MENU

WordPressテーマSWELLのメリット・デメリットを解説:後悔は?【毎日更新303】

2020 3/29
WordPressテーマSWELLのメリット・デメリットを解説:後悔は?【毎日更新303】

みなさんこんにちは。
ひねくれ者のミニマリストです。

※ブログの毎日更新は303記事目です。

以前こちらの記事でもお話ししましたが、私はWordPress(ワードプレス)のテーマをSWELLに変更しました。

以前はSANGOというテーマを使っていたのですが、

  • スタイリッシュかつシンプルなデザイン
  • 自分が探し求めていたズバリのデザイン
  • ブロックエディタ完全対応の抜群の操作性

ということもあって、思い切ってSWELLに乗り換えました。

WordPress(ワードプレス)のテーマを選ぶにあたって、デザイン性に関して言えばなた自身の直感がとても大事です。

なので、もしあなたがSWELLをパッと見ただけで

 のアイコン画像 

なんだこのデザインは!とてもオシャレじゃないか!

と思うのであればSWELLに変えるべきだと思うのですが・・・

そうは言っても機能性とか、メリットデメリットとかをきちんと理解した上でテーマを選びたいのも事実ですよね?

というわけで、今回の記事では

  1. WordPress(ワードプレス)テーマSWELLのメリット
  2. WordPress(ワードプレス)テーマSWELLのデメリット
  3. SWELLに乗り換えるにあたって悩んだこと
  4. SWELLを実際に使ってみた感想

上記4つについてお話しします。

今回の記事は以下の人向けです。

  • WordPressテーマSWELLのデザイン性に一目惚れした人
  • ブログのテーマを変えようと思っている人
  • SWELLの使い勝手や特徴、メリットとデメリットを知りたい人
目次

WordPress(ワードプレス)テーマSWELLのメリット

それでは早速、WordPress(ワードプレス)SWELLのメリットを解説していきます!

その1:デザイン性の高さ

まずは何と言ってもデザイン性。

パッと見てわかるスタイリッシュかつシンプルなデザインは、使っているあなたはもちろん、あなたのブログを見たユーザーの目を引くことは間違いありません!

SWELL公式サイト

私は非表示にしているものの、トップスライダーの画像も第一印象としては非常に効果的ですよね。

また、デモサイトも数種類準備されていますが、色合いなどを変えるのも超簡単です。

有料版ダウンロード後はデモサイトの設定内容をダウンロードすることも可能です。

もちろんですが、コーディングやCSSの知識も一切不要であり、誰でも直感的にブログをカスタマイズすることができます。

SWELLのコンセプト

シンプルで美しく、機能が豊富で、コードを書く必要もない。

ですからね。

知識がない初心者ブロガーでも、簡単にオシャレなデザインを手に入れられるのは、SWELLを導入する大きなメリットと言えます。

その2:ブロックエディタに完全対応

2つ目のメリットですが、WordPress(ワードプレス)テーマSWELLは・・・

WordPress(ワードプレス)5.0から搭載されている最新のブロックエディター「Gutenberg」に完全対応しています。

昔からWordPress(ワードプレス)でブログを運営している人は、

  • ほぼ高確率でクラシックエディタ(従来の編集画面)を使っている
  • ブロックエディタは非常に使いにくいものだと思っている

という人がほとんどです。

 のアイコン画像 

私も以前はクラシックエディタを使っていました。

ある日突然ブロックエディタの画面になっており「なんだこの使いにくい画面は!」と思ってすぐにプラグインをインストールしたのを覚えています。

しかし、SWELLは最新のブロックエディタに完全対応しており、編集画面の操作性は抜群に良いです。

コーディングの知識も不要であり、まさに「直感的に操作できる」といっても過言ではありません。

  • この文章のところをボックス装飾で囲みたい
  • この文章を吹き出しに変えたい
  • この文章を箇条書きに変更したい

というのが、超簡単に操作できます!

ブログを運営する人にとっては「編集時間」も結構な割合を占めるかと思いますが・・・

その編集時間を短縮できるわけですから、この点もSWELLを導入する大きなメリットですね!

その3:コミュニティがアツい

3つ目のメリットですが、SWELL購入者限定の「SWELLER’S」という会員限定サイトがあります。

こちらのサイトでは、

  • SWELL専用アフィリエイト
  • 乗り換えサポート用プラグイン

などが準備されています。

また、コミュニティではSWELL購入者が集まっており、不明点や困ったことなどを相談し、解決している場でもあります。

実際、私はコーディングで分からないことを質問してみたところ・・・
開発者である了さんに無償で対応していただきました!

私以外にもいろんな質問をされている人がいますので、分からないことはコミュニティを調べていけば解決できるでしょう。

SWELLは利用者がまだそんなに多くないので、ネットで調べても答えが出てこないことはあります。
しかしながら、コミュニティが非常にアツいので、分からなければ質問したら解決できると思います。

WordPress(ワードプレス)テーマSWELLのデメリット

魅力がたくさん詰まったSWELLですが、もちろんSWELLにもデメリットはあります。

というわけで、ここからは私が感じたWordPress(ワードプレス)テーマSWELLのデメリットについて解説します。

その1:機能性が少ない

以前使っていたSANGOと比較したら・・・の話にはなりますが、まだ機能が揃っていない点はあります。

例えばですが、以前の私の記事では「ボックス装飾と箇条書き」を組み合わせて使っていたのですが・・・

SWELLではこの組み合わせはできません。

なので、現状このブログでは

ボックス装飾単体か箇条書きのどちらか

になってしまいます。

今のところ、箇条書きに装飾できるのは「下線」「横並び」だけです。

これから成長していく&機能も充実していくとは思うのですが「自分が今までやっていたことができない」というのはデメリットでもありますよね。

ただし、この点に関しては「余計な装飾を組み合わせるな」という、開発者の思いが詰まっているのかもしれませんね。笑

その2:値段が高い

2つ目のデメリットですが、SWELLの値段は17600円(税込)と、少しお高めの値段設定です。

他の有名なWordPress(ワードプレス)有料テーマと比較してみても、

テーマ値段備考
SWELL17600円(税込)使い回しOK
SANGO11000円(税込)使い回しOK
STORK11000円(税込)1サイトのみ
SWALLOW9900円(税込)1サイトのみ
【THE THOR(ザ・トール)】16280円(税込)使い回しOK
JIN14800円(税込)使い回しOK
AFFINGER514800円(税込)使い回しOK
賢威24800円(税込)使い回しOK

こんな感じで、高い部類に入ります。(賢威に次いで2番目に高い)

決して「ブログを始めたての初心者」が買える値段でもないと思いますので、この点はデメリットでもあります。

しかしながら、SWELLは「初心者でも簡単に」ということをウリにしており、

  • 記事編集画面の操作性が抜群に良い
  • 知識がない人でも簡単に編集できる

など、初心者ブロガーでも簡単に扱えるようになっています。

また、お試し版ということで、無料配布版も準備されています。

公式サイト

なので、まずは無料配布版を使ってみるのもアリですね。

その3:その他(こんな機能があれば)

こちらはデメリットというよりも、私が使ってみて

 のアイコン画像 

もっとこんな機能があればいいのにな・・・

と思ったことを書いていきます。

もしあなたがこの項目を見て

 のアイコン画像 

え?この機能はないの??だったらダメだ!

と思うのであれば、少し考えてみた方がいいかもしれませんね。

まずは先ほどお話しした「ボックス装飾と箇条書きの組み合わせ」です。

無くても良いと言われたらそこまでなのですが・・・今までやっていた編集方法なので、できるに越したことはない・・・という感じですね。

次が「装飾の少なさ」です。

例えば、SANGOの場合は30種類のボックス装飾がありました。

なので、この点はSWELLも見劣りしてしまう・・・と言いたいところだったのですが!

現在はボックスカラーを簡単に変更できるようになっていますので、ボックス装飾のカラーバリエーションが増えました。(無限大です)

装飾機能に関してもSANGOに負けないレベル(むしろ勝っている?)になりました!

SWELLに乗り換えるにあたって悩んだこと

それでは次に、WordPress(ワードプレス)テーマをSANGOからSWELLに乗り換えるにあたって悩んだことを解説します。

こちらの記事でもお話ししていますので、興味がある方は参考までにお読みください。

その1:デザインの崩れなど

テーマを乗り換える上で最もネックとなるのが「デザインの崩れ」です。

テーマによって装飾もコーディングも違いますので、普通であればテーマを変えたらデザインが崩れてしまうものです。

そして、一つ一つの記事を修正していく・・・という作業が発生します。

10記事程度であればすぐにできますが、何百記事もあると・・・膨大な作業量になってしまいますからね。

しかし!

SWELLの場合はそんな心配は不要でした。

というのも、テーマ乗り換えサポート用プラグインが準備されているからです!

現在サポートされているのは

  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • Cocoon

の4種類のみですが、使っている人も多いので

 のアイコン画像 

だいたいの人は乗り換えできてしまうのでは?

と思います。

私はSANGO用のプラグインを使ったことで、今まで書いた記事のデザインが崩れていない状態です。

テーマを変えたにも関わらず、過去の記事のコーディングや修正は行っていません!!

その2:SEO

2つ目がSEOについてです。

こちらもテーマを変えるとなればつきまとう悩みであり、テーマを変えることで検索順位が上がることも下がることもあります。

しかし、SWELL開発者である了さんとしては、

先に断っておきますが、「コンテンツ イズ キング」といわれる今、テーマによるSEOの差はほとんどありません。
基本的に、どのテーマも最低限必要なSEO機能は実装されていますし、SWELLでももちろん充分なSEO機能を実装しています。

という思いがあるようです。

確かに、どれだけSEO対策を施したところで「中身がないコンテンツ」に価値はありませんからね。

 のアイコン画像 

この点には大いに賛同できます。

また、SWELLは最低限のSEO機能が実装されているだけでなく、

  • 機械が見てもわかりやすい構造になるようにHTMLを構成
  • 表示速度を速くするための高速化機能をテーマに内蔵
  • JSON-LDによる構造化マークアップ機能

を実装しています。

なので、SEO的にも十分対策されていると言えるでしょう。

なお、SWELLにはメタタグ出力機能が備わっていないのですが、これは

サイトにとって非常に重要なメタタグの設定が、テーマの乗り換えによって影響されてはならないから

というSWELL開発者である了さんの思いが詰まっているからです。

その代わりに、SWELL開発者である了さんが開発したプラグイン「SEO SIMPLE PACK」を使うことで、この問題は解消されます。

開発者が同じということもあって、相性は抜群です。

その3:値段

3つ目が、SWELLの値段です。

デメリットの欄でもお話ししましたが、SWELLの値段は17600円(税込)と、結構お高い値段設定です。

 のアイコン画像 

他の有料テーマと比べても高いのは事実です。

しかしながら、

SWELLのメリット
  • スタイリッシュかつシンプルなデザインである
  • 自分が探し求めていたズバリのデザインである
  • ブロックエディタに完全対応している
  • 日々の編集画面の操作性が抜群に良い&効率が上がる
  • コミュニティサイトがアツイ&サポートが充実している
  • SEO対策もバッチリできている
  • テーマ乗り換えサポート用プラグインがある

と、たくさんのメリットがありますからね。

また、たまにある「1テーマ1サイトのみ」という制限はなく、一度購入すればどのサイトでも使えるようになります。

それ以外にも、

  • 手厚いサポートも無料でOK
  • アップデートももちろん無料でOK

というメリットもあります。

なので、最初は

 のアイコン画像 

SWELLって結構値段が高いよな・・・

と悩みましたが・・・1日たたずその悩みは消えていました。笑

思い切って購入しましたが、何一つ後悔している点はありません!!

SWELLを実際に使ってみた感想

それでは最後に、WordPress(ワードプレス)テーマSWELLを実際に使ってみた感想をお話しします。

とは言っても、まだ1週間ちょっとした経過していませんので、あくまで参考に。

逆に言えば「1週間ちょっと」でも大満足していることもあって使いまくっています。
だからこそ「使ってみた感想」を述べることができていると言えますね。

その1:運用面

日々のブログの記事編集に関してですが・・・

ここまでの項目で述べている通り、めちゃくちゃ楽チンになりました。

ブロックエディタにどことなく抵抗があったのですが、今では

 のアイコン画像 

なんでもっと早くブロックエディタを使わなかったんだろう・・・

と思うぐらいです。

私のようにブログを毎日更新する人間にとっては、編集時間も短い方が好都合ですからね。

そうした毎日の作業の効率を上げることができるのは非常に大きなメリットです。

デザイン性も自分の理想に近いものになったので、自分でサイトをチェックした時にもテンションが上がっています。笑

 のアイコン画像 

モチベーションアップにつながることも良い点ですね。

そして・・・SWELLに乗り換えてからというもの、ブログのPV数は激増している状態です。

参考写真

これがSWELL効果なのか・・・定かではありませんが、とにかくSWELLに変えて良かったです!

その2:サポート面

次がサポート面ですが・・・私がサポートを受けたのはテーマを変えて最初の頃だけでした。

というのも、以前はSANGOのテーマ機能を使って

  • meta keyword
  • meta description

この2つを出力していたのですが、テーマ変更によって飛んでしまったからです。

 のアイコン画像 

SWELL推奨プラグインである「SEO SIMPLE PACK」に引き継ぎできないか・・・

と悩んでいたのですが、ネットで調べても良い回答がなかったので、思い切ってコミュニティで質問してみました。

すると・・・なんと了さんが特別に専用コードを書いてくださったのです!!

この時は本当に後光が差して見えました。
実際の了さんは見たことがありませんが。笑

そのコードを貼り付けることで、メタタグの問題は解消されました!

  • 困ったことがあればサポートに相談できる
  • コミュニティ内ではいろんな質問が飛び交っている
  • 分からないことはコミュニティを見れば解決できる

こんな感じでサポート面も手厚くなっていますので、安心してSWELLを使うことができますね!

まとめ

というわけで、今回の記事では

  1. WordPress(ワードプレス)テーマSWELLのメリット
  2. WordPress(ワードプレス)テーマSWELLのデメリット
  3. SWELLに乗り換えるにあたって悩んだこと
  4. SWELLを実際に使ってみた感想

上記4つについてお話ししました。

ここまでを読んだあなたならもう既にお分かりだと思いますが・・・

  • SWELLにはたくさんのメリットがある
  • SWELLのデメリットはある程度解消される
  • とにかく利用者が安心して使える設計になっている

と、使わない理由が出てこないぐらい神テーマとなっています!!

というわけで、もしあなたが

 のアイコン画像 

SWELLに乗り換えようか迷っている

というのであれば・・・今すぐにSWELLを導入することを強くオススメします!

目次
閉じる