料ダウンロード特典つき。

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リーディング

先ほどの教材の「リーディング版」です。

こちらも5回分の問題が入っているので、模擬試験用として使い込んだ後は「問題集」として使っていました。

本番で予想されるあらゆるタイプの問題を5回の模試に完全網羅。精鋭講師陣が新形式と最新の出題傾向を徹底解説。すべての設問について、正解を導くための手順と考え方をていねいに説明。スコアアップに直結する解答戦略と学習ポイントをアドバイスしたコラムも充実。すべての設問に「正答率」を掲載。本番でのスコアも予測できる。学習をサポートする無料ダウンロード特典つき。

最初のテキストに加えてこの問題集をやり込んだだけですが、これで450点→600点までアップしました。

既にこの段階で、世間一般的に評価されるであろう点数の600点に到達できました。

English Grammar in Use

世界中で「英語の教科書」として使用されているテキスト。

ページを開いても全て英語で書かれていて、日本語は一切ありません。

が、それが良いのです。

「英語に慣れる」という意味でも。

青いものは中級者用のものですが、400点前後の点数であれば普通に理解できますし、最悪はGoogle翻訳にかければ理解できる程度のレベルです。

私が「英語の教材でどれをオススメする?」ときかれたら、間違いなくこれをオススメします。

日本語の教材のように「単語の順番がこうで過去分詞がこうで・・・」といった回りくどい言い方ではなく「この時はこう!この場合はこう!」と言う感じで、非常に分かりやすいです。

おなじみの世界的ベストセラー English Grammar in Use のInteractive ebook付き版

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 5

TOEICの試験と同じスピーカーが音読しているという公式問題集。

試験と全く同じ問題が出るわけではありませんが、少なくとも本番と同じ人の声を聞いて学習するというのは「耳を慣らす」という点でも非常に効果が高いです。

また「一番本番に近い模擬試験ができる」ということでもあります。

これも先ほどの模擬試験集と同様に、模擬試験をやった後は問題集として使い込んでいました。

MEMO
私が使っていたのは4だったのですが、今は最新版が5になっているので、5のリンクを貼っています。
新形式問題に対応した公式教材最新刊。 公式TOEIC Listening & Reading 問題集 5から、付属CDのリスニング音声の他、特典としてリーディングセクションの音声をスマートフォンやPCにダウンロードしてお聞きいただけるようになりました。ETSが本番のテストと同じプロセスで作った問題。公式スピーカーによるリスニング音声。参考スコア範囲の換算表でスコア目安がわかる。

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ

超有名な単語帳ですね。

通勤中や空いた時間に聞き流していました。

そこまで本格的にやってはいませんが、このおかげでいくつかの単語は覚えられました。

前作から4年半。絶対のバイブル「金フレ」が新形式に対応して大改訂。TEX加藤氏が魂を込めて分析を続け、力の限りを凝縮した「100%の出る単語帳」。全単語、フレーズの無料音声付き。スマートフォン無料アプリ対応。

これらの全てを駆使した結果、600点→700点にアップしました。

毎日死ぬ気で続けたら確実に点数は上がります

というわけで、今回は私がTOEICの勉強する上で使用した教材についてお話ししました。

上記の通り、英会話には通っていませんし、市販のテキストだけで700点まで到達できました。

その代わり・・・約1年半もの間、毎日英語の勉強をしていました。

平日は1時間、休日は2〜3時間は勉強していました。

英会話や英語教室に通えばもっと短期間で英語ができるようになると思いますが、その分お金はかかります。

お金があるのであれば英会話に通うのもいいと思いますが・・・はっきり言って独学でも十分です。

少なくとも、あなたの目的が「TOEICの点数を上げる」ということであれば、独学でも実現可能です。

ただし、その場合には時間がかかりますし、とにかく毎日死ぬ気で勉強し続けることが必須です。

オススメの英会話

とは言っても、やはり「TOEICの点数だけでは・・・」という人もいるかと思いますので、私が気になった英会話について簡単に紹介しておきます。

スタディーサプリ

誰もが広告で一度は見たことがあると思われる、有名なオンライン英会話です。

業界初・オンライン特化型コーチ スタディサプリENGLISH

おそらくオンライン英会話の中で一番人気といっても過言ではないでしょうし、初回無料キャンペーンなどもありますので、興味のある方は一度試してみては?と思います。

継続率93%という数字から分かるように、使った人のほとんどがリピートするぐらいのコンテンツであることは間違いありません。

値段は決して安くはありませんが、ずっと英会話に通い続けることを比べると出費は抑えられるかと思います。

Cambly

何かの動画で存在を知って、私自身も一度試したことがあるオンライン英会話です。

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】

スマホ一台で世界中にいる英会話講師といつでもどこでもオンライン英会話ができるというすごいもので、ネイティブの先生を選んで会話できるのですが・・・以下の問題があったので辞めました。

  • 値段がそれなりに高い(英会話教室に比べると安く感じるが、レッスン時間も短いので)
  • 先生を指名できるが、いきなりキャンセルされることもある
  • 週に3回英会話ができるコースにしていたが、上記のようにキャンセルされた状態で次の週になると、そのキャンセル分もカウントされてしまう

というわけで、いきなりキャンセルされたにも関わらず回数にカウントされていたのでクレームを言って返金してもらいました。笑

が、どうもその後使う気になれなかったので退会。

合う人にはいいと思いますが、私にはあまり合いませんでした。

ただし、最初の1週間は無料で実施することもできますので、とりあえず1週間だけ試してみる価値はあります。

気に入らなければそこで解約すればお金はかかりませんからね。

ネイティブイングリッシュ

これは英会話ではありませんが、耳を鳴らすという点ではとても良いコンテンツでした。

1日6分!聞くだけで英語が話せるネイティブイングリッシュ

会社の知人から「これ使わないから貸してあげるよ」と言って借りたものですが、ただCDをひたすら聞くというものです。

私は通勤中にひたすら聞いていましたが「これで英語に慣れたか?」と言われると・・・よく分かりません。笑

が、多少の効果はあったかと思っています。

なお、最初のうちは「何を言っているか分からない」という状態かもしれませんが、ちゃんと喋っている内容の文章も付属しているので、その文章を聞きながらCDを聞けば効果は倍増します。

それなりに値段もしますが、2016年の英会話教材ランキングでは1位を獲得しているという実績もありますので、試してみて損はないのでは?と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)