MENU

掃除が死ぬほど楽

2019 10/26
掃除が死ぬほど楽

みなさんこんにちは。

ミニマリストのSunです。

今日のテーマは「掃除が死ぬほど楽」です。

目次

掃除が死ぬほど楽

掃除って結構面倒臭いことなんですよね。

自分で言うのもアレですが、私は結構綺麗好きな方です。

それに家事も結構好きな方です。(ちゃんと自炊しますし)

それでも「掃除するの面倒だなあ」と思うことだっていっぱいあります。(やり始めるとめっちゃやっちゃうタイプですけどね。。。)

そんな私ですが、ミニマリストになってよかったと思うことに一つに「掃除が死ぬほど楽になった」と言うことが挙げられます。

なぜ楽なのかと言うと、、、モノがないからです。

床が見えている面積が多い

前の記事「収納が無ければモノは増えない」でも書きましたが、私の家には棚がありません。

家具といえば机ぐらい、あとは布団と無印良品の「体にフィットするソファー」ぐらいです。

その3つぐらいなので、部屋の床がほぼ見えている状態です。

しかも、そのどれも簡単に動かせるので、やろうと思えば「床が全部見えている」状態にだってできます。

また、カーペットも敷いていません。

なので、ほぼ全ての床が見えていることになります。

床が見えている面積が大きいと、部屋が広く見えますし、何より掃除が死ぬほど楽チンです。

埃が溜まる箇所が床以外ほとんどないので、床一面に掃除機をかければ掃除はほぼ終了します。

この楽チンさ、、、あなたには分かるでしょうか??

※愛用している掃除機はダイソンです。

 

とにかく床を見せる

マキシマリスト時代に「床を見せれば部屋が広く見える」と言うことに気がついたので、当時持っていたカーペットを捨てました。

「カーペットがないとゴロンと寝転がれないじゃん!」と思うかもしれませんし、当時の私はそう思っていましたが、無ければ無いで別に困りませんでした。

そもそも寝転がらないし、寝転がる時は布団で寝転がります。

夏限定ですが、綺麗な床に寝転がるとひんやりしてとても気持が良いですしね。。。

また、大きな家具を捨てることで床が見える面積が大きくなります。

私の場合は、本棚やラックなどの収納を捨てたことが非常に大きいです。

そうすることで、本棚の裏とか隅っこに溜まっていた埃がなくなる(本棚がないから当たり前か)ので、掃除がとても楽になります。

この気持ち、あなたも共感していただけると信じています!!

モノが減るといろんなことが楽になる

ミニマリストになってからと言うもの、掃除機をかければそれで掃除はほぼ終了です。

あとはたまに床を水拭きしたり、、、と言うぐらいですね。

モノが減るとその管理の手間が減るだけでなく、掃除の手間まで無くなります。

モノが減ることで本当にいろんなことが楽になると実感しました。

あなたもモノを減らして、この掃除の楽チンさを実感してみてください!

P.S.

そろそろダイソンからルンバにパワーアップしたいです。

自分で掃除機をかける手間までなくなってしまいますからね。笑

 

目次
閉じる